2012/5/23

犬、鳥、虫の気持ち  子育て

今日長男が、近所の方からクワガタムシの幼虫を2つ頂いて帰ってきた。頂いたものを、また返すわけにはいかない。仕方無い、夜、教室へ行く前、急いでホームセンターへ行き、幼虫飼育用の土を買って来た。

うちの家にはインコも一匹飼っているが、長男が飼いたいと言って買ってきたもの。ところが、今世話をしているのは、私と私の父。

今度はクワガタの幼虫。誰が世話をするのだ。

昨日も、気が向いてインコに餌をやった長男だったが、餌のやり方が全然ダメ。何度教えてもうまくできない。食べる量は、大体1日で食べる量。栄養バランスを考え、5種類の餌を3カ所に分け、あるものは混ぜ、あるものは混ぜない。量と混ぜる割合がムチャクチャだ。

「あなたも、食事の時、3日分の食事を与えられて、3日間毎日同じものを食べなさい、と言われたら嫌でしょう?2日目、3日目、おいしくなくなった料理を食べる事はできないでしょう?嫌いな物ばかり出されたら食べないでしょう?

鳥も同じ。自分がされて嫌な事は、動物にもしてはいけない。」

と教えたばかり。そして今日はまた、虫の話だ。

「動物を飼うのは難しい。動物は話せない。だから、寒いとか暑いとか、お腹空いたとか、どう思っているか、分からない。まして、虫がどう感じているか、あなたには分からないでしょう?虫が暑いと思ってるか、寒いと思ってるか。だから、すぐに死なせてしまいやすい。」

それも一つの体験として飼ってあげるのはいいけれど、鳥や虫の世話をしながら、また長男に世話をさせたり、つまりは私がしなければならない長男のしつけがまた増えるという事。ああ・・・号泣です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ