2016/1/4

今年のカレンダー  季節

毎年カレンダーは、夫が会社から持ち帰ってくれる。お客さんの会社から、色々貰ってくるのだ。

今年はなかなか良いカレンダーが集まった♪ 教室でも3つは壁掛けカレンダーが必要で、後は卓上カレンダーも2つ必要。卓上のは、いつも百均で気に入ったシリーズが有って、それを購入している。壁掛けカレンダーは、今年は夫がなかなかいいのを貰ってきてくれ、GOOD♪

家では、やはり4つ壁掛けカレンダーが必要。毎年、私の部屋に飾るのは、夫の会社のもので、世界遺産の写真のカレンダー。トイレには、今年は久米島で購入した、沖縄の海の写真のカレンダーにした。これが良い!何故かというと、ちゃんと旧暦が書かれているのだ、便利! 沖縄では、まだ旧暦のお正月を迎えるそうで、旧暦が生活の中に必要とされているのだ。中国の暦を確認できるので、これは便利便利♪

そして、長男の部屋のカレンダーが様変わり!今まで、ポケモンとか、妖怪ウォッチのカレンダーだったのが、今年はやはり、中学生に上がる事を意識したのか(?)、母からもらった、海外の「かわいらしい村」の写真のカレンダーを掛けた。ロマンチック街道とか、ヨーロッパの色んな「村」の写真のカレンダーだ。それと、自分の机のところには、これまた久米島でゲットした、小さい目の海亀の壁掛けカレンダーを掛けている。

私は、カレンダーには少しこだわる。やっぱり、毎日ずっと見るものだから、ずっと見ていて飽きないもの、見ていて気持ちの良くなるもの、癒しを与えてくれるくらいの写真のカレンダーがいい。とりあえず、今年はどれも大満足♪ 良かった〜♪
0

2016/1/3

今年のおせち料理  季節

クリックすると元のサイズで表示しますなんと、今年は私、生まれて初めて、自分でおせち料理を作ったのだ〜♪ 友達や生徒さんから教えてもらい、8品を手作り! 初めてなのに、どれも成功!やった〜(*^-^*)

今年は、兄の家族6人、中国の両親2人、うち7人、総勢15人が集まったので、バイキング形式。他に、お雑煮や、サイコロステーキ、サラダ、刺身、ちらし寿司など、豪勢な料理がいぃ〜っぱい! ああ〜、もちろん、あとはこの1ヶ月、素食にしなければね〜(笑)

そして、兄嫁と一緒に、私も久しぶりにお酒(梅酒)を飲み、ほろ酔い気分♪ お酒を飲むのは何年ぶりだろーーーという感じ。三男妊娠前くらいから飲んでないから、多分4年くらいは飲んでないな。

兄のところは、中二の双子の男の子と、小学3年の女の子がいて、特にこの双子が、スポーツ万能、成績優秀ときている。身長も高くて(兄嫁がすごく背が高い、兄より背が高い)、よく食べるし、本当に羨ましい。お酒を飲みながら、兄嫁の話を聞いていて、またひがみだしてしまった私。ああ〜、いけないな〜。

でもね、そんな優秀な息子しかいないから、1年に何回も、我が子の不始末で謝罪をしなければならない親の気持ちは、きっと兄嫁には分からないだろうなぁ〜、と思う。兄嫁には彼女なりに、他の悩みはもちろんあるとは思うけれど。人間、誰だって悩みや嫌な事は有るんだから。

ああ〜、お酒がいけないな、やっぱり。お酒はやっぱり飲まない方がいいな。

とりあえず、今年のおせち料理は大成功!・・・って事は、来年からきっと、頼りにされるんだろうな、あはは〜♪ ま、それも良し!


0

2016/1/1

謹賀新年  季節

クリックすると元のサイズで表示します皆様、あけましておめでとうございます!

年々、人の世を渡ることの難しさが増していくように思われますが、その中で、自分も鍛えられ、学ばせて頂いているのかと思います。見ざる、聞かざる、言わざる・・・が、我が身を守る一番の得策なのかとも思います。特に、申年ですから(笑)

今年からは、心改め・・・というか、このバカ正直な性格を改め、もっと世渡り上手に、賢くならなければ・・・と思っています。昨年は、特に長男の事で頭を打ちまくった年となりましたので、その経験を生かし、もっと賢い母親になれれば〜・・・というのが、私の努力目標です。

皆様も、健康で毎日を送れますように、幸せな心静かな日々を迎えられますように、心からお祈り致します。今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます!


0

2015/12/6

Xmasの準備  季節

年末は、Xmasの準備とお正月の準備、そして年賀状作成・・・と、日時に追われる作業が立て込む。その中でも、焦って準備し、苦労するのが、クリスマスの準備だ。

子どもたちに、それとなく、サンタさんに何を頼むか・・・を聞き出さなければならず、どんなものならサンタさんがプレゼントできるかを、一緒に話さなければならない。

サンタ=親、ではないかと半信半疑の子供たち。それでも、あれが欲しい、これが欲しい・・・と言い、次男は毎年サンタさんに手紙を書いている。最初、次男は望遠鏡が欲しい、と言っていたのに、途中でソフトボールのバット(定価4万円、ネット価格2万円也)が欲しいと言い始めた。

オー!マイガッ!

辞めてほしい〜!!断固反対した私。「高いバットがあるからって、バッティングがうまくなるとは限らないでしょ!」といくら言っても、「わかってるよ!でも、○○くんも、××くんも、△△くんも持ってるもん〜!」と、絶対に譲らない。

サンタを信じている息子、絵つきで手紙を書いた手前、これはサンタもどうしても準備するしかないよな〜・・・ああ〜
0

2015/11/20

冬休みの計画  季節

冬休み、どこか温泉にでも行きたいなぁ〜・・・と思っていたら、夫が蘇州の両親を呼び寄せるらしい。

また、半年くらい呼び寄せるだとか、その間、夫はずっと両親と一緒に教室で暮らす、とか言い出すので、条件を出した。

1)来日期間は短期にして
2)両親と一緒に暮らすのはいいけど、数日くらいにして
3)両親来日滞在期間中の両親の生活費はすべて夫負担

どれも、当然のことだと思うけれど。まず、夫に言った。

「両親と離れて暮らし、久しぶりに一緒にいたいのはわかるけど、日本人でもみんな、両親とは離れて暮らし、長期休暇の時に実家に帰り、親と一緒にいる。日本人でも、長くて4,5日、親と一緒にいるくらいで、わが子をほっぽって、半年も親と一緒に暮らす父親がどこにいるの?」と・・・。

私が言ってる事、当然のことよね?そんな、3人も子供がいるのに、それをほっぽって、両親と一緒に住みたいからって、両親を呼び寄せて半年両親と一緒に暮らすって、ありえないでしょ?しかも、その生活費の半分をまた、私に負担させるなんて。おかしい。

今回は、厳しく条件を出して、この条件でなら両親を呼び寄せてもいい、という事で、2週間両親を来日させる事に決まった。今年の冬休みは、蘇州の両親と過ごす冬休みになるだろう。子どもにとってはいい事だけれど。(けど・・・?笑)
0

2015/7/22

久米島二日目  季節

クリックすると元のサイズで表示します早起きに慣れている3人は、昨日の疲れも無い様子で7時前には起床し、朝食後すぐ、ホテル前のビーチへ出かけた。

なんと素晴らしいビーチなんだろう・・・。砂は白く、打ち上げられた珊瑚がびっしり敷き詰められていて、5歩歩けばヤドカリがすぐ見つかる・・・というくらい、ヤドカリちゃんがいっぱい!

子どもたちは無心に、ヤドカリを見たり、貝殻を探したり、あっという間に9時前に・・・。9時、そう、ホテルのプールが使える時間。さぁ、またプールするぞー!

クリックすると元のサイズで表示します三男も絶対に一緒に入ると聞かない。でも、この日は、「一日ワクワクシュノーケリングツアー」に申し込んでいて、10時半出発の予定。あまり疲れてはいけない・・・と思っていた私が間違いで(^^; とにかく、そのツアーから帰ってきた後もまだプールに入るという、ものすごいエネルギーを持った息子たち。母はついていけません・・・。

久米島からボートで20分くらいの所に「ハテの浜」というスポットがある。砂浜だけの陸地としては、7キロもあって、世界でもめずらしい所らしい。そこで、1日過ごすツアーに参加するのだ。

クリックすると元のサイズで表示しますハテの浜・・・。もうここは天国。どんな俗世界とも完全に関係を断ってしまう、特別なところ。

夫、長男、次男たちは、シュノーケリングツアーに参加、私と次男はとにかくハテの浜で1日過ごす・・・というので、最初は、「三男、1日ももつかなぁ〜」と心配していたのだけれど、なんのなんの!まったく平気・・・どころか、大喜びで1日中海の中に浸かっていたような感じ。

とにかく、海・・・という感じではなくて・・・透明な、何か別世界に入り込んだような、暖かくて、静かで、やさしくて、美しくて・・・そんな言葉では表現できない世界に1日中いれた・・・それだけで幸せっていうような、そんな所。

クリックすると元のサイズで表示します夫たちも、シュノーケリングで、熱帯魚ちゃんたちとの交流!すごい!これを長男に体験させてあげたくて、このツアーに申し込んだのだけれど、私も後からこの写真を見て、とにかく「すごい!」の一言。

魚は本当にたくさんいて、ハテの浜にいても、水深20センチくらいしかないようなところにも、たくさん魚がいて、足の横をスイスイ泳いでいく。餌付けすると、すぐにたくさん寄ってくる。

ああ〜、本当に素晴らしい〜。ここは天国?ここはどこなんだろう?同じ地球上に、こんなところが有るというのに、私達人間は、何やってるんだろう?

ツアーから帰っても、長男と次男はまたプール・・・すごい体力!私はとにかく三男を休ませ、それでも、ツアーから帰ってきた余韻から覚めずに、ほわ〜っとした気分が続いていた。


0

2015/7/21

久米島一日目  季節

クリックすると元のサイズで表示します久米島へ行ってきた。

もともと、今年は夫が勤務10年目のチャレンジ休暇(10日間くらいの有給休暇)をもらえるというので、長男も小6で、来年中学のクラブ活動で自由に旅行も行けないかと思い、今年は思い切ったところに旅行に行こうと考えていた。

最初、英語圏の近場でグアム?とか考えたのだけれど、子ども達が猛反対(笑)!じゃ、どこがいいのよ〜、と聞くと、次男が「俺たち”久米”だから、久米島に行きたい!」と言い、その一言で久米島行きが決まった。

クリックすると元のサイズで表示します予約は早いうちからしなければ、希望の時間帯の飛行機が取れない。こちらは、小さな子どもを連れているので、悪い時間帯では旅行がかなり苦しい。それで、1ヶ月以上前から予約を入れていた・・・

入れていた・・・のに!夫は、最後まで久米島行きを了承せず(お金を使うのを非常に忌み嫌う性格から、旅行は大嫌い)、結局私が強硬手段で勝手に旅行アレンジを進め(そうしなければ、一生家族旅行は行けない)、夫は意地になってなかなか会社と休みの交渉をせず、4日前になってやっと上司にチャレンジ休暇の申請をし、かなりしかられた様子。

もらえる休み(会社の制度)なんだから、堂々と休みを取ればいいのに、とこっちは思うのだけれど。っていうより、とにかく、お金を使う旅行には行きたくないだけのことだろう。

クリックすると元のサイズで表示しますそんな愚痴はさておき、初日は小雨。天気は回復方向とのこと。久米島到着後、最初に行ったのが「ホタル館」。ホタルの事だけ展示している所かと思いきや、あらゆる昆虫や両生類、亀、鳥など、ものすごい種類の生物について展示したり、飼育したりしていて驚いた。そこで勤務されている女性が、色んな話しをたくさんして下さり、本当に親切にして頂いた。

ホタルは世界で2千種類以上有り、その中でも水生ホタルは非常に少なく、日本でも水生ホタルは久米島ホタルを含む4種類しかいないとのこと。

そんなお話から、とにかく色んな生物のお話をたぁ〜〜〜くさん聞かせて頂いた後、久米島博物館へ・・・。ところが、子どもたちは、博物館にはまったく興味が無い様子で、博物館の外で走り回っていた・・・ああ〜

クリックすると元のサイズで表示しますその後ホテルへレッツゴー!移動は全部レンタカー。道路では、ほとんど車を見かけないので、地図を見ながら、場所が分からなくなっても、気にせず車を途中で停めて、地図と照らし合わせて行けるのがいい。ナビも有ったのだけれど、一日目は使い方が分からず使用しなかった。

子ども達は、ホテルへ到着すると、もう夕方で小雨もぱらつく中だというのに、ホテルのプールで思いっきりはしゃいで遊んでいた。楽しい旅の始まりだ。


0

2015/3/3

ひなまつり  季節

クリックすると元のサイズで表示します今日は楽しいひなまつり〜♪

これは、次男が学校で作ってきたもの。うちは男の子3人だけれど、子どもたちはやはり、ちゃんとこのひなまつりを過ごしたいと思うようで、ひなまつりパーティーをしようと今日は大はしゃぎ!

といっても、そんな大げさなパーティーじゃなくて、ひなあられとお饅頭を食べるだけのもの。うちでは、お寿司も食べなかったし。お寿司は、よっぽど手間暇掛けて作らないと、子ども達が食べてくれないから。市販のお寿司はあまり食べてくれないし。

夜ご飯は普通に食べ、その後でひなあられとお饅頭でパーティー。子どもって、それだけで楽しいんだな。そういう、一つ一つの行事に対して「過ごして楽しかった」と思える事が大切だと思う。


0

2014/12/30

大掃除  季節

何年ぶりの大掃除になるだろうか?

昨年は、出産後の体調不良で、大掃除どころではなかった。一昨年も、妊娠中だった為、大掃除できなかった・・・という事は、3年ぶり・・・。

今朝、夫は用事で外出、長男次男と一緒に掃除を始めるも、子どもたちはなかなか集中して掃除ができない。主に、窓枠のサッシ拭きがメインの掃除。普段サッシなど拭かないので、本当に3年分以上の汚れがそのままで・・・。子ども達に、爪楊枝を使って、きれいに角まで泥や埃を落とす方法を教えるが、なかなかできない。。。

結局、子ども部屋の学習机周辺の掃除を子どもたちと一緒にやった以外は、全部私一人でやらなければならなかった。朝から4時間ぶっ続けでヘトヘトになり、やっと昼食を食べていた時に夫が帰宅。ムカムカする私(笑)

その後、やっぱり洗車にも行きたい。三男を昼寝で寝かせておいて、長男次男の二人を連れて、洗車に行った。夫には、窓と網戸を拭いておくように言い残し・・・。

ああ〜、とにかく全部サッシを拭き終えてすっきり♪それ以外の所といえば、普段から結構ちゃんと掃除をやっているので、いつも通りの掃除でOK!これで気持ち良く新年が迎えられそう!

皆さん、大掃除は終わられましたか?

0

2014/7/3

父の家庭菜園  季節

クリックすると元のサイズで表示します父の家庭菜園は本格的だ。今、きゅうり、茄子、ピーマンを植えている。毎年植えてくれるのだが、私はその中でも、父のきゅうりが一番楽しみ!

朝、採れたてのきゅうりにそのままかぶりつくのが大好き(笑)本当にみずみずしくておいしい♪

ただ、ここ1週間くらい、カラスにやられて新しいキュウリが採れなくなっている。父も対策を考え、網を張る予定だとか。次ぎ、いつきゅうりが食べられるかなぁ・・・


0

2014/6/9

あじさいの季節  季節

クリックすると元のサイズで表示します今朝、向かいにお住まいの方が、あじさいの花をまびいていらっしゃった。たまたま私がゴミを捨てていると(笑)、声を掛けて下さり、

「あじさい、貰ってくれませんか?」

と言って、たくさんたくさん下さった。とっても大きくて美しい素晴らしいあじさいだった。嬉しくて、

「すみません、このお花、私の教室に飾ってもいいですか?」

と言うと、家用と教室用にと、本当にたくさんのあじさいを下さった。そして、教室に持って行って、また事務の方にお願いしてきれいに花瓶に入れて頂いた。いつも、教室をきれいに飾ったりして下さるのは事務の方。感謝、感謝、、、。

こんな風に、自宅で愛情を込めて育てられているお花を、自然にふっと、誰か人にあげられるって、素敵だなぁと思う。


0

2014/4/2

日本人の心を写す桜  季節

今日義父と桜について話しをしていた。

「日本の桜は種類が少ない。ほとんど同じ種類ばかりだ。」
「いや、本当は桜にはたくさんの種類があるんだけれど、日本人はこの種類(ソメイヨシノ)が好きで、大抵この種類の桜が植えられるんです。でも、中国人でこの桜をそれほどきれいと思わない人は多いようです。その理由は、色が淡すぎるからです。中国人は、それよりも桃の花の方がきれいと思うようですね。」
「うん、確かに、桃の花はもっと色が濃いし、もっと色んな種類がある。」
「桜にも、色が濃い種類はあって、造幣局という所では、百種類以上の桜が見られますよ。」
「それでも、やはり日本人がこの種類が好きというのは、きっと日本人の心を写しているのだろう。」
「そうですね、日本人は淡い柔らかい感じが好きなんだと思います。」

「日本人にとって、この桜は特別な存在の花で、恐らく多くの日本人が様々な感情をもってこの桜を眺めています。それは、桜の咲く季節が、卒業式や入学式といった、人生で大切な節目の時に咲く花だからだと思います。」

私はこう言ってみたけれど、桜に対してこうした特別な感情を抱いている人は多いのだろうか?私一人の勝手な感傷なのかな・・・
1

2013/11/1

豊作の秋  季節

クリックすると元のサイズで表示します
雨で延期になった次男のお芋掘り。今週やっとお芋掘りへ・・・。その為私は、お弁当作りが2回も有り・・・。

秋ってこんなに楽しかったのかな?10月の行事が終わったと思ったら、また11月には長男の社会見学と授業参観、次男の遠足。子供は楽しい、親は忙しい。でも、子供が楽しんでくれる事が、親にとっての一番の喜び。だからやっぱり秋は素敵♪
0

2013/9/20

中秋節でした  季節

昨日は中秋節。長男の中国での誕生日、次男は中国では中秋節の2日後が誕生日。

普段なら、月餅や特に、日本のお月見団子は絶対で(私のこだわり)、必ず準備して子供たちと一緒に月を眺める。

本当はススキが欲しいところだけれど、実はこの時期にススキはあまり生えていない(この近辺で)。もう少し秋にならないと、ススキはたくさん見られない。でも、家の庭に萩を植えているので、その萩を少し部屋に挿して、お月見をするととってもいい感じ。

今年の中秋節は、私がまだまだこんな状態で、お楽しみのお月見の準備ができず、結局寝る前に子供達とちょっと一緒にお月さんを見ただけ。とってもきれいなお月さんだった。
1

2013/7/2

もうすぐ七夕  季節

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐ七夕。保育園では七夕の準備が始まっている。こういうの、季節感をすごく感じられていいな・・・と思う。家では子供に、なかなかしてあげられないから。

昨日は、短冊を保育園からもらってきて、まだちゃんと一緒に短冊を書けていない。今朝、まだ短冊を持っていけない次男は機嫌が悪く・・・でも、短冊がまだあまり飾られていないのを見てちょっと安心していた様子。

日本では、短冊を書いて、願い事をするけれど、中国ではそういう習慣は無し。恋人たちの為のロマンティックな日として、旧暦(今年は8月13日)にお祝いの言葉をちょっと交わす程度かな・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ