レオニー。  映画

11月20日公開の映画。

イサム・ノグチという彫刻家の、
母親の物語。

一人で危険な場所にも出向く、
強い女性。
恋に堕ちて、
幸せな日をあまり送ることなく、
力強く、どこへでも行く。

アメリカから、
日本に渡り、
日本語もしゃべれないのに、
日本で生活して、
子どもを産み、育てる。

きっと幸せだったんでしょう。

半分真実、
そこに物語を付け足したものらしい。

アメリカの女性ですが、
大和撫子だと思いました。
0

トイ・ストーリー3  映画

久しぶりの試写会。
長野初の3D上映ということで、行ってきました。

おもちゃたちが、
もともとリアルに描かれている、
トイ・ストーリー。
1話から、ずっと大好きだったけど、
今回で最後らしい。

アンディは成長して、
大学へ行く。
おもちゃたちは、屋根裏部屋で、
アンディの子どもの代まで、
待つ予定だったのが、
手違いで…

たくさんのおもちゃにわくわく♪
1作目から活躍していたのに、
もういなくなってるおもちゃたちもいたりして、
なんとも切ない感じです。

最後はまさかの展開になっていきますが、
おじさま方も楽しめたみたいで、
みんな表情明るく、目が輝いてた!!!
(3D眼鏡で目が疲れて涙目だったのかもしれないけど)



土曜日から上映開始ですが、
私はもう一回観に行く予定♪

自宅から映画館まで、
自宅前の信号で待たされても
車で3分っていう距離に、
なんか妙に幸せ感じました。


0

プリンス オブ ペルシャ  映画

公開日に行ってきました。
違う映画を観るはずだったんだけど。
雰囲気で。

ディズニーだから、子供向けのかなあとか、
跡取りを誰にするか、で、醜い争いがある、
よくある物語を想像していったから、びっくり。

映画館で観たら、
いいと思います。
迫力あるシーンが続くので。

ちょっと書き込み不足、説明不足な感じもあり。
テンポよすぎて、
登場人物たちの心の動きが、
あんまり深くかかれてない感じ。
こんな描き方が今風なのかもしれない。

もう少しお互いの立場からくる、
内面の動きや葛藤を描いてほしかったけど、
物語の流れからいくと、
そこを描いてたら4時間ぐらいの映画になりそう。
王子様とお姫様の恋物語の部分が、
ちょっと物足りない部分もあるかなあ。
どちらかというと恋愛もののほうが好きだからだと思うけど。

でも映像はすごい。
男の人が観てもおもしろいと思いました。
たぶん。
0

サマーウォーズ。  映画

隣の隣の市、
上田市が舞台の映画。

DVDになっていたので、
借りてきてみた。
映画館で観たら、
迫力あってよかっただろうと思う。

コンピューターの世界を描いているのに、
田舎の風景と、しきたりが、
やわらかく包んで、
懐かしい風景が映し出される。

アバターで、
コンピューターの中と、
現実社会をつなぐ。

でも現実はあたたかい、
もうどこにも残っていないんじゃないか、
と思う家庭。

家長がいて、
親戚一同が、
ひとつにまとまっていて…。



私が子供の頃、
おじいちゃんが怖い人で、
ちょっとでも礼儀とか守らないと怒られて、
おばあちゃんは遊びに行くと、
ご先祖様の三代目惣兵衛さんは立派な人だったという話を
何度も繰り返し話してくれた。

映画観て、
思い出した。


そんな家系とか、
血筋とか、
大事にする素敵な家族が中心のお話。


0

ベンジャミン・バトン  映画

映画館で観たかった映画のうちのひとつ。

老人の姿で生まれて、
若返っていく人の話。

永遠なんてない、
っていうけど、
心は永遠。

深い愛情と、
運命と。
人の縁、
つながり。

年をとることも、
若返ることも、
そんなに大きな差はない。
赤ちゃんとお年寄りは、
そんなに違わない。

穏やかな最期を迎えていく、
優しい人達の、
出会いと別れを描いた
素敵な映画だった。
0




AutoPage最新お知らせ