2006/11/28

「謝謝」の持つ意味  

自分で分かっているはずなのに、わが身をそこに置いていると、見えないことってよくある。

生徒さんが今日教えてくれた。その生徒さんは学校の先生で、学校には二十数人の中国人の生徒さんがいるそうだ。彼らと話をしていると、よく、日本人と中国人の習慣の違いなどを聞かされる、というのだ。

その中で、「中国人はめったに”謝謝”を言わない、よっぽど感謝して、ありがたいと思った時にしか言わない。でも、日本人はよく「ありがとう」や「すみません」という言葉を連発する。」というコメントがあった。

確かに私もそれは知っていた。でも、実際生活の中で夫に「おまえはどうして、そんなに”ありがとう”と感謝ばかりするんだ。”ありがとう”って言うほどのことじゃない。」と文句を言われる。そんな時私はいつも、「なんで”ありがとう”を言ったらダメなんだ、当然言うべきことなのに。」と思ってた。要は、私と夫の中で「謝謝」と言う言葉に対する感覚が違うところからきてたんだ。

自分では分かっていたつもりが、わが身に起きた異文化問題については、よく分かってなかったみたいだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ