え?白ですか?  気のままグルメ

友達がくれた白いカレー。
クリックすると元のサイズで表示します


これは全国で売ってるの?北海道限定ですか?
うまかったです。
白いご飯でなく、写真みたいに黄色のバターライスにしてみたよ。


写楽、体重の増えがゆるいため、プランケットナースの指導により、本日ドクターに診てもらってきました。
結果は「心配ないと思うよ。彼女は見るからにハッピーベイビー。」だそうです。
よかったー。
お乳も飲み、離乳食もパクパク食べるのに、体重がどんどん増えないのはめっちゃ、よー動くせいやろか?うんこ出しすぎやろか?と心配していたのだけど、どうやら心配なさそう。
よかった。
写楽は、ドクターにも「あー、ふぇー」と愛想をふりまいておりました。
「カンペイちゃん特訓」の成果、出てるやんけー。



母が抱っこしてPCの前に座ると、必ず膝の上でうんこするのはいやがらせですか?
...では草々
0

心の師匠は、ふぇー  気のままニュージー

尊敬する間寛平師匠のギャグ。

「いいか、ラブレターを書くぞ。ラブレターは出だしが肝心。心に残る名文から始めるべきなんや。」

「...出だしが肝心。いいこといいますなあ、師匠。出だしの文章、どんなんがいいんでっしゃろ?教えとくんなはれ。」

「よ〜聞けよ。一回しか言わんぞ。出だしの文章はな...
『ふぇー』や。」

(一同「ふぇー」とこける)




6ヶ月になったうちの写楽に、昨日から特訓をはじめた。

母「ええか?おかあちゃんがな、「カンペイちゃん!」って呼んだら、ふぇーって言うねんで。ええか、いくでー。...カンペイチャン!」

写楽「あー」

母「ちゃう、ちゃう。あーとちゃうねん。ふぇーや。ふぇー。おかあちゃんの顔見てみ。ふぇーの顔してるやろ?ええか?ふぇーやで。
...ふぇー!」

写楽「...ふぇ〜」

母「そうそう!それでええねん!かっしこいなあ、きみ。天才やな。ちゃんとふぇー言えたやん。えらいえらい。も、一回いくでー。カンペイちゃん!」

写楽「あー」

母(こける)「あーとちゃうねん!ふぇー、やんかー。もうっ」

写楽「(にーっと笑う)ふぇ〜」



えんえん、これを続けている。
地獄の特訓。
0

そして半年がすぎ...  気のまま家族

半年前。クリスマス2日前。
この世に生まれてきたひとがいる。

クリックすると元のサイズで表示します

何もできなかったひと。
自分で自分の手を口に持っていくことすらできなかったひと。
この世にでてきてすぐに大声で泣き叫び、母のお腹とまだへその緒でつながったままで、お乳にむしゃぶりついたひと。
小さくてはかなげでちゃんと生きていけるのだろうかと心配になるほど、なにもできなかったひと。

半年たった。

彼女は、欲しいものを自分でとれるようになった。
気に入らない離乳食を口にいれられると、「うえー」とうなるようになった。
お尻をふりふり、自分でひっぱってズボンを脱いでしまうようになった。
父や母の顔をみて、「えへ」と笑うようになった。
オムツをかえるとき、コロコロと転がって逃げるようになった。
しばらくの間、座っていられるようになった。

人間ってすごい。

クリックすると元のサイズで表示します



父と母がどんなにきみに会いたかったことか。
きみがきてくれて、どんなにうれしかったか。
お腹の中にいたきみに、父がどれほど話しかけたか。
生まれてすぐの頃、泣くきみと一緒に母も泣きながらがんばったとか。
どれほど、父と母がきみを愛しているか。
これから、きみに伝えていきたい。

夢をもってほしい。
優しい子であってほしい。
おおらかに育ってほしい。

言い出すときりがない。

どうかどうか健康であれ。
それが一番の願い。

ハーフイヤー、おめでとう!

0

ゴージャスな赤ん坊  気のままニュージー

赤ん坊をみてニュージーランド人がよく言う言葉。
「ゴージャス!」

うちの写楽もおせじでよく言われる。
「She is just gorgeous!」

ゴージャスって、赤ん坊に使う言葉だというのに最初は違和感を感じた。
ゴージャス=華のある、金持ちそうな、きらびやかな、高価そうな、そんなイメージがあったから。
そう、ややもすると下品になりがちな、叶姉妹のような人に対していう言葉だと思っていた。

ゴージャス...どうやら、「めっちゃ、かわいい」という意味らしいとわかってきた。

「ゴージャス!」
うちの写楽の、平面的なアジア顔と、はえそろっていないポヨポヨ毛の頭と、低いまん丸の鼻と。
ゴージャスとはあまりにもかけはなれた容姿なので、笑ってしまう。
「あんた、ゴージャスなん?」と。

赤ん坊に対して「キュート」よりも「ゴージャス」をつかうことが多い。
私も、最近はよその赤ん坊に対し「ゴージャス!」と言えるようになったけどね。
はは、知ったかぶり。


英語はおもしろい。
え?そんなときに、そんな単語使うの?と思うこと多いで。


例えば、すごーくおいしい食事に対しては、「ビューティフル!」と絶賛するのである。
ニュージーランドにくるまでは、「ビューティフル」は美人や景色など、見た目が美しいものに対して使う言葉だと思っていたが、「味」に対して使うことも多い単語やねん。

へー、そう言うのか。
と勉強になることしかり。
次にチャンスがあれば、さも知っていたかのようにその単語を使ってみたりして。へへ。


あ、うちのゴージャス・ベイビーが泣き出した。
ふぇーーーん...泣き声もこれゴージャスといえるんやろか?

クリックすると元のサイズで表示します



写楽、母が即興歌(「うんこクサイよ音頭、うんこ出た出たマーチなど)を歌うと、声を合わせて「あっああーー」と歌うようになりました。
おもろいやっちゃ。


0

発見!赤ん坊を泣き止ませる方法  気のまま家族

抱っこしてくれと甘えて泣く写楽6ヶ月。
確実に泣き止ませる方法を発見した。

ふぇ、ふぇ、ふぇ、と泣き出したときに、オカンも一緒に「ふぇ、ふぇ、ふぇーん」と泣く。
すると、赤ん坊は泣き止んで、「あれ?この人なんで泣いてるんやろ?」という不思議そうな顔をする。

やつが泣き出す一瞬前に、「ふぇーん」とオカンが泣いてやると、なんとやつは泣いてるオカンをみて「えへへ」と笑いよった。
...鬼みたいなやっちゃ。

この方法、今のところ、100%の確立でやつを泣き止ませることができる。
難点は、やつと一緒に泣いていると、結局なーんにも用事ができないこと。

そういう写楽は、今オカンに抱かれながら、ブリブリ〜と無粋な音を立てた。
ああ、出てしもたのね。
じゃ、おむつ交換します。


拝啓、ケイコちゃん。
これがぼくの最近の過ごし方です。
うんこと食事の世話を一日中しているわけで...。
それ以外は、なーんもできんわけで...。
あああああ〜(北の国からのテーマ、フェードアウト)
0

持つとこちゃうでー  気のまま家族

うちの写楽は、おっぱい飲みながら、あいてる手でオカンの下唇をつかむという変なくせがある。

持ちやすいのか?
安心するのか?

母の胸に寄り添うとか母の胸元をそっとつかむとかだったら、かわいいけど、ヤツはわしの「下唇」をぎゅーっとものすごい力でひっぱりながらお乳を飲む。

なぜに下唇をつかむ?

オカンは、はじめは「イデデデー」と若手の芸人ばりのリアクションをしていたが、もう慣れっこになってしまい、ひっぱられるままになっている。

イデデデと言ってもどうせ離さないからね。

下唇をひっぱられてベローンのまま、お乳を吸われながら、本を読んだりしている。

クリックすると元のサイズで表示します


...変な光景。





昨日の朝、開口一番、赤ん坊は「あっぱれ!」と言いました。
あっぱれかー、いい言葉やね。
あっぱれとみんなから言われるような人になりなさい。
0

アレを取り出す職人  気のまま家族

生後5ヶ月検診で、体重があまり増えていなかったうちの赤ん坊。
お世話してくれているプランケットナースの指導により、離乳食をいきなり一日2回、それもほしがるだけ与えることになった。
おっぱいの後、おかゆやバナナのつぶしたのやかぼちゃのピューレーなどを与えている。
離乳食、時間のかかること甚だしい。
でも仕方ない。
大きくなってほしいから。

おっぱいを飲んで、それから離乳食。
生意気に自分でスプーンをつかんで一生懸命食べるのがかわいい。
しかし、食べるのと同じぐらいの量が口からこぼれる。
時間がかかるので、母は「さっき午前中だったのにもう夕方だ」という毎日を過ごしている。


離乳食がはじまり、体重が増えてきたのは喜ばしいが、ここで新たな問題発生。
汚い話で申し訳ないが、ヤツのう○こが硬くなって、なかなか出ないのである。
うーんっと顔を真っ赤にしてきばり、排出を試みる赤ん坊であるが、なかなか外に出ない。
出口から顔をだしたと思ったら、また引っ込んでしまう。
オカンから報告をうけた河童が「器用なことするなあ」と感心していた。

器用とちゃうねん!ほめるとこちゃうねん。

お腹をぐるぐるマッサージしてやったり、足を動かしたりしても、なかなかでない。
赤ん坊は、苦しいのかエーンと泣きながら出そうとする。
オカンも「がんばれー、がんばれー」と応援する。
ヒッヒッフーと言ったりして。
お産か、これは。

最後には、オリーブオイルをつけた綿棒で、掻きだしてやった。


その後、改善策として、はと麦茶飲ませたり、離乳食の水分増やしたり、オカンもガブガブ水飲んだり(これはおっぱいの水分増やそう作戦。効果あるのかね?)、リンゴピューレーを食べさせたり。

どれがよかったのかはわからないけど、硬い硬いアレは、今朝にはソフトクリーム状になっておりました。
めでたし、めでたし。


しかし、他人の排泄シーンをこんなに必死で間近でみたことは今までなかったね。


証拠写真を...と思いましたが、あまりにもえげつない光景になるので、室内履き(bootie)をはいた写真をば。

クリックすると元のサイズで表示します


手編みです。知人にもらった。
羊の毛皮が中に敷いてあるので、あったかいよ。
今度こそ、めでたし、めでたし。
0




AutoPage最新お知らせ