2013/5/26

脳裏に焼き付いている風景3  

上海で当時、私が一番衝撃的だった風景といえば・・・

私が初めて上海に行った時は、2,3日ずっと大雨が続いていた。灌漑インフラがちゃんとできていないのか、雨量がすごすぎるのか、道はどこも大洪水状態。

その大洪水状態の道ばたで、車や自転車が通っている中、道に流れる水で魚を洗っているおばさんがいた。それは私にとってはすごい衝撃的な風景だった。

「食べる魚を道ばたの洪水の泥水で洗うの?!!!!」

あの風景は忘れられない。でも、今でも上海や蘇州に出稼ぎに来ている外省人(中国語で「外地人」)たちで、貧困層の人々は、同じように汚れた川水などで、洗濯物も洗い、食材も洗い、同じ水を使って生活している。こんなに富裕層が増えた中国でも、同じ街の中、しかもすぐ側にそんな人たちが溢れている。大変な国だと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ