2014/12/26

阪神C、渾身の軸・・  

ラストウィークですね。



昨年、3連複で4万馬券をゲットした

縁起のいいレース


阪神Cをゲットして

有馬に弾みを付けたいですね。



今流行りのデジタルな予想ではありませんが

昭和の匂いがするアナログ予想です。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 阪神11R 阪神カップ



今年のマイルのGTホース

ミッキーアイル


スプリントのGT馬

コパノリチャードが1,400で激突。



それだけでも十分、面白いハズが



出走18頭中

半数以上にあたる11頭の前走が2ケタ着順で


人気のミッキーアイルにコパノリチャード

クラレント、サンカルロもご多分に漏れず



大敗からの巻き返しがあるかどうか

その辺が焦点ですね。




2ケタ着順の馬が多いのは今年に限ったことではなく


ここ4年を振り返ると

3着までに来た馬、12頭中


なんと10頭が前走2ケタ着順で

掴みどころのないレース傾向になっています。



前走の着順は度外視できるばかりでなく




新設されて今年で9年目

たったの8年の間で連覇を達成した馬が2頭に


2年続けて2着の馬もいて

再現性の強い傾向になっています。



連覇した馬のうちの1頭

サンカルロに代表されるように


マイルでもスプリントでもない

1,400という距離が鍵を握っているように思えます。




再現性が高いということは

GTのない距離なので


コース、距離実績が大きなウェートを占めるからなのか



それと関西圏の開催にも関わらず


ここ5年間で3勝、3着1回と

関東の掘厩舎が抜群の成績を誇っています。



素直に

この偏ったレース傾向に乗ってみようと思います。



軸は昨年の勝ち馬で

掘厩舎の



リアルインパクト です。



春のGTは大敗

秋はGTに見向きもせず


オープン特別を叩き

ここが目標のように思えます。



腐ってもマイルのGT馬で昨年の覇者にも関わらず

人気薄に食指が動きます。



GT・1勝、G2・1勝の実績は

このメンバーでも見劣りせず



昨年のように楽な先行はできないものの


行きたい馬が多く

人気のミッキーアイル、コパノリチャードに


ハクサンムーンを見ながら運べ

先行力が生きる展開にならないか。



コース適性に距離適性は証明済み。

完全に人気の盲点ですね。



オヤジの大好きな

外国人騎手への乗り替わりで。




馬券は基本

軸馬から馬連で総流し

軸馬1頭軸の3連複も。



じゃあの。


予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ