2006/11/23

旦那は”蘇州の若者”  

今日、ある方から頂いたビデオを見た。蘇州の昔ながらの風景をうまく映したNHK Hi-Visionの番組だ。”今の蘇州”というよりは、”昔から今も変わらない蘇州”の風景を映したもので、蘇州人たちの飾らない生活風景が映し出されていた。

それは、もちろん見るには楽しいけど、じゃ、自分がそういう生活をしたいか、と聞かれたら答えはノーだ。でも、無くなってほしくない風景だとは思う(この辺、外部の人間のエゴなんじゃないかと思うが)。

夫の場合、また私と違った考えがある。彼は、蘇州の一般的な若者と同じ考え方だと思う。そういう生活は、汚くて貧しいものにしか映らないようだ。そして、今の新しいマンション暮らしのライフスタイルこそが”今の蘇州”であり、そういう風景が外国で「これが蘇州だ!」と報道されてほしいと思っているのだ。

外国人のエゴかもしれないが、私はあの風景を見て、やっぱりこの風景は変わってほしくない、残してほしいものだと思った。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ