努力は必ず報われる!...らしい  気のまま雑記

室井佑月さんによると、努力は必ず報われるらしい。
努力すれば、なんでもはいってしまうらしい。
室井さんのお友達が証明してるって。
(詳しくはここを読んでください。)

私はの子供の頃、娘(私)の体から異臭がするので、おかんが心配して耳鼻咽喉科に連れて行った。蓄膿症かと思ったらしい。
または、耳の穴から脳みそもれてるのかと思ったのか。
じっと診察していた医者が、ピンセットで私の鼻の穴の奥から取り出したのは、巨大なスポンジ。
そのスポンジが何ヶ月のあいだに鼻の中で腐って、異臭を発していたのだ。
いつの間に自分の鼻につめたのだろう。
手をグーにしたぐらいの大きさのスポンジだって。
せっかくだから、記念にとっておいてほしかった。
せめて写真でも。

これも努力が報われたことになるのかな。
...私はそれで、何を得たんだろう?
0

努力は報われる..のか?  気のままニュージー

「この景色を見ながら生活できるだけで幸せ」
仕事への行き帰り車を運転しながら、目の前に現れる牧場の緑と、どこまでも深い空の青のコントラストをみながら、何度そう思ったことだろうか。ニュージーランドに住んで7年だが、いまだに目に飛び込んでくる美しさにはっとさせられる。

  クリックすると元のサイズで表示します

 私たち夫婦がニュージーランドをはじめて訪れたのは、新婚旅行であった。バックパッカーをかついで約3週間ニュージーランドをふらふらした結果、その自然にあふれた生活環境、高く青い空、独特の原住民マオリ文化の芸術性の高さ、おおらかで親切な国民性に夫婦ともども魅せられてしまたのである。
 ニュージーランドのよさが忘れられず、同じ年に再び訪れたときには、この美しい国に住めたらいいなあと漠然とした思いがでてきた。
日本に戻ってニュージーランドについて調べるうちに、観光地としてのよさだけでなく、福祉が充実していること、物価が安いこと、教育制度が発達していること、永住ビザがとりやすいことなどニュージーランドの良さがわかるにつれ、この国で暮らしたいと思いはますます大きくなった。
自分たちの年齢や、今後の生き方を考えると、今しかないのではないかと思った。漠然としたあこがれは、「移住の決意」へと変わっていったのである。

そのときの、気持ちを今思い出そうとしている。

移住を決意してからは、情報を集めた。
英語を勉強した。
人に会った。
200通近い履歴書を送った。
ニュージーランドにやってきて、職探しをした。
北から南まで職を求めて歩いた。

これは努力なのか。
私たちがしたことは努力したうちにはいるのだろうか。

努力すれば、かなわないことはないのか。
それはうそである。努力してもかなわないこともある。
でも、努力すればかなうこともあるのではないか。

私たちがニュージーランドに移住できたのは、ひとえに運がよかったからである。
運は努力したらよくなるものなのか。
そうではない。
移住するために努力したが、それが充分の努力だったのかどうかはわからない。足りなかったのかもしれない。
運がよかったにすぎない。

努力しても、結果がうまくいくとは限らない。
努力してもだめな場合もある。
では、なんのために人間は努力するのだろう。
努力すれば手に入れられるという夢をみているからか。

また努力して得たものが、思ってたほど、いいものではなかったらどうしたらいいのか。
もっといいものを求めてまた努力するのか?

青い空をみあげる。
どきっとするほど青い。
これを努力で手に入れたものだというには、空は広すぎる。

ほしいものを手に入れるためにした努力を忘れてしまった。
努力ってどうすることだったか。

移住を決意したときの気持ち、どんなだったかなあ。
その気持ちを思い出せたら、次の一歩を踏み出せそう。
1




AutoPage最新お知らせ