ありがとう、おかん  気のまま家族

21歳の若者よーくんにいいモノを教えてもらいました。
私は、2チャンネルはみないので、きっとよーくんに教えてもらわなかったら、出会わなかったところです。ありがとう。

http://genyakun.dyndns.org/tmp/61.swf

いい歳して、いつもおかんと口げんかをしてしまうおとなげない私です。
このサイトみたら、「ありがとう」って今言わないとあとで後悔することを知りました。
そんな簡単な子供でも知ってることにあらためて気付くなんて、自分の優しい気持ちが足りないのだと思い知りました。

両親に言ってみるか、「ありがとう」
河童にも100回言おう、「ありがとう」
河童の両親にも、「ありがとう」
友達にも照れくさいけど「ありがとう」

同じとき「逆境に輝いてこそ女」のmariko mamさんのところで悲しくなる記事をみました。口径中絶薬が安くで買えるので、ネットを通じて売れているという記事。marikoさんも悲しんでいた。

生まれてくれてありがとう、生んでくれてありがとうという気持ちとは正反対の、血液が凍るような冷たい決断をする女の子がいるんですね。
事情があってどうしてもやむなく子供をあきらめなくてはいけない場合もあるだろう、...けど。


生まれてこようとする魂がせっかく自分を選んでくれたのに。

避妊するのはめんどうだけど、できちゃったら中絶の薬を飲めばいいわっていう人に聞きたい。

「生んでくれてありがとう。」と母にお礼を言うことができますか?

追記:
11月30日
昨日書いたコラムは、極端だったと思います。
一夜あけてみて、口径中絶薬を使用する人がすべて、避妊が面倒で安易に使っているわけではないというあたりまえのことに思い当たりました。
昨日は、興奮していたようです。ごめんなさい。
もちろん、生まれてこようとする命を粗末にあつかってはいけないという気持ちにかわりはないのですが、昨日のコラムは少し配慮が足りなかったと反省しました。
世の中にはいろんな人がいます。どうしても子供をあきらめないといけない状況のひともいます。無理やりに乱暴をうけて子供ができてしまったような悲しい目にあう場合もあります。人それぞれいろんな状況があって、いろんな思いをかかえて生きているのだから、一概に、そんな薬を簡単につかってはいけないと言えないのです。
どんな状況であっても、子供を堕胎することは女性にとって大変なことです。精神的にも肉体的にも、女性のみに大きく負担がかかります。
そんなときに、誰にも知られず、肉体的な負担も少なくてすむ口径薬があって、それが安全なものであれば、女性にとって心強い薬なのかもしれません。
誰一人、喜んで飲む人はいない薬ですよね。
そんな薬を飲まざるを得ない状況では、心に傷をうけるということはかわらないでしょうが、身体的な負担が少なくなるのなら、女性にとってはありがたい薬かもしれません。
昨日私が書いた文章を読んで、傷ついた方がいらっしゃったら許してください。私も含めて、子供がほしいのに授からない人が大勢いるのに、簡単に宿った命を粗末にする人がいることに腹が立ってしかたなかったのです。でも、この薬を使わなければいけないかもしれない状況の人すべてが、安易な気持ちで使用しているわけではないというあたりまえのことを失念していました。ごめんなさい。
marikoさん、じっくり考える機会をくださってありがとう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2004/12/9  6:56

 

みんなに出会えたことに感謝します。
ありがとう。みんな大好きです。 のりMEMO

*noriちゃん、何処かに行っちゃうの〜?
以前あひるさんのところで掲載されていた2ちゃんネタクリックしてみて〜ボクはグッと来ました。(勝手にゴメネあひるさん)

誰かに
「ありがとう... 




AutoPage最新お知らせ