★関連リンク★【 ニシナガレ| Twitter| リンク
2014/6/27 | 投稿者: たけぽん

インターネットラジオサイトを運営してて、各番組にメール受付窓口があったりするとですね、それはもう大量のspamとかも届くわけで。

中には、spamなのだか投稿なのだかわからないモノとかも?

で、今日、公開している番組のメールアドレス宛てに一斉に届いたのが以下のメール。


件名:【日本デジタル郵便】特定記録メール便
内容:
【重要なお知らせ】
「社団法人日本IT調査会 和解業務執行部」様より、下記内容を特定記録メール便にて送信依頼がありましたのでご確認ください。

【日本デジタル郵便】


【送信内容】
弊社は調査業務、情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関でございます。

本日ご連絡致しましたのは、現在貴方がご契約されている総合コンテンツ提供サービス会社からの再三の通告を放置し、利用料金を長期延滞している事に対して、同社が起訴準備期間に入った事を報告致します。

この通知を最終通告と致しますので、本日、当社営業時間までにご連絡が無い場合、管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行され、記載期日に指定裁判所へ出廷となります。
尚、裁判を欠席されますと、相手方の言い分通りの判決が出され、執行官立ち会いのもと、給料、財産や不動産、有価証券等の差押えを含めた強制執行となりますので、ご注意下さい。

弊社は、今回運営会社様より和解等の最終判断を委託されましたので、双方にとってより良い解決に向かうためのご相談に乗らせて頂きます。本日弊社営業時間までに早急にお電話にてご相談ください。

最近個人情報を悪用する業者の手口も見受けられますので、万が一身に覚えのない場合でも、早急にご連絡ください。

※時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、その際は恐れ入りますが、再度お掛け直し頂きますようお願い致します。
尚、メールでの返答には対応しておりません。ご了承下さい。


〜〜お問い合わせ先〜〜
社団法人日本IT調査会
【担当部署】和解業務執行部
【担当主任】加々美 謙一
【担当補佐】高山 正博
【担当補佐】和田山 孝輔
【電話番号】03-4588-6998
【営業時間】午前10:00〜午後18:30



以上




※本メールは特定記録メール便のサービスとして、メール開封日時の記録及びメール内容の保管を日本デジタル郵便が第三者機関として行っております。
尚、本メールアドレスへの返信をされましても、特定記録メール便送信専用となりますので、当社では確認及び対応することが出来ません。
また、依頼者様へメールが転送されることもありませんので、返信はされませんようお願い申し上げます。
【日本デジタル郵便】



……ふぅん。
検索、と。電話番号あてに電話かけた人が動画を公開してました。



ほほう。


基本、あて先の個人名、固有名詞のないメールは、ほぼspamですゆえ、
こういうメールが来ても、焦らず騒がずゴミ箱へ入れるか、ネタとして
使うかにしておいたがよいかと。えぇ。はい。
0

2014/6/11 | 投稿者: たけぽん

たけぽんです。

さて、隔週更新の池田憲章さんによる30分一本勝負ですが、
しばらく、毎週日曜日更新でお送りします。

池田憲章さんが、これまでの仕事とその内容、
リアルなギャラまでを大公開しながら、ご自身の仕事を振り返っていきます。

憲章さんが、どうして憲章さんに成って行ったのか、
クリエイティブな仕事とどう向き合っていったのか、
そして、どういう考え方をしているのか……。

専門家としてその道を歩み続けている池田憲章さんにしか語れない、
語ることのできない、池田憲章さんの歴史。

それを毎週お送りしていきます。



というか、だいたいワンセンテンス語るのに1時間半くらいいっちゃうのでですね、
毎週更新しないと間に合わないというかですね。



さておき。



そういう憲章さんの歴史を垣間見ながら思うは、おいら自身の生きる理由。


アスキーという出版社をめざし、理系でありながら雑誌の編集を選んだ自分。
今に至り、何を求めているのか、何を求めていたのか、
誰に何を伝えたいのか、自分は何をしたいのか。


全ては、「人」と「技術」に憧れ、「人」に興味を持ち、
「技術」を持って「人」のオモシロさを発信していきたい。
自分自身は、アレンジすることは長けていても、
クリエイティブすることには長けていない。
だから編集をめざし、魅力的な人にたくさん会いたいと想い、
今に至っているわけで。

そう考えると、なんというか、おのずと自分の進んできた道や
これから進みたい道も、うっすら見えてくるわけで。

ただ、そうだといって、それだけでは済まないお年頃でもあります。

糸井重里さんが40歳の自分には絶対戻りたくないと言った40代。
その言葉がリアルに心に響きます。

自分も、楽しいこと探しをいっぱいしなきゃなぁ、と。
1




AutoPage最新お知らせ