2010/1/25

とこちん 入院する!  

1月5日に発症した帯状疱疹。

皮膚科にかかり、大雪の中も糸魚川まで通い続けて2週間。

ボツボツも乾いてきて、そろそろ病院も終わり・・・!


そう思っていた矢先に、「あれ?顔おかしい?」

発疹が出ていた方の顔半分がまったく動かなくなりました。


慌ててネットで調べると・・・あんまりいいこと書いてない。

皮膚科で紹介状を書いてもらい、総合病院へ。

入院治療がほとんどとのネットの記載をみて、

一応、一応ねと入院の用意をして出かけました。


耳鼻科でいろいろ検査をして、(痛くないのに号泣


診断は「帯状疱疹によるラムゼー・ハント症候群」


即日入院、2週間の点滴治療となりました。

本人は痛くもかゆくもなく、繋がれた犬のように、

個室の中で楽しくおいしく過ごしておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

2歳児の帯状疱疹は珍しく、
大人でも顔に出る人の方が少ない。

また、顔に出た人のうち10人に1人が顔面麻痺の症状が出る。

だから、2歳半の子どもがこの病気になるってのは・・・!

お医者さん達も「前例がないねぇ」と、耳鼻科と小児科で連携して、
治療に当たってくれました。

幸い、発見が早かったからなのか、子どもだからなのか、
経過は良好。

お医者さんもビックリの快復で、1週間で退院することができました。

ご心配をおかけした皆さん。

いろいろとありがとうございました。

本人はいたって元気で、
病院でも看護士さん達のアイドルとなっておりました。

渡虹も「あのお姉さん(看護士さんのこと)一番かわいい
とか言っちゃって、楽しくやっておりました。(おいおい)

2010/1/16

雪遊び 風和は。  

しばらくしてチビ3人と父ちゃんは

まぁるい道をつくって遊んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

風和はどこへ・・・?

風和は一人で雪山を登り、
クリックすると元のサイズで表示します

雪山から転がり落ちて、楽しそうに遊んでおりました。
クリックすると元のサイズで表示します


 おまけ 

るんるんが上手にスノーシューで山を上っています。
クリックすると元のサイズで表示します

さっくんもスノーシューで上手に歩けるようになったので、

そろそろみんなで雪の森へ遊びに行けそうだと、

父ちゃんと母ちゃんはこっそり企んでおります。

2010/1/16

雪原探検隊?!  

るんるんはソリでコースを開拓中。

ところが・・・ソリが先にチュル〜っと行っちゃった!

「よし、ソリを回収に向かいます!」と元気に出発。

山を下ったところで、とっても深い雪原にはまってしまった!

どうする、るんるん隊員!
クリックすると元のサイズで表示します

それを見ていたさっくん隊員。

「よし!今、助けに行くぞ〜!!」とこれまた出発。
クリックすると元のサイズで表示します

あ、追いついた!・・・と思ったら・・・通過?

クリックすると元のサイズで表示します

2人で同じ格好して雪原を泳いでいるみたい。


その後、2人はスノーシューを履いて探険は続くのであった。
クリックすると元のサイズで表示します

2010/1/16

渡虹、初スキー!  

降り続いた雪がやんで、久しぶりの快晴の休日。

おやつを持って、遊び道具を持って・・・遊ぼう!


いつもは畑になっているところに除雪の大きな山。

今日はそこで遊びます。

渡虹は家にこもっている間から「スキーしたぁい!」

やっと外で遊べるようになったので、

さっそくパンダスキーを履きました。
クリックすると元のサイズで表示します

滑っているように見えますが・・・歩いてるだけです。


転けてもニコニコ。楽しいようです。
クリックすると元のサイズで表示します

そのうち「とこもちびっ子スキー行くぅ!」と言いそうです。

2010/1/10

最後の精米  

昨秋穫れた「ごんぞう米」

我が家の分はこれが最後の30キロ弱となりました。

先日、近所のおじちゃんに頂いた精米機(!)で、
精米をしました。

大きな音を立てる機械に渡虹は大興奮です。
クリックすると元のサイズで表示します


2才のくせに「帯状疱疹」になった渡虹。

自宅で絶対に安静にしていること!と、病院で言われ、
外から兄ちゃん達のはしゃぐ声を聞きながら、
ごきげん斜めでおりましたが、
精米機のおかげで、少し楽しい時間になりました。

父ちゃんの真似をして、
「にぃ、しぃ、ろぅ、やぁ、○◇×△・・・いい米だ!」
と、確認作業に精を出しておりました。ははは。
クリックすると元のサイズで表示します

顔の右側は痛々しいですが、元気いっぱいです。

「帯状疱疹」の原因は「ストレス・疲労」によるそうですが、
この人の一体どこにそれがあるのか・・・
どうにも納得できない家族一同です。

2010/1/8

帰ってきたら・・・  

風和・流雲・爽空の3人が同じバスで帰ってきた夕方。

玄関にランドセルとリュックサックを放り出して、

「お宮行って来る!」

と、それぞれにソリを引いて飛び出していきました。

もちろん渡虹もあとから追いかけます。

冬の日が落ちるまで、せいぜい40分程度遊べるだけ。

それでも、高く高く積まれた除雪後の雪山に登り、
歓声を上げつつ滑り降りる!
クリックすると元のサイズで表示します

お宮の屋根がすぐそこにあるほど積もっています。

こちらは山をすぐ下から見た感じ。

火の見櫓が同じ高さに見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

風和の話では、お宮の除雪の山が
一番いいソリコースなのだそうです。

夕飯の支度をしていた母ちゃんが迎えに行った時には、
渡虹も山のてっぺんに登って大はしゃぎでした。

上り下りを風和が抱いてしてたそうです。
ご苦労さんです。

2010/1/4

留守の間に!!  

大網を留守にしている間に、
天気予報では「北陸地方は大荒れ」との情報。

そうは言っても、ねぇ!くらいなつもりだったけれど、
実際に帰ってみたら、あらららら!

結構積もりましたよ〜。
我が家はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

160cmくらいは積もったのではないかしら。
先日子どもたちが遊んでいた隣の家の畑が、
今日はこんなに高いところになっています。
クリックすると元のサイズで表示します

あおばのおうちの横に遊びに行ったら、
しんちゃんが屋根雪掘りをしていました。

お邪魔して・・・本当に邪魔をして・・・

屋根からソリ滑り!イェ〜イ!
クリックすると元のサイズで表示します

わかりにくいけど・・・ここは齋藤家の屋根です。
普通に横から屋根に登れます。

子どもたちは屋根のてっぺんからスタートして、
ひさし辺りでジャ〜ンプ!
下まで滑り降りることに夢中になっています。

しまいにはるん&さくは走って降りてきて、ジャ〜ンプッ!
クリックすると元のサイズで表示します

腰まで埋まって大笑いです。
(そのあと抜けない!って半ベソかいた流雲です)

そんな兄ちゃん達を尻目に、渡虹は・・・

家の裏側のまだ誰も歩いていない雪原を見て、
クリックすると元のサイズで表示します

「母ちゃん!キラキラの粒があるよ!
            とこ、あれ取りに行く!」

か、かわいいぞ、とこちん!
クリックすると元のサイズで表示します

脇の下まで雪に埋まりつつ、キラキラを見つめる渡虹。

うぅ〜ん。
いつもこんなに年相応にかわいいこと言ってくれると・・・ねぇ。

普段は「あんたいくつ?!」的な渡虹も、
やっぱり2才のきれいな目を持っているのだと、
ちょっと、いや、かなり感動し、ホッとした母ちゃんでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ