2016/4/11

久米島旅行16  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますあるポイントに来るとボートを停めて、

「この下には、自然のもずくが有ります。」

と言うと、その下にもずくが生えている。

「ここでは、もずくの養殖をしています。」

と言うと、その下では、網にたくさんもずくが生えていて、養殖しているのが分かる。

「ここでは、ニモちゃん(正式名称ではない)たちがたくさんいます。他にも、色んな熱帯魚が生息しています。」

と言うと、その下には紫やらオレンジやらの、きれいな熱帯魚たちが・・・。そして、ニモちゃんたちもいて、大感激!

そして、もっと驚いたのは海亀がたくさんいたスポット。

「はい、この下では海亀がいますよ〜」

と言うと、そこではたくさんの海亀がスーイ、スーイと空中遊泳を楽しんでいる!きゃ〜!なんて素晴らしいの!

という感じで、運転手のおじさんは、寸分も狂わず、色んなスポットの上を運転していくのです。ああ、世の中の人々は、みんなそれぞれ、素晴らしい才能を持っていて、それが社会で生かされているのだなぁ〜、というのが実感された一時。(写真の海亀、分かりますか?)


0

2016/4/10

久米島旅行15  旅行

クリックすると元のサイズで表示します高速艇に乗って、久米島からはての浜を目指す。ああ〜、いい眺めだ〜!

この高速艇の運転手さんは、本当にすごい!海に道は無い。私達からしたら、なぁ〜んにも無い、ただ、だだっ広い海を、くねくねしながら運航されているだけのように思う・・・が!!!

しかし!!!

ちゃんと、道が有るように、ある所では90度に曲がったり、ある所では、ちゃんとスピードを落として走ったり、とにかく、寸分も狂わず、海の道を行っているのだ・・・

というのも、夏の時とは違って、この季節に乗せてもらうボートは、真ん中の床がガラス張り(か、アクリル張り?)になっていて、海底がよぉ〜く見えるのだ。


0

2016/4/9

久米島旅行14  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして、一番のお待ちかね、楽しみは何といっても、はての浜でのシュノーケリング。久米島では、ほぼ一年を通してずっと、シュノーケリングができると言う。

今回、3月末に長男と次男はシュノーケリングに挑戦!

夏とは違い、寒さ対策もかなりしなければならないようだ。実際のシュノーケリングでは、ウエットスーツを着なければならない。しかも、見せてもらうと、かなりぶ厚いものだ。

そして、海から上がった時に着る用の、長袖の服とズボンも大切だ。「とりあえず持って行っておこうか。」というくらいの気持ちで持って行っていたのが良かった!後から、持って行っておいて、本当に良かったと思った。


0

2016/4/8

久米島旅行13  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして、その買店で買ったアイスを頬張る三男。この三男が、つわもの!長男にも次男にも、食ってかかっていく怖い物知らず。

こんなに小さい三男を相手に、長男も次男も、時には手と足が出る喧嘩をする事も有る。ただ、もちろん二人共、この三男に対してだけは、絶対に手加減する。だから、大事には至らない。

ところが、長男と次男の喧嘩においては、長男は手加減(していると思うが、それでもかなり)無しだ。大人が仲介に入らなければ、次男は精神的にも(もちろん身体的にも)やられてしまう。

ああ〜、小さい子は無垢でいいな〜 罪が無い・・・


0

2016/4/7

久米島旅行12  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますさて、久米島での私達の日課に、ホテルの買店(「売店」ではなく、「買店」)に行く事がある。この買店は、狭いスペースながら、何でも置いてあって、そして定員さんたちも、とってもアットホームなお店だ。子供達は、第一回久米島旅行の時から、この買店が大のお気に入り。

そして私も、何か久米島でしか買えないような物が欲しいと、メールで注文して、送ってきてもらったりしている。とっても親切なお店。

お土産屋さんでもあり、コンビニ的な存在でも有り、本当に便利で、親切で、買いたい物がたくさん売っていて、素敵なお店。乾電池が切れた時も売っていたし、アイスやジュースも普通に有るし、そして久米島でしか買えない貴重な商品も品揃えが豊富!

写真は、レジのところにいるミニくめじい。


0

2016/4/6

久米島旅行11  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそしてお楽しみは、イーフビーチでの貝殻探し。朝食を食べるホテルのレストランにある紙コップを持って、拾っては紙コップに入れていく。できるだけきれいな貝殻を探す。

今回たくさん探したのは、巻き貝と宝貝。みんなそれぞれ自分のコップに入れていく。長男はいつも、次男と喧嘩。次男が見つけたきれいな貝も、全部自分のものにしたがる。それを自分のものにしなければ気が済まない。自分が見つけた貝殻は、絶対に弟にはやらない。

典型的なADHDかな〜。兄弟喧嘩はどこにでもあるけれど、長男な根底に、「自分の物は自分の物。人の物も自分の物。」という、欲しいものは絶対に手に入れなければ気が済まない、という精神発達症が有るため、その度合いが普通の人よりもかなり強い。

折角の素敵な浜辺での朝も、そんなやり取りで、台無しになってしまいそうなところ、何とか私がうまく仲介を入れて、何とかやり過ごす・・・。表面上次男には我慢させ、長男が見ていない所で、私が取ったきれいな貝殻を次男にあげたりする。次男はまた、「いいよ、これママのだから。」と私に返してくるのだけれど、ちゃんと次男に「いいの。これはあんたのにしとき。」と言って、長男に見られないように、こっそり次男のコップに入れる。

すると、また長男は、わざわざ次男のコップの中をチェックしに来たりする。「あれ?これ、ママのとちゃうん?」と言うが、「え?どれ?違うで。ママのはここにあるで。」と、うまく長男を騙し、事を荒立てないようにする。ああ〜、スリリングな朝だ。


0

2016/4/5

久米島旅行10  旅行

クリックすると元のサイズで表示します朝からビーチ、なんて贅沢なんだ。ホテルの前にある、このイーフビーチ。実は、第二次世界大戦中は、米軍がこのビーチに無血上陸したのだ。無血上陸したのも、ある日本人(久米島出身の男性)が、米軍に、「久米島には、丸腰の島民しかいない。」という事をかなり説得した上で、危険を顧みず、島民たちにも説得(安全だから、出てきてもいい)して、実現したのだと、ある本で読んだ。ある本とは、前沖縄県知事の大田氏の著書だ。最近出版された。私も知らなかったのだが、大田前知事は、久米島出身なんだそうだ。

そんな歴史を踏んできたこのイーフビーチ。今は平和だ・・・静かだ・・・。平和に感謝。


0

2016/4/4

久米島旅行9  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますこのホテルに来たら、絶対に会いたい「人」がいる(笑)。「くめじい」だ。

「くめじい」の経歴(?)は、色々あるみたいだが、見た目、どこかの船長のようだ。本当に生きているかのような「くめじい」、話しかけると、本当に何か答えてくれそうな「くめじい」。じっくり見てみると、木製のようだ。

とにかく、ここに来たら、絶対にくめじいと一緒に記念撮影だ。さぁ、ピース!


0

2016/4/3

久米島旅行8  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますホテルの裏庭がこんな感じ。ここで、パターゴルフのような、ゲートボールのような遊びができるようになっている。もちろん、私達もそれで遊んだのだけれど、遊ばなくても、ここに大の字になって寝転ぶだけでも、すっごく贅沢。ああ〜、このまま永遠に大空の下で寝転んでいるだけでいいなら、どんなに気持ちいいだろう〜 ああ、とにかく贅沢な時間だ〜

0

2016/4/2

久米島旅行7  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますパンダひつじってこんな顔。うわぁ〜、本当にパンダみたいじゃない〜!かわいい〜!

そして私たちは、滞在中は毎日ホテルの裏庭のパンダひつじ小屋に来て、毎日葉っぱをやりにきた。何も考えずに、ただひたすら葉っぱを食べているパンダひつじ。のどかだなぁ〜、癒されるなぁ〜


0

2016/4/1

久米島旅行6  旅行

クリックすると元のサイズで表示します書いている今はもう6月、また”久米島に行きたい病”を発病しかけなんですが・・・

さてさて、今回久米島に行って、行きたかった場所の中に、ホテルの裏庭がある。そこに、「パンダひつじ」が飼われている。昨年夏に行った時は、ホテルの裏に、こんなかわいいひつじちゃんがいるなんて、知らなかった。

また、後から知って、沖縄ではひつじや山羊が飼われているところが多いそうで。なんで、ひつじや山羊が多いのかな〜 また調べてみないと。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ