2012/5/28

日本人が好きな”頑張れ!”  独り言

日本人は、「頑張れ!」と言ったり、「頑張ります!」と言うことが多いと思う。私が思うに、日本人にとって、頑張る事は美徳なんだと思う。

そういう私も、頑張る事は好きだし、頑張っている人も好きだ。大抵は、頑張っていたら報われる事が多いとも思う。

ところが、最近世の中、ちょっと変わってきているのかな? みんな、そんなに頑張りたくないのかな? 頑張っても、そんなに報われないから? 頑張る事が美徳ではなくなってきていて、「そんなに頑張らなくていいよ」「気楽にいこうよ」・・・に変わってきているのかな? 頑張っている事を評価してあげる事はなくなってきたのかな?

もちろん、例えばビジネスの中では、いくら頑張っても結果がついてこなければ、その頑張りは無意味と判断される事が多いと思う。何でも数字につながらなければ意義が無い。そう評価される。

そのビジネスの世界が、普通の私たちの生活の中にも適用されつつあるのだろうか? 教育の現場でも、頑張ったり、必死になったりする事は避けられつつあるのだろうか?

時代はどういう方向に進もうとしているのか? でも、人々が本当に求めているもの、必要とするものって何なんだろうか? その方向と合っているのだろうか?

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ