万国博覧会ロトルア版  気のままニュージー

先週の土曜日、ロトルアのインターナショナルスタジアムで、Global Festa(グローバル・フェスタ)というイベントがあった。
各国の担当テントが張られ、そこで各国の料理を売られ、その国のおもちゃや文化が展示されているという催し。
いうなれば、ちっこいちっこい万博である。

開催場所が、インターナショナルスタジアムというのも、ラグビーファンにとっては「ええ?」と驚いた。ロトルアとはいえ、国際試合もある立派なスタジアム、そんなとこでお祭りやってええの?芝生めちゃくちゃになるやん!
それでいいのだ!
だってここは、ええかげんなロトルア。なんでもありなのだ!ここは。

そのグローバルフェスタの日本ブース運営を手伝ってほしいと言われた。
いいよー、喜んでと心安くひきうけた。



続きを読む
0

怒ってるよー!  気のまま家族

街で用事をすませ、家に帰ろうとした。
写楽を車のチャイルドシートに乗せようとすると、体をそらしていやがった。
たまにこういうことがある。
乗りたくない。
もっと遊びたい。
お菓子が食べたい。
なんか理由があるのだろうけど、大人にはわからない。
いやー!と暴れ、おとなしく座らない時がある。
めんどうくさいやっちゃ、ほんまに。

チャイルドシートに乗せようとすると、
「おこってるよー!」
「おこってるよー!」と叫びながら座るのをいやがる。
なんで怒ってるのか?
何を突然怒ることがあるのか?わからんわ、子供は。
内心ため息をつきながら、「怒らんでいいよ。おうち帰るよー。」となだめつつ、力任せにチャイルドシートに押さえつけパチンとベルトをとめる。
「いやようー」と写楽は泣いていたが、そんなこと知るかいな。

車が動き出すと「怒っている」と暴れていたことも忘れて、すぐに寝てしまった。
たわいのないやつめ。
家に到着しても起きないので、抱っこしたまま車からおろす。

ん?なんかにおう。
オムツをかえよう。
あ、オムツの中に、なにかしてはるわ。
ズボンを脱がせてオムツをはずしてお尻をふいても写楽寝たまま。
大物なのか?あほなのか?

さきほど、車に乗るときに写楽が「怒って」いた理由が判明した。
やつは「おこってるよー」と言っていたのではなく、
「んこっ、でるよー」と言っていたのだ。
写楽の場合、「でる」というのは、「今から出します」という意志ではなく、「すでに出ました」という完了を意味する。
すなわち、「んこが出て気持ち悪いから、シートに座りたくない。オムツをかえてくれ。」ということを訴えていたわけだ。
ははは、そうやったんか。
かあちゃん、気つけへんかったわ。
なにを怒ってるのかと思っていたぞ。

クリックすると元のサイズで表示します



写楽そのままバクスイ。
いつも昼寝から目が覚めると「かあちゃーん!」と泣くので、目が覚めても寂しくないようにとぬいぐるみで囲んでやった河童父さん。
1時間ぐらいして目を覚ました写楽は、河童の努力の甲斐なく、「おかしゃーん、どこようー?」と泣き出した。
あーあ、起きてしもた。
しかたない、抱っこしてやるかとPCの前からたちあがろうとしたら、
「おかあちゃん、ここでしゅよー。おかあちゃんでちゅよ」と女性の声色をつかってあやしている河童の声が聞こえた。
ははは、いくら写楽でもそれにはだまされへんやろ。

ふふ。優しい父ちゃんでよかったな、写楽。
ある午後のヒトコマ。
1

ニュージーランドのおふくろの味  気のままグルメ

これぞ、ニュージーランドのおふくろの味か?

クリックすると元のサイズで表示します


柔らかくゆでたマカロニにたっぷりチーズとバターとホワイトソースをからめ、上からもどっちゃりチーズをのせて焼く。

んー、カロリー過多。
でも、おいしいでー。

ベーコンや野菜をいれて、ホワイトソースのかわりに生クリームをいれるだけのがワタクシ流。

5人分はあるね、これ。
これ「マカロニチーズ」といいまっする。
0

おーしゃまは、はだかだ!  気のまま家族

うちのちびっこギャングは、昨日1歳10ヶ月になった。
いろんなことを言うようになった。
日に日にたくましく生意気になっていく。

クリックすると元のサイズで表示します


やつの語録。




続きを読む
0

うみであちょぶの コロマンデル旅行3  気のままニュージー

コロマンデル旅行3日目。今日でお泊りは最後。
今日は、またまた10年前に訪れたところへ。
続きを読む
1

しゅっぱつちんこー!コロマンデル旅行2   気のままニュージー

移住10周年記念旅行。
やっとフィティアンガの町に到着した私達。
ビールを飲んでぐっすり眠り爽快に目覚めた2日目の朝。

やや曇り。小雨か。
フィティアンガの小さなインフォメーションセンターに行き、「今日どこに行ったらええかなあ?」とおばちゃんに相談した。

クリックすると元のサイズで表示します


「車で1時間のコロマンデルの町に行けば?金鉱採掘を再現した観光用の電車があるからそれに乗れば?」
ん!じゃ、そうしよう!
10年前、正確には9年半前、同じ電車に乗った。
今回は写楽も一緒。10年後に写楽と一緒に乗れるなんて、なんて心躍ることだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


「ちゅっぱーつ、ちんこー」と写楽がいう。
この電車は、スイッチバックしながら、狭い狭い単線を上へ上へとあがっていく。
前と後ろに運転席があり、いちいち止まって運転手さんが移動しつつ前と後ろの運転席にかわりばんこにすわって、少しずつ上にあがるのだ。
止まるたびに、写楽「とうちゃくー」と叫ぶ。
また動き出すと「ちゅっぱーつ、ちんこー」と。


10年前に食べた同じカフェでランチをし、10年前に泊まったコテージのオーナーに会いにいきお茶をご馳走になった。
10年前の軌跡をたどる楽しい旅。


クリックすると元のサイズで表示します



帰り道にちょっとたまたま通った何の変哲もない、おもしろいものは何もない船着場がよかった。


夕方、宿に戻り、またゴージャスな風呂。
今日の夕飯は、河童父さんが作る。
前菜にコロマンデルマッスルとハムのサラダ。
メインは、ビーフステーキ&マッシュポテト&アスパラガス。
うまい。
白ワインを飲む。


クリックすると元のサイズで表示します


食事のあとに、お待ちかねのアレ。
ふふふ、百年の孤独だ。
スモークサーモンをつまみながら。
「こ、これはすごいわ。こ、これは、うまいわ!」と河童が興奮していた。


今日も楽しかった。
旅にでると、魂のリフレッシュができる。
明日は、海に行こう。
0

それでも地球はまわっている  気のまま家族

写楽が突然言った。
「よるは、くあいよ。...どちてかなあ?」
(夜は暗いよ。どうしてかなあ。)

「夜は暗いよねー。どうしてやろ。きっと、お日様もネンネするからじゃない?」と適当なことをいう母。

「いーや、違う!」と河童父さん。

「地球は自転してるねん。太陽の周りを公転しながら自転してるねん。だから夜は暗くねるねんで。ええか、自転やで、自転。」

「お日様がネンネする」には何の反応もしなかった写楽、
「じてーん!じてーん!」と叫びながらくるくる回りだす。

「そうそう!自転、自転。それが自転!」と河童ご満悦。


やっぱ、ごまかさずにちゃんと教えたほうがええんかもしれへんな。
1歳児は、大人が思うよりもいろいろ理解している。

クリックすると元のサイズで表示します


写楽、なにやら言うている。
「むーかちむかち、あうところ、おじーちゃんおばーちゃん、いまった。
おおちなもも、すっここー、ちまちたっ!」
(昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。大きな桃がドンブラコッコースッコッコーと流れてきました。)

「はなさかじいさん」の本を手に持って、「桃太郎」を唱えるうちの箱入り娘。
かしこいんか、あほなんか、よーわからん。



0

それは赤い発疹からはじまった  気のまま雑記

先週は、なんともタフな1週間であった。

どんなだったかというと、
続きを読む
0

10周年記念旅行 1  気のままニュージー

へにょへにょ〜。
ニュージーランドにやってきてこの9月で丸10年になった。
記念に、旅行に行くことになった。
さてどこに行こう?

旅のスタイルは
1.車で行くぞ
2.奮発して良い宿に泊まろう
3.海を見にいこう

上記の条件を満たした候補地が、ネイピアとコロマンデル半島。
最終的には河童の希望で、10年前に訪れた思い出の地コロマンデル半島に行くことになった。

ロトルアから車で北に約4時間。
コロマンデル半島は、オークランドからも気軽に行けるリゾート地である。

さて、
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ