2015/10/27

幸せを運ぶバス  子育て

三男、今日でちょうど2歳3ヶ月。ムチャクチャかわいい時期。色んな言葉が話せるようになってきている。

アンパンマン→ンパンマン
(トーマスシリーズの名前:ちなみに「トーマス」は言えない)
ヘンリー → ウンリー
パーシー → パーチー

みかん → んかん
バス → バチュー
お茶ほしい → んちゃんしー
ごはん → ごうん

など、聞いているだけでおもしろい。中でも得意でしょっちゅう喋るのは、

いっちょやなー(一緒やな〜)
あかん
ちゃうちゃう(違う、違う)

そんな三男と、今日は一緒にバスに乗った。バスが大好きで、毎朝保育園に行くまでの車内で、バスとすれ違うと、「バチュー!バチュー!」と叫んでいる。先週土日、三男とまったく一緒にいられなかったので(土曜仕事、日曜お茶当番)、今日はお休みを取って、一日三男と一緒にいる事にした。

朝9時過ぎ、自宅から徒歩30秒のバス停でバスを待つこと十数分。そこで座って、三男と色々お話をしていた。うちは住宅街なので、バス停はあるお宅のすぐ裏側になっていて、そのお宅のお庭から、声を掛けられた。

「豆乳は飲む?すごくかわいらしい声が聞こえたので。」

と言って、50代くらいの女性が2パックの豆乳ジュースを下さった。

「おでかけするのに、飲み物が無いと、喉が渇くでしょう?どうぞ。」

と言って下さり、私もお礼を言って頂いた。三男もそのパックをすぐに飲みたがり、バスを待っている間、その豆乳ジュースを頂いた。そのうちにバスがやってきて乗り込んだ。乗客は少なかった。

バスに乗った三男はとても嬉しそう。耳元で、「今、何に乗っているの?」と聞くと、「バチュ!」と即座に答える三男。しばらく行くと、何台かのバスとすれ違った。すれ違う度に、

「いっちょやなー!いっちょやなー!」

と大きな声で叫ぶ三男(笑)。静かな車内で三男の声が響いた。自分が今乗車しているバスと、すれ違ったバスが同じだという事で、興奮気味に叫ぶのだ。その声を聞いて、乗客の女性の何人かが、こちらを向いて笑顔で三男をみつめていた。

最寄り駅に到着し、下車。次ぎに戻るバスの時間を見ると、あと20分後くらいに出発だった。少しぶらりとできるかと思い、駅の方まで歩いて行った。

実は今日、次男は遠足で、学校からバスに乗り、駅から電車に乗る事になっていた。駅の方まで歩いて行った時、同じ学校の先生と2,3人の生徒が見えた。もしかしたら!・・・と思い、三男と一緒に改札口の方に行くと、そこに切符を買っている次男が見えた。

三男は必死で次男の名前を呼び、次男と会えると、今度は長男の名前を呼び続けた。なぜここに長男がいないのか、という感じで(笑)。そこで、次男と三男の写真をパシャリと撮り、三男と共に次男を見送った。

そしてまた、バスに乗って帰宅。帰るバスの中でも、乗客の何人かから笑顔を送られる三男。そして帰宅するなり、

「じぃーじぃー(おじいちゃん)!バチュイッタヨー!」

と叫び、今日は一日中「バチュ!バチュ!」と言って満足そうだった。

普段乗らないバス。こうして子どもと一緒に乗るだけで、とても幸せな気分になるなんて不思議。本来、移動手段の交通機関でしかないものなんだけれど、ただ単に、乗車するだけをこんなに楽しめたのは初めてかもしれない。三男にありがとう、だな。
0

2015/10/26

それでも毎日思い出す  独り言

大抵は運転している時、久米島の事をやはり思い出す。

久米島だったら、こんな渋滞無いよな〜
久米島だったら、こんなのろのろ運転の車、結構いるだろうなぁ〜
久米島だったら、こんなに運転でイライラする事ないだろうなぁ〜

・・・とか思っていたら、

やっぱり久米島に行ったら、鍼灸院(今、長男が通院、私も時々お世話になる)は無いだろうしなぁ〜

やっぱり久米島に行ったら、こんな激安ショップは無いだろうしなぁ〜、大型書店も無いしなぁ〜

大抵、見ていたら、若い人が短期的に(2,3年とかのスパンで)仕事をしにきているのが多くて、所帯を持った人たちが移住しているというのはあまり無いみたいだしなぁ〜

・・・と思ったかと思えば、

久米島で生活していたら、やっぱりこんなに忙しいんだろうか?・・・と、1日のタイムスケジュールを考えてみる。シミュレーションしてみる。

今日、またネットで久米島で宿泊したホテル近辺の写真を見て、すごぉ〜く懐かしい気持ちになって、涙が出そうになった。来年の夏(久米島に行く予定、強い希望)まで待ちきれない気持ち。
0

2015/10/25

それから携帯電話  独り言

ご存じの方も多いと思うのだけれど、私は知らなかった。携帯電話、機種変更すると、月々の費用が必ず3,000円程度は高くなる制度になっているらしい。この、月々の費用を同じくらいに抑えるか、それより安くする為には(同じ使用条件で)、他社に乗り換えするしかないそうだ。

他社に乗り換えすれば、キャンペーンや色んな割引きが適用され、月々の支払い金額が安くなる、という見積り。だから時々、色んな人からの「メールアドレスが変更されました」という一斉メール(BCCメール)が送られてくるのだな、とやっと分かった。

ああ〜、4回目にしても、まだ機種変更できず、今度は携帯会社変更手続きにまた、色んな書類を持って出向かなければならない。本当に大変だ・・・。
0

2015/10/24

携帯電話  独り言

携帯電話、最近携帯電話で何でもできるから便利は便利。生活も仕事もかなり便利になった・・・

・・・という事は、そういう機械に頼った生活をしていると、それが無くなった時、大変困る、という事。

私もiPhoneに換えてから既に2年半・・・もう機械そのものが寿命にきたっていう状態。早く交換しないと、容量オーバーで何もできなくなりそう!(私はデータをいつも携帯に入れておきたいタイプなので)

というので、機種変更をしようと思うのだけれど、これがかなり面倒くさい。家族割引にする為、夫名義にしていると、何をするにも、夫と一緒に来店するか、夫の委任状と免許証が必要。

とにかく土日は私も時間が無いので、平日に携帯代理店に行ってみるんだけれど。

1回目:委任状を取りに行く
2回目:待ち時間長すぎて、諦めて帰る
    (結局後から通知メールで2時間待ちだったと判明)
3回目:開店時間に行ってみるものの、
    契約内容の関係で、父の委任状も必要と判明

これが今週の状態。来週はまた、父の委任状を持って代理店に行くつもりだけれど、すぐに変更機種を持って帰れるかどうかも、まだ分からないという状態。

携帯、本当に面倒くさい!
0

2015/10/23

一人でお茶  独り言

私は一人でよくお茶をする。喫茶店に入るのが好き。たった10分でもいいから入る。疲れてくると、喫茶店に行く頻度が増える。

だってね〜、家で誰が私にお茶を入れてくれる?家で誰が私にお菓子差し出してくれる?喫茶店に行けば、そういう事は、お金出さないとやってくれないのよ。

昨晩、次男を本気で激しく叱ってしまった。寝る前、「電気消して。」と頼んだ時、「なんで俺が消さなあかんねん。」と言った事に対し、激しく叱った。いやぁ〜、腹が立ったね〜!

なんで私がご飯作らなあかんねん!
なんで私が掃除せなあかんねん!
なんで私が皿洗いせなあかんねん!
なんで私が部屋片付けなあかんねん!
なんで私がゴミ捨てなあかんねん!

いや〜、言い出したらキリ無いでしょ。次男に言ってしまった。「ママ、毎日そんな事言いながらやってる?」って・・・。いや、私、心のどこかで言ってるのかもよ。。。

だぁ〜れも助けてくれないこの家事。昨晩でも食後の片付けから子ども達を寝かせるまでの家事に2時間掛かり・・・。ヘトヘトだよ〜

そんな私が、喫茶店で数百円でお茶とクッキー食べて、たったの10分でもほっとしていいじゃない? 息子たちが、もう少し家事を手伝えるように、育てる必要有りだな。(え?夫?そんなアテにして生活してられません。)
0

2015/10/22

どんな喫茶店が好き?  独り言

私のストレス解消の1つに、喫茶店に行く事が有るのだけれど、大抵行く喫茶店は決まってくる。自分でもあまり意識していなかったけれど、結局行くのが多くなる喫茶店というのには、共通点が有る。

・ある程度大きなところ
 (個人経営の小さな喫茶店はあまり行かない)
・人が多いところ
 (静か過ぎず、うるさ過ぎず)
・紅茶がおいしいところ
 (私は珈琲は飲まない)
・禁煙のところ
 (珈琲○のように隣の席で喫煙される
  喫茶店は×)

人が多いところを選ぶのは、自分の存在が掻き消される感じがして、居心地が良くなるから。反対に、人が少なくて静かなところは、自分の存在が浮き立つ感じがして、居心地が悪くなる。

飲んで食べるだけで、ちょっとでもストレス解消できる私はまだ幸せだな。
0

2015/10/21

最近よく見かける光景  独り言

この間、喫茶店にいた時、ある老人ホームの車が喫茶店の前に車をつけ、車から車椅子の方2名と、その付き添いの方が数名降りてこられ、入店されていた。

また、商業施設でも、老人ホームの車が駐車場に入られ、数人の方と付き添いの方達が入店されようとしているのを見た。

こういうの、いいなぁ、と思う。老人ホームでは、色んな方がいらっしゃると思うけれど、比較的元気な方が、ちょっとした条件で阻まれ、行きたい所に行けない、というのはとても辛い事だと思う。

でも、元気だった頃のように、喫茶店に行ったり、商業施設で買い物を楽しんだりできるっていうのは、本当に嬉しい事だと思う。付き添いの方々は、こうして複数の方達を外出させてあげるのに、かなり骨を折られる事だと思う。それにも関わらず、外出させてあげているというのは、簡単な事ではないと思う。こういう事をしてくれる老人ホームは、本当に親切でいいなぁ、と思う。
0

2015/10/20

添加物の怖さ  独り言

最近、スーパーの100円おにぎりを昼食に食べる事が多かった。すると、最近急に太りだしてしまい、今までこんな太り方した事ないのになぁ〜、おかしいなぁ〜と思っていた。

実は、スーパーやコンビニのおにぎりの中には、大量の添加物が含まれている・・・と分かっていて食べていたのだけれど、1回や2回くらい、大丈夫だろう・・・と思い食べていた。

すると、次ぎにまた食べたくなるのだ。ある種の中毒症状だ。そして、それを食べたいと思うと、今度はまた、ジュースやおかき等も食べたくなって、買わずにはいられなくなるのだ。

自分の身体が太りだしたのを認識し、それらを辞めると、4,5日でまた、すっと身体が戻り始めた。怖いなぁ〜、と思った。最近は、特に添加物の種類や量が増えているので、そういうものは、極力体内に入れないように気をつけなければならない。

ちなみに、イギリスで認可されている添加物は、たったの14種類(ある説明では16種類)、アメリカでは140種類ほど。日本は、1000〜1500種類(分類の分け方による)だそうだ。・・・怖い。
0

2015/10/17

言葉の退化  教室

うちの教室には、幼児や小学生も通ってくれている。そういう子ども達で、習った言語(中国語や英語)が退化していく(つまり、上達しにくい)子がいる。それは、どういう子かというと・・・。

幼児教育によって、もしくは、幼児期の生活環境によって、そのお子さんの語学環境が非常に恵まれていた、という場合。つまり、英語や中国語で生活していた、もしくは、日々の生活の中に英語や中国語の語学環境がかなり整えられていた、という場合、彼ら彼女らは、母国語と同じレベルでコミュニケーションが取れるレベルになる。

ところが、この日本に住んでいる限り、その語学環境を保持続ける事は非常に困難。小学1年生になれば、普通の小学校に通うので(私学も含む)、ぱったりとその語学環境が無くなってしまう。その時、できる限り、その語学環境を維持したいものだけれど、現状は語学教室に通う程度にしか維持はできない(その言語で生活したり、教育を受けたり・・・というのは事実上不可能)。

毎日、その語学環境を与えられていたお子さんが、突然週1回1時間しか、その言語に触れられなくなったとしたら、それはやはり退化していく。例えば、毎日ピアノを1時間練習していた子が、週1回、レッスンの日だけピアノに触るようになったとしたらどうだろう?それと同じ事が言える。

保護者の方が、ご自宅でも、その学習言語で子どもに語りかけてあげる、という努力をすれば、かなり違ってくるのだろうけれど。

例えば、まったく習った事が無いお子さんが、週1回1時間レッスンに来る。これは伸びていく。退化する事はなく、新しい事を吸収して、上達していく。ところが、既に頂点から始まる子というのは、現状維持がまず基本で、そこから年齢に合わせ、どう発展させていってあげるか、という難しい指導内容になる。

日本という国は本当に難しい。語学環境が整っていない為に、折角学んだ言葉も、普段の生活の中ではなかなか使えないから。世界でも特殊なこの言語環境、もう少し、社会的に外国語が普通に通用する状況になってほしいものだ。
0

2015/10/16

忘れられない上司の教え  独り言

蘇州勤務時代、あるお得意様の社長と部長さんの接待に、当時勤務していた会社の日本本社の取締役も日本から出張に来られ、蘇州市内の料亭で接待した事があった。

私は現地採用日本人社員として、その日、電車で蘇州入りされるお客様(つまり社長と部長さん)を蘇州駅までお迎えに行き、お二人をタクシーに乗せて、お店までお連れするという任務を任された。

その日はあいにくの雨、雨というだけでもタクシーを捕まえるのは大変なのに、しかも蘇州駅でタクシーに乗らなければならない。私は、中国人も顔負けというすごい勢いで、順番もある程度抜かしながら、何とかVIPのお客様をタクシーに乗せ、料亭まで行くことができた(もちろん、そのお客様たちは私のすごい勢いに驚かれていたが・・・いや、そのくらいしなければ、いつになればタクシーに乗れるかなんて分からない状態だったので)。

そして、料亭に到着してすぐ、タクシーから降りるなり、私はその部長さんだけに聞こえるよう、その時問題となっていた納期について、納期調整が困難という旨を伝えた。それを横で聞いていた本社取締役の方が、接待終了後、私に指導して下さった。

「君は、ずっと納期の問題を抱えていて、苦しい思いをし、それをお客さんに伝える事で、ほっとした、満足したかもしれない。でも、お客さんは、さぁ、これから楽しもう、という接待の直前に、そんな仕事の話しを聞かされてどう思うだろう?話しをするのにも、タイミングというものがある。別に、今すぐ話さなければならない問題ではないのだから、接待の後や、明日に言っても良かったのではないだろうか?」

私は未だに、その時のことをすごくよく覚えている。その以前、「悪い事が起きれば、何でもできるだけ早く報告、知らせるようにする事」と指導を受けていた。私はその指導を守り、何でも早く物事を解決しなければ、とばかり考えていた。ところが、相手の気持ちを考えてまで、仕事を進める事をしたことがなかった。

この時の取締役の方の言葉は、未だにずっと心に残っている。仕事に関わらず、子どもに対しても、何か言いたい、話したい・・・と思った時、いつもまず、自分に問いかけてみる。

「その事は、今言ってもいいタイミングだろうか?どのタイミングで言うのが一番いいだろうか?」・・・と。

当たり前の事なんだけれど、でも、やはりこれができない人というのもいて、もちろん私も時にはそういう言動になる事も有りうるので、こういう事がきっちりできる、空気を読める人でありたい、といつも思う(それがなかなか難しいのだけれど)。
0

2015/10/15

楽しい仕事  独り言

語学教室、という仕事、もちろん自分が築いてきたものだけれど、今こうして、この教室運営をさせてもらっている事に感謝している。

もちろん、自分が好きで始めた仕事、自分が使命感を感じて始めた仕事。でも、今ここに来て、やはりこうして続けてこられた事に感謝したい。子ども3人を育てながら、正直、正規社員で会社勤務というのは、私には到底できない。家事、子育てをしながら、9時ー5時の仕事など、到底できないと思う。

でも、教室という自営業だからこそ、家事、子育ても何とかこなせているわけだし、そして何より、語学が自分が好きな事。教室に来れば、いつも中国人講師や、英語の外国人講師たちがいて、中国語で喋ったり、英語で喋ったり。教室の中では、いつも普通に外国語が響いている状態。

私はいつも、その中にいて、私にとって、周囲で中国語や英語が話されている、という状態は日常の平凡な状態。彼らが私に、中国語や英語で話しかけてくる事も平凡な事。

でも、実はそういう状態というのは、巷にはまったく無い事。どこかの外国人バーなどに行かない限り、普通では、そういう状態は日本ではほとんど無いと思う。語学が好きな私にとって、そういう現場で働かせてもらえてる、というのも、本当に有り難い事。

周囲の人たちに助けられて今が有る、という事と、この今を与えてもらっている事を有り難いと思い、感謝の気持ちで仕事をしている。
0

2015/10/14

鍼灸院通院中  子育て

週に1,2回は通っている鍼灸院。

まず私。私は月1回くらいかな。偏頭痛は、1回の施術でそれ以来、偏頭痛無し。無しというと、少し語弊があるかもしれないが、以前は偏頭痛が来ると、もう起き上がってこれない状態で、ひどい痛みと吐き気で、薬は常時持ち歩いていた状態。それが、最近では少し頭痛がきても、1時間以内にはすぅーっと引いていくようになった。

それから、不眠についても。あまりにひどい精神的ストレスが続くと、眠剤に頼らなければ眠れなくなる私。それも、1回の施術で、快眠できる状態になる(しかも快眠よ、快眠!)。

そんな感じで、ちょっと身体に不調が現われた場合には、すぐにいつもの鍼灸院にお世話になるようにしている。そうする事で、薬を飲まず、身体を回復させる事ができるから。

長男。先月、筋断裂というふくらはぎの怪我で、ずっと治療に通っている。スポーツ整体師の免許もお持ちの先生なので、保険もOK、すごくよく見て下さる。

次男も、疲れやすい体質で、疲れてくると視力が落ちてくる。それが彼の体調バロメーターでもあるのだけれど。先週は、また1回の施術で視力は戻り、また今日は、体調不良(微熱、めまい、肺に重苦しさを感じる)で、治療してもらった。症状を聞く限り、風邪ではないと思い、電話してみると、今日はお休み、でも緊急にという事で、わざわざ私達の為だけに院を開けて下さり、治療して下さった。

私も子ども達もお世話になっている鍼灸院、本当に感謝、感謝・・・。東洋医学は、本当に無くてはならない存在だと感じるこの頃。
0

2015/10/13

行き着くは孔子か  独り言

最近、何でもネガティブに考えてしまい、どうもいけない。だた、ポジティブに生きる、と言っても、それじゃまるで、本当の自分の声を無視しているか、騙しているか、そんな気分にさえなってくる。

自分の心の中の声を聞いて、尚且つ、どうにか前向きに、ポジティブに生活に向き合う、家族と向き合う事ができないだろうか?

・・・と思い、好奇心程度に、今流行の松岡修造さんの本を買ってみた。子どもが欲しがるので、日めくりカレンダー(31日分のカレンダー)も買ってみた。

なるほど、世界トップクラスにまで上がっていく選手たち、何が人と違うって、その精神面の鍛え方、コントロール方法など、精神的健康さ、強靭さが必要というわけだ。それも、ただ普通にしていたらダメなわけで、精神面でも鍛え方、というのが有るのだ。

ああいうアスリート達は、技術を鍛えるだけではなく、精神面でもこのようなトレーニングを積むのだな、という事がよく分かった。

ただ、万人がその手段を受け入れられるか、というと、そうではないわけで。もちろん、参考にはできるし、そのいくつかは、自分に取り入れてみてもいいのかもしれない。でも、最終的に人として万人に通じる事・・・というと、それは非常に難しい。

そういう時、やはり人はみな、孔子に行き着くんじゃないだろうか?多くの著名人たちも、いつかのタイミングで孔子を学ばれているようで、やはり、誰もがそこに行き着くのではないか、と思うのだ。

私もそろそろ、そんなタイミングなのかもしれない。勉強、勉強。
0

2015/10/11

大阪第一位  独り言

夜7時のニュース。年々増加する件数、今年は最多、13万件を超える件数。その中でも、47都道府県の中で、1万件を超える数で大阪がトップ。

児童虐待の件数。全国件数の約10分の1が大阪だよ・・・。怖い・・・。

こういう社会は、我が子に対してさえ虐待の多い社会、他人の子に対する他の保護者の態度もきつくなって当然だろうな、と思う。

誰でも我が子が一番、我が子の為・・・の言動だと思うけれど、我が子さえ良ければいい・・・というのが多過ぎはしないだろうか?

ま、私が一人でここで、何をつぶやいたからといって、この社会は変わらないんだけれど。貧富の差や治安の悪さ、こういった社会的問題が、子ども達の暮らす環境を厳しくしている。大阪は、そういった意味で、子どもが健全に過ごすのが難しい地域的環境にある、と言えるのではないかな・・・と、ニュースを見ていて思った。
0

2015/10/10

今やそれが標準  独り言

一昔前(一昔と言えるほど前かどうか、数年前といった方がいいか)、「モンスターペアレンツ」という言葉が流行った。社会的流行語になるほどの、まーいえば、突然現われたような現象だったわけだけれど。

でも、最近は、それも言われなくなった。つまり、そういう存在がひとつの標準となってきて、それに合わせ、学校も社会も対応しなければならなくなってきたのが現状。

色んな製品、食品にも、消費者が当然として気をつけなければならない事が、わざわざ「気をつけて下さい。」と書かれてある。それが当然の世の中。

戦争が無い平和なこの時代、人々は何か争い事を求めるかのように、何か文句を言う対象を探しているのか。とにかく、理解し合えない人々が、相手と通じ合う事ができずに、腹を立てている。

人は、人の悪いところだけを言いまわり、なかなか人のいいところを人に伝えない。「あの人はこんな人よ、注意して。」と、自分に災いが降りかかるのを恐れ、先に人を悪く言っておく。

昔からこーだったの?日本って・・・。理解し合えない人が増えているように思う。私は、あまりにも無防備過ぎるのか?もしくは、私も自分の考えに固執し過ぎているのだろうか?そういう現代社会になかなか馴染めず、どうしたらいいか分からなくなる時が有る。難しい社会だと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ