ぎゅーって  気のまま雑記

写楽をつれてスーパーマーケットに行った。
レジに並んでいると、私は後ろから突然つきとばされた。
なにごとかと思って振り向くと、10歳ぐらいの女の子が写楽をみつけて突進してきたのだった。
その子が、買い物用カートについている子供用椅子に座っていた写楽のところにかけよるため、私が邪魔だったのだろう。
だから私は突き飛ばされたのだ。
その女の子は、障害のある子のようだった。おそらくダウン症ではないかと思う。


その子は、写楽に向かって「何歳?かわいいね!ガールでしょ?」と息をつくひまもなく矢継ぎ早に話しかけ、驚いている写楽をぎゅーっと抱きしめた。
「よしよし、いい子だねー。ハグしてあげるからね。大丈夫よー。グッドガールねー。」と言いながら、ぎゅーっと抱きしめて離さない。
今度は、激しいほおずり。
そして、自分のおでこと写楽のおでこをコッツンとぶつけながら、「いい子ねー。かわいいねー」と繰り返す。
コッツンと書くとかわいいが、実際はゴンッゴンッである。その激しさは、そう、まるで頭突き。
まだ手加減を知らないのだ。激しい。
突然の抱擁にびっくりしただろうし、たぶん頭突きは痛かったと思うのだが、写楽はじっとされるがままになっていた。
そして次の瞬間、写楽も「ぎゅー」と言いながら、自分からその女の子の背中に手を回した。

スーパーマーケットのレジの前で、抱き合う写楽と女の子。
その瞬間、天井からさーっと二人に光があたったような気がした。


これは、二人の神様なのか?


この女の子は神様がつかわした人なのかもしれないと本気で思った。
神様のつかわした人同士が、今ここで交流していると思った。
その光景をみて、鼻の奥が痛くなった。
いかん、涙が出そう。ここはスーパーマーケットやぞ。


われにかえった私は、写楽と抱き合っている女の子の背中をトントンとゆっくりなで、「ありがとうね。小さい彼女をかわいがってくれて。おかあさんが心配しているから、もうおかあさんのところに行ったほうがいいよ。」と言った。


その子は、にーっと笑って、すんごい速さでぴゅーっとどっかに走っていった。


写楽に「よかったねー。おねえちゃん、ぎゅーってしてくれたねー」と言った。
写楽は「ぎゅーって。ぎゅーって。」と繰り返した。


きっとその子は、家でいつも抱きしめられているんだろうね。
「グッドガール」といわれながら、いつもいつもほおずりされて、おでこコッツンされて、抱きしめられているんだろう。
自分がいつもされているように、写楽にしたんだろうね、きっと。


愛されてるねんな。幸せな子やな。
自分がうけた愛情は、知らず知らずに、他の人に受け継がれる。

その女の子をいつも抱きしめてほおずりして「かわいいね。いい子やね。」と言っている彼女の親に会いたくなった。
きっと素敵な人に違いない。


愛されてる気持ち、充足感、いっぱいいっぱい味わえ。
それが大人になったとき、自信になる。強さになる。
0

ダダとかあちゃん  気のまま家族

うちの写楽(1歳4ヶ月)は、言葉が少しずつ増えてきた。
やっと母親を認識できるようになった。


まだちゃんと舌がまわらない写楽に「あーちゃ(かあちゃん)」と呼ばれるのは、なんともいえない甘い気持ちになる。
「はあいぃぃ。」と甘い声で返事してしまう。

父親のことは、「ダダ(ダディの派生)」と呼んでいる。

「だだー、ちゅったー(くつした)」というのは、「父の靴下です」という意味。
手に河童の靴下を持っていることが多い。
「ちゅったー、だだー」というのは、「靴下をお父さんにはかせて欲しい」の意味である。手には自分の靴下を持っている。
ややこしい!
父のほうに靴下を持っていく途中で気が変わり、「あーちゃ!」と母親のほうに持ってくる。
よっしゃ、ほんなら、母ちゃんがはかせたろと靴下を手にとろうとすると、ニヤリと笑い「ダーダー」と父親のほうに持っていく。
わざとしているのである。
何度も繰り返す。
じゃまくさい、やっちゃ。
そうやって、愛されていることを確かめたいんかな。


スカートをはくと「かあいー!かあいー!(かわいい)」と大騒ぎし、「かーみ!(鏡)」と洗面所に行く。
洗面所の高いところの鏡にうつして見せろと要求。
鏡で自分の姿を確認すると「かあいー!ダダ!」と言いながら、父親に見せに行く。
毎朝、必ずこれをやる。


私は「かあちゃん」という呼び方が気に入っている。ママと呼ばれるのは、なんか恥ずかしい。自分のガラではない。
河童が「おかんに抱っこしてもらい」とか「おかんとこ行きー」ともいうので、写楽は私に抱かれると「かん!かん!」ともいう。そう、おかんのことである。



みんなどんな呼ばれ方がしてるんかな?


クリックすると元のサイズで表示します


父ちゃんの靴が大好きな写楽。
でかい靴をはいて、歩こうとし、こけるというコントを繰り返す。
「だだ、あちゅー」と言いながら。
こいつは、靴のことをなぜか「あちゅ」という。
あち(足)とごっちゃになっているのではないか。

河童のパンツを持って「だだ、あんちゅー(パンツ)」、私のブラジャーを持って「あーちゃん、ぱっぱー(おっぱい)」とも言っていた。
なんで知ってるんやろ?


友達のジョンからフィージョアをたくさんもらったのだが、私が「フィージョア食べよか」というと、「じょんー」と言う。
「そうやね、ジョンにもらったやつやね」と言いながら、こいつ天才ちゃうかと思っているバカ母。


ぼてーとこけて、「もおー!」と言っている1歳児はおもしろい。
「こけたん?」と聞くと「こーけーたー」と言う。
はは、かわいいのお。

「あろお(hello)」と「ちーゆー(See you)」というようになった。
道でニュージーランドのひとたちに、話しかけているのが笑える。

ちょっとずつ言葉がでてきたら、だんだん大阪弁になってきたぞ、写楽。
暖炉の火が燃えているのをみて、「こわいね、こわいよ」とヒソヒソ声をつくっていうのもおもしろい。
「こわい」のイントネーションが大阪弁である。
0

名なしのこねこ  気のまま雑記

今日は、素敵な本の紹介。

私の友達「たま」が、新しい絵本を出しました。
たまは、絵本作家。
本人は「爆発的に売れることはないけど、少しずつ本を買ってくれる人がいるので幸いにも本を出版し続けることができています。」という。
でもそれは謙遜。本当は、売れっ子絵本作家なのだよ。

クリックすると元のサイズで表示します


「名なしのこねこ」とりごえまり・作
この絵本は、かわいい夢のあるお話とはちょっとちがった趣。
たまの実体験に基づく話。
ある日たまは、公園に捨てられて、死にそうになっていた子猫をひろう。
動物病院につれていき、何日間か入院治療のあとなんとか元気になって、うちで飼うようになるまでの話。
動物や子供の虐待に、たまはすごく胸を痛めていて、その痛さが伝わってくる本です。
自分のことを書いた本だか当然だけど、主人公がたまそのもの。私が知っているたまが、絵本の中で行動していたぞ。


中学・高校と同級生だったたま。昔から、ぽわわんと子供みたいな、まんまるをポチョンと描いたような女の子でした。
高校でも、ものすごくもてていました。
中学のときから、「将来は絵本を作りたい」と言っていたね。
30歳近くになって、絵本作家になるために仕事を辞めたといっていたけど、その行動力と芯の強さ、知っていたつもりだけど、やっぱりねー、と感動します。


うちにも、1歳4ヶ月のとりごえまりファンがいます。
写楽もたまの絵本が大好き。
ももんがもんちゃん」がお気に入り。まだ一人で飛べないもんちゃんが、がんばって一人で飛べるようになるお話。

もんちゃんの本は、毎日読んでいます。
誇張でなく、本当に毎日!
寝る時間になると「もんもん!」といいながら、ももんがもんちゃんを持ってきます。
もうセリフや展開をおぼえていて、ページをめくる前に、もんちゃんが気合をいれて飛ぶところでは、一緒に「えい!」と叫び、「ママー、ママー」と母親を探すところでは一緒に「ままー!ままー!」と呼ぶ。
写楽は、私のことは「ママ」とは呼ばないのに、もんちゃんになっているんやね、その瞬間は。



一瞬にして子供の気持ちをとらえてしまう絵本ってすごいね、やっぱり。

自分の気持ちや意見を絵やお話で表現できることのすばらしさに、感動します。
たまの絵本を読むと、ほっこりあたたかい気持ちになれるよ。
ありがとう!



とりごえまりさんの本、おすすめです。写楽のお墨付き。



追記:
とりごえまりさんから連絡ありました。「はりねずみのくるりん」が私のお勧めですが、くるりんシリーズの新刊を、現在描いているんだって。
いつ出るんだろう。
発売になったら、またご紹介します。

たま、メッセージありがとう!(私信)

0

秋の果物  気のままニュージー

フィージョアというフルーツがうまい。
外見はこんなん。

クリックすると元のサイズで表示します


キウィと同じぐらい、少し細長い緑色。

半分に切って中をスプーンですくって食べる。

クリックすると元のサイズで表示します


「ふぃーじょあじょあ!」と言いながら食べるのが、我が家のきまり。

独特の風味。
香りや風味がありすぎて、好き嫌いのわかれるフルーツである。
ニュージーランド人でも苦手な人もいる。
わたしは大好き。

ニュージーランドでは、果物の旬は本当に旬で、旬をすぎると「あれ?」とおもうほどあっけなく売り場からなくなる。

そう。フィージョアが食べられるのは今だけ。
秋の果物。


うまい巨峰が食べたい。
ニュージーランドでは食べられない。
他の外国では、巨峰は売られているのかしらん。
日本にしかない果物って他になにがあるんだろう?


ニュージーランドで、旬の果物は

フィージョア

キウィ

みかん



などなど。


日本で一番今おいしいのは何

0

行楽日和  気のまま家族

20年前。

ドライブといえば、

どこに行くか
どこでランチするか
どこで夜景を見るか
重要なポイントがいくつかあった

いい音楽を用意して、気のきく女を演出するためキャンディを用意して。
勝負パンツをはいて。



今。

ドライブといえば、

クリックすると元のサイズで表示します


びよよーんとのびてぬげそうな靴下
シールをはってあるズボン
口をあけて眠るおさなご

それらが代名詞となってしまった。

口封じのお菓子を用意して。
おしっこがもれたときの替えのパンツを持参して。

おむつ替えのできるトイレがどこにあるかが、重要なポイントだ。
0




AutoPage最新お知らせ