2006/11/22

自動翻訳機  

残念、観光スポットのアドバイスがありませんでした。うぅ〜ん、要は自分で考えなければならないということですね。あ〜あ・・・。

ところで、うちの息子は今、す・・・・・っごく喋る。とにかくテレビ見てる時と食べている時以外はずぅ・・・・・っと喋ってる。日本語9割、中国語1割。喋るのは日本語が圧倒的に多い。保育園に行くようになってからは、どんどん新しい言葉を覚える。中国語は聞いては全部意味を理解できるが、話すのはちょっと苦手なようだ。

彼は、私たちが喋った中国語を両親に日本語にして伝えることができる。しかもすごく正確に訳してる。うん、これはすごいと思う。自動翻訳機だ。

でも、時々もっとすごいなぁ・・・と思うのは、テレビに動物が出てきた時、その動物の気持ちが分かるみたいで、「あの子(犬を指して)どうしたん?」と私に聞く。「あの子、淋しいんだって。あの子、お父さんいないんだって。」とか言う。旅行犬「まさお君」の最終回で、まさお君がお母さん犬に会いに行ったシーンでは、「まさお君、泣いてる。」と言う。子供には、そういう動物の心が伝わるのかな。子供にとって言葉は、「音」ではなくて「心」で伝わっているものなのかもしれないな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ