2013/5/23

私の感想  中国

今日、ある講師が長い長い文章を、教室のブログ用にと書いてくれた。それを読んで色々感じた。

まず、彼女の文章力にも驚いたのだけれど、そこから彼女が言わんとする事も感じ、私も思うところがたくさん湧き出てきて・・・。

つまりは、昔の中国に対する望郷の念・・・のような感傷的な気持ちが私にもあって、昔から中国を知る人たちは、そういう素朴な中国に対する”愛”(愛おしいような、憧れのような、強く惹かれ、大切に思う気持ち)が有るのかな・・・と。

そんな中国、もしくは中国の人たちに、少しくらい裏切られたと感じる事が起こっても、それを許せる・・・というか、それでも尚、好きで・・・離れたくないと思うような気持ち。まるで、我が子に対するような・・・。

そして、大きく大きく変貌していっている中国。昔のその素朴さが皆無であるかのように見える今の中国。そんな中国に対して、果たして今まで愛情を持ち続けてきた人々が、同じような気持ちを持ち続けていけるのだろうか・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ