2016/4/26

久米島旅行31  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそしてホテルに戻り、やっぱりグランドゴルフをする。さぁ、もう翌日は大阪に帰らなければならない。

夜、シュノーケリングのインストラクターのお兄さんお一人をお誘いして、ホテルで一緒にBBQを食べた。それが、子供たちにとっては、とっても楽しい思い出になったようで、大喜び♪ 

子供たちは、どうしてここのインストラクターの方達をこんなに好きになるのだろう?と不思議に思うくらいで、今回ホテルに到着して、インストラクターの方達と再会した時にも、走ってジャンプして飛びつきにいったくらいだ。そんなお客さんもめずらしいんじゃないだろうか?(笑)

さぁ、今回の思い出を心に、また日々の生活を頑張るぞ!また、次ぎに久米島に行く日を目標に、それに向けて、日々乗り越えていこう!


0

2016/4/25

久米島旅行30  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますヤギさんがどのくらいかわいいかって、このくらいかわいい♪ これは子ヤギ。大きいのが2匹と子ヤギが2匹、大きいのはやっぱり角があって、近づくとちょっと怖い感じ(やっぱり、結構大きい)。子ヤギはかわいい、それで、餌(葉っぱ)をあげてみる。


最初はなかなか食べてくれなかったけど、ちょっと食べてくれたりした。それでも、慣れない人にはやっぱり、あまり近づかなくて、いつも世話をしてくれている人には、よく近づいて、餌の葉っぱもその人からもらって食べていた。

ここでもかなりの時間を過ごした。楽しいぃ〜♪


0

2016/4/24

久米島旅行29  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして、このパン屋の前に広がるのが、久米島の原生林。この原生林の前に、少し広場が広がっている。ここに、なんと、ヤギさんたちがいるの〜!かわいい〜!

沖縄では、ヤギがよく飼われているらしく、山羊肉のスープなども食べられるらしいが・・・それはまだ、口にしたことはないのだけれど。なんとも、本当にハイジの世界のようだと・・・。ここにヤギさんたちまでいるなんて〜♪


0

2016/4/23

久米島旅行28  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますこの小さな小屋の中に、どんなパンが売られていたのか。それは、天然酵母で手間暇を掛けてつくられたパンたち。週にたったの2回、午後の3,4時間くらいしか販売されないパンだ。

ああ〜、このパンを買い求めて、ここまで来たのよ〜!という感じで、早速あれこれ買い求め、もちろん、この「ハイジのパン」も購入。きっと、ハイジのおじいさんは、こんなパンに、あのおいしそうなチーズをのせて食べていたんだろうなぁ〜、と想像を膨らませ・・・



0

2016/4/22

久米島旅行27  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして次ぎに行ったのが、「ハイジのパン屋さん」こと「麦心」というパン屋さん。すっごい山の中にあって、地図をたどっていくのだけれど、なかなかたどり着かない。もちろん、誘導看板も無い(涙)

もう諦めかけた時に、こっちにも道が続いているなぁ〜、この先道は続くんだろうか・・・?と思えるような道を上がっていくと・・・

そこに広がっていたのが、この風景。おお〜!こんな所に小さな小屋が!ネットで探していたお店だ。


0

2016/4/21

久米島旅行26  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますここが案外楽しかったのだけれど、道の途中にポツンと有る、パイナップルジュースのお店。パイナップルをそのままジュースに、ジューサーで作ってくれて、一杯300円。これが、なんとなんとおいしい事!むちゃくちゃ美味しかった!

そして、そのお店の裏に、お庭があって、そこで無料で沖縄民族衣装を貸してもらって、勝手に撮影オーケーというサービス付♪♪♪

私と次男だけが、着替えて撮影大会。楽しいぃ〜(*^o^*)

とにかくおいしいパイナップルジュース、次男は「絶対もう一回行く!(もう一回飲みたい)」と言っている。


0

2016/4/20

久米島旅行25  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますここは久米島観光スポット、ミーフガーという女岩。とにかく何も無い。ただ、岩が有るだけ・・・。

近くまで行くと、岩の下に海水が流れ込んできているのだけれど、その辺りにゴミが散乱している。もちろん、このゴミは、観光客がばらまいたものでも、島民がばらまいたものでもない。海水が運んでくるのだ。

久米島の皆さんは、こうした観光スポットを、定期的にゴミ掃除されている。本当に、過酷な自然環境(すごい坂道を上がったり下がったり・・・など)にもめげず、毎回毎回、ゴミ掃除は本当に大変な事だろうと思う。

例えば、大阪の淀川、大和川にペットボトルを捨てる人たちがたくさんいる。そういうゴミが、流れに流れ、久米島のような美しい自然の島に流れついてしまうのだ。ああ、本当に悲しい現実だ。


0

2016/4/19

久米島旅行24  旅行

久米島 アイランドエキスパートの皆さん
シュノーケリング インストラクターの皆さん、デスクの方

クリックすると元のサイズで表示しますいつもお世話になっているシュノーケリング会社の皆さん、ホテルのフロントにデスクがある。息子たちは、自分たちが遊びに来ているのと同じ感覚で、この皆さんもここにいるのだと大きな勘違いをしていて、暇が有ればすぐ、このデスクに遊びに邪魔しに行っている。それでも、嫌がらずに、いつも相手にして下さる皆さん、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

とにかく皆さん親切で、優しくて、暖かくて。忙しくお仕事されているのに、ちゃぁ〜んとうるさい息子たちの相手をして下さる。他のお客さんたちを見ていても、こんなにしつこく(汗)まとわりつく子供達も他にはいないだろう、と思う。

昨年夏、初めてシュノーケリングを教えて頂いて、帰阪後、子供たちが手紙を書いたり、私もメールをしたりして挨拶すると、忙しい中でもお返事を下さった。もちろん、それが、彼らの仕事なんだけれど、でもハートがあるよね。ビジネスライクじゃないところに、子供達も敏感に感じて、こうして親しくさせてもらっているんだと思う。とりあえず、この日の朝、イーフビーチの散歩から戻って、デスクにいらっしゃった皆さんと記念撮影。


0

2016/4/18

久米島旅行23  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますある偉い人が、本を書いていたか、私がネットで読んだか忘れたが、とにかく現代の情報社会は、あまりに情報量が多過ぎ、それが人々を狂わせている・・・といった分析をされていた。

先日、鍼灸院に行ったら先生が、今の情報社会は、昔、平安時代に比べると、その情報量が100倍だ、とおっしゃった。私は、1万倍はあるのではないかと思う。平安時代・・・電気の無い時代。手紙しか無い時代。テレビもネットも電話も無い。

人間狂っても、それが自然の摂理かも・・・とさえ思える。何もしなくても、どんどん(情報や刺激、物などを)与えられる時代。与えられ過ぎて、自分で取捨選択していかなければならない。取捨選択がうまく働かないと、もちろん消化不良を起こす。

・・・これだ・・・この景色。ただじっと、この景色を眺めている10分の余裕さえ、普段の私には無い。だから、毎日毎日、運転しながら、沖縄の歌をかけて、この景色を脳裏に描く。早く、久米島に行きたい・・・と。


0

2016/4/17

久米島旅行22  子育て

クリックすると元のサイズで表示しますそして翌朝、イーフビーチに・・・。毎朝眺めるこの海から登る太陽。毎朝、海辺で太陽を眺める時間なんて、普段大阪で持てるだろうか?

じゃ、久米島で暮らしたら、そんな時間は持てるのか・・・。

いや、私は持てると思う。大阪という土地・・・久米島という土地・・・確かに時間の流れが違うのだ。久米島の人は、誰も大阪の人たちのように、あくせくしていない。一分一秒争うような生活をしていない・・・ように私には感じられる。

人々は、それなりに忙しい日々を送っているとは思うけれど、私が大阪で暮らしているような、あの、数分たりとも無駄にはできない!という、時間に縛られ、時間に追われ、時間に束縛され、1分1秒たりとも!!という時間に対する危機感、切迫感などは持たれていないように思う。

琵琶湖に行った時にも感じた。琵琶湖畔をジョギングする人たち、犬の散歩をする人たち、ベンチでじっと夕陽を見つめる人たち。そんな人たちが、私の近所にいるだろうか・・・。


0

2016/4/16

久米島旅行21  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますさて、それだけ公園で遊んでも、まだ疲れない3人。ホテルに戻って、夕方、またギリギリ利用可能な時間まで、このグリーンの上でボール遊びをしていた。そして・・・もちろん、それでも疲れない。ああ、すごいエネルギーだ。

0

2016/4/15

久米島旅行20  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますシュノーケリングは、まだ寒い季節なので、半日で終了。さて、その後、午後から何をするか?夏だったら、ホテルのプールに入ったりもできるが。

ホテルのプールも、4月1日〜利用可能だったらしいが、私達が行ったのは、3月28日〜31日。タッチの差で、ホテルのプールでも泳げない。ああ〜、どうしようか・・・

と考えて、ホテルの人に聞いて行ったのが、ある小高い山の上にある「だるま公園」。そこで、思いっきり2時間は遊んだ3人。大きな長い滑り台も有り、まぁ、3人が何度も何度もその滑り台で遊んでくれた・・・が、全然疲れを知らない3人。一体、何をしたら疲れてくれるんだろう〜???


0

2016/4/14

久米島旅行19  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますこの時期のシュノーケリング、何が大変って、寒さ対策。ボディスーツを着るんだけれど、それでも、陸に上がったら、かなり寒いようだ。

インストラクターの方達は、お湯をたっぷり準備してくれていて、自分たちも寒いのに、自分たちはそのお湯を使わず、全部客にお湯を使わせてくれ、息子たちも、その暖かいお湯を、ボディスーツの中に流し入れていた。

それで少しぬくもったら、すぐ、体を拭いて、長袖の服、長ズボンに履き替える。すると、体もぬくぬく♪

インストラクターの人たちは、すごく過酷な仕事をされているなぁと思う。子供たちが、あんなにぶるぶる震えるくらい、寒がっていたのに、自分たちは、まったくお湯を使わず・・・。慣れているといえども、やはり、どんなにスポーツマン、スポーツウーマンでも、きっと寒いはず!特に、女性に冷えは大敵!それなのに・・・。ああ、すごいなぁ〜、すごい人たちもいるもんだ・・・と本当に感心と尊敬と、とにかくすごいな〜の気持ちでいっぱいに・・・。


0

2016/4/13

久米島旅行18  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますこの季節に海に入って、こんなに楽しめるなんて、本当にここは楽園のよう。

ただ、砂があって水がある。それだけでこんなに楽しいって何だろう?美しい自然って本当にすごい。自然の前に、人間は誰もが平等だし、誰もが同じだし、老若男女の区別もなく、ただ、生命がそこに存在するだけ。そういう意味で、誰もが同じように、単なる生命として存在してるんだなぁ〜っていう感じ。

それが、何か「癒される」とかいう言葉で表現されているのかもしれないな・・・


0

2016/4/12

久米島旅行17  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますさて、はての浜の上陸したら、長男と次男はシュノーケリングの方へ、私と三男は浜辺でお魚さんと遊んだり、貝殻を拾ったり、自由に遊んでいた。

この時期にお魚さんなんているのかなぁ〜、と思っていたら!なんと、集まってくる、集まってくる!たくさん小魚が集まってきてびっくり!

お魚さんのえさ用のパンを、1つしか持ってきていなかったので、あっという間になくなってしまい、あと2つくらいは買ってきておいたら良かった〜、とちょっと後悔。それでも、次男と私は、お魚さんにえさをあげて、かなり楽しむことができた。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ