つぼ No113 『腰陽関(こしのようかん)』  つぼ

 今回は、元気の出るツボを紹介します。

名前は『腰陽関(こしのようかん)』で、このツボの上には「命門」という陽気を作り出しているツボがあり、そこからの陽気通行の関所に当たる所から命名されたそうです。
また、「陽関」という名前は、膝にも存在するため頭に「腰」の文字をつけ区別しています。

所属は、督脈・足の少陽胆経とも連絡している

効用は、腰痛・腰部冷感・下肢痛・膝痛・婦人科疾患(月経異常など)・ED・冷え症など

作用は、温下元・強腰膝・袪寒湿・補腎気・利腰膝

また、冷えにも効果があり、膝とも関係しているので、冷えで腰やひざが痛い時にもお試しください。

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村


おまけ

我が家の兎です
7年前に我が家の家族になりました
クリックすると元のサイズで表示します
5

つぼ No112 『曲泉(きょくせん)』  つぼ

今回は、婦人科疾患や、泌尿器疾患に効果のあるツボを紹介します

名前は『曲泉(きょくせん)』で、このツボは膝の内側にあり膝を「曲げ」た時に出来る窪み「泉」にあり、気血が泉のように集まる事からこの名前が付いたそうです。

所属は、足の厥陰肝経・合水穴・LR8

効用は、婦人科疾患(主に子宮に関係する疾患)・泌尿器の病(頻尿・排尿困難・膀胱炎・前立腺など)・生殖器の病(子宮・EDなど)・腹痛・眩暈・疲労回復・膝の痛みなど

作用は、清湿熱・理下焦・舒筋活絡・清利下焦湿

このツボは、肝臓に関係のあるツボなので、何となく体がだるい時や疲労が取れない時、イライラする時などにもお試しください。

クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

2009.3.19
3

つぼ No111 『肓兪(こうゆ)』  つぼ

今回は、便秘や腹痛、婦人科疾患に効果のあるツボを紹介します。

名前は『肓兪(こうゆ)』で、「肓」は古代の病名で肓膜(内臓を包む膜)の病を指し、このツボから肓膜に刺激を注入するのでこの名前が付いたそうです。

所属は、足の少陰腎経・KI16

効用は、腹痛・嘔吐・便秘・下痢・膀胱炎・夜尿・浮腫・風邪・鼻水・冷え症・婦人科疾患・腰痛など

水に関係する症状に反応の出やすいツボですのでお試し下さい

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

2009.3

3

つぼ No110 『陽白(ようはく)』  つぼ

今回は、眼の症状(ドライアイ・眼精疲労・視力回復)に効果のあるツボを紹介します

名前は『陽白(ようはく)』で「白」は光明を指し、このツボを使うと視界がハッキリし、前額面に陽光を受けたように明るくなる事からこの名前が付いたそうです

所属は、足の少陽胆経・陽維脈との会穴

効用は、三叉神経痛・顔面麻痺・眼疾患・眩暈・頭痛・夜盲症・眼瞼下垂・涙目・視力回復など

作用は、袪風散火・袪風清熱・宣気明目・清頭明目

額のしわ取りやくすみを改善する美顔効果もありますので、眼が疲れた時や皺が気になる時など、お試しください

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

2009.3
3
タグ: 眼の痒み 眩暈 頭痛

つぼ No109 『膈関(かくかん)』  つぼ

 今回は、しゃっくりや肩背部痛、五十肩などに効果のあるツボをを紹介します

名前は『膈関(かくかん)』で、このツボは【膈兪】の横に位置し、横隔膜症状(しゃっくり、吐逆、えづき、嗚咽など)を治す効果がある事からこの名前が付いたそうです

余談ですが、このツボは第7胸椎(背骨)のライン上にあり、鍼灸学校時代ツボの取穴の授業で、ここを基準に他のツボを探す目安としていたのでとても重宝していたツボです

所属は、足の太陽膀胱経

効用は、胸脇苦満・心胸痛・腹痛・食欲不振・胃酸過多・横隔膜痙攣(しゃっくり)・嘔吐・肋間神経痛・背中の張り・肩背部の痛み・五十肩・など

作用は、利気・降逆

このツボには、暖気(体を温める)効果もあるので冷え症の方などもお試しください

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


2009.3
4




AutoPage最新お知らせ