2013/2/26

中国の子育て事情  中国

昨日少し書いたのだけれど、中国の最近の若い夫婦は、子供を産んでも自分で子育てしない、というお話。社会事情が違うので、日本人から見れば驚く事かもしれないけれど。

まず、中国では、出産してからの1ヶ月を「坐月子」と言い、この1ヶ月、産婦は非常に体を大切にしなければならない。ほとんど寝たきり、体を動かさず、冷やさず、ずっと温める。食べる物にも気をつける、という習慣が有る。

つまり、赤ちゃんに授乳する時以外は、何もするな、というのが鉄則。この「坐月子」をしっかり過ごすかどうかで、産後の健康(つまり、その後中年、老年、一生の健康)が決まる、と言われている。だからこそ、この1ヶ月は何もしない。

じゃ、その間、子育てや家事はどうするのか?もちろん、他の人がするわけで。最近では、最近の祖父母たちもそんなに坐月子の専門的知識を持っているわけじゃない、とか、坐月子の間、子育て家事をする時間が無いとかで、専門業者に委託する若者夫婦が増えている。

1ヶ月、赤ちゃんと産婦の面倒を見る仕事を外部の専門業者に委託すれば、1ヶ月100万円(日本円にして)だ。それでもいいらしい。最近、このサービスを利用する若い夫婦は増えている。信じられない話かもしれないけれど、都市部においては今では至って普通の話。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ