★関連リンク★【 ニシナガレ| Twitter| リンク
2014/7/24 | 投稿者: たけぽん

いやはや、酷暑ですね。
そして凄い雨。今年の夏はメリハリバリバリです。

改めて告知です。
さて、ハラショーですが、諸般の事情を持って今月号でしばらく休刊になります。

ですが、出演者・スタッフ全員、みんなバリバリに元気に活動しております。

お休みの間にもいろいろいろいろいろいろいろいろやっとります。

ですので、皆様の目に留まることもあるかもです。
その時には、よろしくです。

1

2014/7/2 | 投稿者: たけぽん

Adobeの Creative Cloudのアプリアップデートアラートがたくさん出ていたので、
アップデートを実行したところ、エラーがぼろぼろと。

なにごとー。
と思いながら詳細を見ると、

Exit Code: 6
Please see specific errors below for troubleshooting. For example, ERROR:


--------------------- Summary ----------------

- 0 fatal error(s), 2 error(s)



----------- Payload: Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable Package (x64) 11.0.61030.0 {-----} -----------

ERROR: Third party payload installer vcredist_x64.exe failed with exit code: 2147942750

ERROR: Failed to repair Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable Package (x64). Please try repairing it by double clicking on the executable at "C:\Users\-----\AppData\Local\Temp\{-----}\InDesign_10_LS20_Win64\Adobe InDesign CC 2014\payloads\Microsoft VC 2012 Redist (x64)\vcredist_x64.exe", or download and install the latest Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable Package (x64) from Microsoft website - www.microsoft.com

---------------------------------------


Visual C++の再配布パッケージがインストールされてないから入れておくれ的な内容。

で、マイクロソフトからダウンロード&インストールしようと、
マイクロソフトのサイトにGo。
VC++の再配布パッケージで最新はVC++2010かー、これかなーとダウンロード。

で、インストール→「キミのマシンには、最新版が入ってるから入れる必要ないよ。」的なエラーメッセージが(汗)


Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable Package (x64)で再検索してインストール。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=30679

ついでに2013もインストール。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40784

こんどはあっさり修了。

さて、これで、アップデートできるかなぁ。
とりあえず試してみるもじゃ。



→ Adobeのアップデータが裏でガンガン動いてて、肝心の再インストールがまだまだ先のタスクになっとる(;−;



てなわけで、続きは次号。




追記:無事にインストールできたのですけども、CCは
前のバージョンも入れたまま増えていくので……なんつうか……
どんどん、スタートメニューにたまってくわけで……
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/2 | 投稿者: たけぽん

ども。たけぽんです。

さてここ数年、ゲーム開発から遠ざかっていたので、
めっきり激しく最先端から遠ざかっている気がしてきましたゆえ、
改めてゲーム系のプログラミングを勉強をしようと思い立った次第です。

で、やっぱ、作りたいのはスマフォ向けゲーム。

そして、せっかくAdobeのCCにも参加しているので使わない手はないのです。
ほんと、宝の持ち腐れ状態はいかんですね、はい。


まずは、Edge Animate CC。

ちょっとしたアニメーションを使うには十二分に便利なツール。
HTMLやCSS、Javascriptのクセを知っていれば、Flash感覚で
イロイロな動きのあるものを製作できます。
しかも、スマフォでもちゃんと動く。

ここのところハラショーのTOPバナーとかで実験してたりしたのですが、
ただアニメーションするだけのバナーであれば数十分もあればできちゃうので、
カンタンおススメ。世の中本当に便利になったものです。

これを使わないなんてもったいない、てな勢いです。


たぶん、自作ライブラリみたいなのができてくれば、
これだけでゲーム開発はできそう。
以前Flashで作ってたゲームとかもある程度は移植しやすそう。



だけど、ちょっと、まだ、こう、なんというか……、
シーン切替えとか、オブジェクトの扱いとかがこなれていない感じが……。
創意工夫でイロイロできそうなんですけども。


そして、とりあえず、もう一個、
気になっていたものをダウン。


それは、『Adobe Gaming SDK』。


公式のチュートリアル以外の情報が少ないのが、
ちょいとまだ不安材料満載な感じです。

しかし、ここで勉強しておけば、何かのネタにはなるだろーと、
そんな甘い考えで、ただいま、この文章を書いている間に、
ダウンロードしているわけです。


そう、この文章は、
「Gaming SDKで何ができるのかもよくわかってない、
 おっさんが、SDKとやらをダウンロードするところから始まる
 連載できるかどうかも分からない、挫折して放置するかもしれない、
 でも、とりあえず、ゲームを作ってみて公開してみるまでを
 記録していく」という企画ものでありんす。



まー、じわじわ頑張っていきましょ。えぇ。
0




AutoPage最新お知らせ