2015/5/31

長男小学校最後の運動会  子育て

クリックすると元のサイズで表示します今日の運動会、長男にとっては小学校最後の運動会。赤組応援団長を務め、とてもいい思い出になった。次男も選抜リレー選手として頑張り、チームは一位になった。競技も演技もとても力強く、先生方もこの短期間によく児童たちをここまで指導して下さったと感謝の気持ちに堪えない。
クリックすると元のサイズで表示します特に、6年生の最後の組立体操では、全員が息のあった演技、心を一つにした演技、「All as One」のスローガンの通り、素晴らしい演技だった。最後は感動して私もホロリ・・・ 長男の小学校最後の運動会、とてもいい思い出になった。



0

2015/5/30

憧れか、生きる糧か  教室

教室で英会話クラスを開いていて、よく感じるのは、日本人が海外(特に西洋文化)への憧れが強いという事。

私だって、ヨーロッパの風景を見たり、ヨーロッパ音楽(つまりクラッシックなど)を聞いて、気持ちがリラックスしたりするので、そういう西洋文化に触れる事の楽しみは自分自身にも有る。

では、日本の多くの人が英会話を学びたい、子どもにも英会話を学ばせたい、と考えているけれど、それは一体どういう気持ちが原点になっているのだろうか?・・・と考えてみる。

教室では、毎月月報を出していて、今年になって、ある生徒さんで世界一周旅行から帰られた方の世界一周旅行記をずっとシリーズで掲載している。その方が書かれていた。(以下抜粋)

「私達日本人と違うのは、彼らは『言葉は生活の糧』であると思っていることでした。趣味で語学勉強をしている私は・・・と考えさせられました。逆に考えると、日本は平和なのですね。」

とある。つまり、英語は生死に関わるくらい生活に必要な物である、という事だ。単なる憧れの学習とは違って当然かもしれない。この方は、この世界一周旅行でひしひしとそれを感じられたのだろうな、と思って旅行記を拝読させて頂いた。
1

2015/5/29

うちの中国人講師たち  教室

教室を開いて10年が過ぎた。この10年間、多くの中国人留学生たちに講師をしてきてもらったのだけれど、彼女たちと交流していて、いつも感じるのは、彼女たちの「学業に対する姿勢」と「教授に対する尊敬、敬意の心」が日本人(少なくとも私自身)とはまったく別世界、異次元というくらいに異なる・・・という事。

私は大学院には行っていないので、大学院の論文がどれだけ大変か、ということは理解できない。大学院生と教授との関係が、どんなものであるかも理解できない。

でも、少なくとも私が学生だった時に、如何なる先生からも命令的な指示はされた事は無い。課題は与えられ、指導は受けても、それが命令的であったり、強制的であったりした事は無い。私にとっての”先生”は、良き指導者、良き理解者。”指導者”という事は”導く人”という事、教え、生徒を導く人だと思う。

でも、今の日本人学生でも大抵はそうだと思うけれど、自分の先生の言う事が”絶対的”だとは思っていない。その辺り、日本では西洋的思想、文化が入っているのだと思うけれど、基本的に学生は”自由”、選択の自由が有り、言い換えれば、自らの言動に責任を持つ、という事だと思う。根底にそれが有るから、例えば、教授の言う通りにしなかったり、欠席が多いなどで単位を落としても、それは自分の責任という事になるし、それは最初から受け入れる覚悟で、学生の方はそういう姿勢(恐らく先生側から見れば”不真面目な姿勢”)でいたのだと思う。

勉強が好きでなければ院生には普通ならないと思うけれど、でも、例えば自分の人生の目標が別にできたとして、学業が疎かになってしまったとしても、それはその学生の自由だし、その学生自身の責任、という事になる。

でも、中国人講師たちを見ていたら、そういう事がまったく無い。もちろん、私の教室に来て講師をしてくれている人たちは、学生としても優秀な人たちだからなのだけれど。宿題は適当、授業の出席も適当・・・なんて事は絶対に有り得ないし、教授の一言一言に(私から言わせれば)絶対服従している。私がもし学生だったら、「そこまで教授の言いなりにはならないよな・・・」と感じる事もあるのだけれど、彼女たちは絶対に教授の言う通りに学業に励んでいる。

とにかく、その姿勢というのは、日本人的感覚には無いもので、私は頻繁に「こんな学生を持つ教授は幸せだよな〜」と思うのだ。
0

2015/5/28

私の机の上  子育て

私はきっと、元から片付けが下手なんだと思う。

私の部屋のデスクの上は、いつも書類でいっぱいに山積みされている。子どもの学校の書類、学校のテスト、ダイレクトメール等の書類、子どもの習い事関係の書類・・・。1週間に1度くらい、何とか片付けるのだけれど、それでも毎日どんどん書類は山積みされる。

どうしても、ペンディング事項の物や、提出物など、たくさんあって、すぐに片付けてしまうと、処理を忘れる為に、机の上に置いたままになってしまう。大抵は、頭の中に入っているのだけれど、たまに片付けて忘れていたりするものもある。

今、学校や習い事、ダイレクトメール等書類の量がかなりな現代、子育てママ達は、これらの書類をどうやって処理していっているのだろう?聞くと、どんどん捨てていっている、という方が多い。私もかなり捨てていっていると思うけれど、それでも間に合わない・・・。

今日また、少し片付けようと思うけれど、いつも1時間以上は掛かってしまうこの作業、どうにか改善したいと思う毎日。
0

2015/5/25

久々の仕事4  教室

今回通訳したのは、マレーシア華僑の旅行客。二家族で、両家族ともご主人は来られず、奥さん2人がそも子どもたちを連れてきていた。ご主人二人が兄弟、その家族、見ていて仲がいい。

華僑、つまり、チャイニーズなわけだけれど、チャイニーズの”ファミリー”を感じた1日だった。私の夫も中国人だから、”チャイニーズファミリー”というのは、その中にいて知っているけれど、また違った感じ。印象としては、

・仲が良い
・リーダーがいる
・子どもは親に反抗しない
・子どもは親に意見しない

つまり、今回彼らの中に一緒にいて、彼らの中には儒教思想が根付いている、という事をとても感じた。中国は、特に文革によって、儒教思想さえ破壊されてしまったので、現代の中国本土の”家族”というのは、彼ら華僑のそれとは、かなり違った形になっているのだと思う。本来の”チャイニーズ”達の家族のあり方っていうのは、こういう感じなんだろうな、というのをすごく感じた。
0

2015/5/24

久々の仕事3  教室

それと、今回1つ驚いたのは、そのマレーシア人旅行客の宿泊場所。2歳の女の子も入れると全部で9人、海外では1部屋いくら、という計算方法だけれど、日本では一人一泊いくら、と計算される。だから、9人が一週間日本国内を旅行するとしたら、一人5千円のところを見つけたとしても、約5万円 X 7日間 = 35万円 という事になる。もし、一人一泊1万円もするようなホテルだったら、それこそ宿泊費だけで70万円だ。

じゃ、彼らはどんな所に泊まっているのか・・・。

まず、京都で彼らを送り届けた宿泊先は、単なる民家の長屋の一軒。3軒連なった長屋の真ん中の家で、その両隣にはちゃんと住んでいらっしゃる方がいる。でも、その真ん中の家には、表札も何もまったく無い。そして、玄関先にダイアル式鍵が有り、そのダイアルをまわすとケースが開いて、その中から玄関の鍵を取るようになっている。そして、中に入ると、人は誰もいない。

つまり、民宿でも何でもない、単なる空き家を外国人向けに宿泊施設として貸し出しているのだ。いくらかははっきり聞いていないけれど、恐らく人数に関わらず一泊いくらか(恐らく1万円くらい)で利用してもらっているのだろう。

私も少し中に入ったけれど、見た目簡素でいいのだけれど、やっぱりちゃんと掃除はされていないようで、これで布団やシーツはちゃんと清潔にしてくれているんだろうか?・・・という感じ。そして、キッチンもあって、ガスの元栓は最初から開いたままになっている。瞬間ガス湯沸かし器もあって(古い!)、その使い方さえ何も書いていない。怖い!

英語のホームページ(外国人向け)があって、そこで予約、代金もカード引落しみたいにしているのだと思う。その施設(施設とはとても言えない単なる空き家)は、きっと無認可のはず。だから、表札さえ出していないし・・・。私が隣人だったら、絶対警察に届け出るけどな〜

怖い。日本のガス器具の使い方も知らない人たちを、彼らだけで寝泊まりさせるなんて。

ここまでして、外国人旅行客のマネーに頼ろうとする人たちもいるんだな。
0

2015/5/23

久々の仕事2  教室

今回、シャトルバスを使っての移動の仕事だったのだけれど、2,3年前に一緒に仕事をさせて頂いた方が都合悪く、その方が紹介して下さった、その方の”先輩”という方に仕事をお願いした。

ところが、結構年配の男性で、あまり気が合わなかったな。例えば、奈良公園で散策後、迎えに来てもらう時、「猿沢池まで迎えに来て下さい、池の奥の方で待っていますから。」と言うと、「手前までしかバスは入れない。前の道路まで出てきて下さい。」と言う。2台の車が対向できる充分なスペースがある道なのに、何故中まで入って迎えに来てくれないのか?こちらのお客さんは、2歳の子どもを連れていて、子どもちゃんが疲れて、お母さんも抱っこして歩き回り、みんな疲れているのに、そのくらい車をまわしてくれてもいいのに・・・と不満に思ったり。

また、京都の宿泊場所を探す時、ナビに住所を入れても、ここという場所にたどり着けず、そうすると、私に、宿泊場所の担当者の携帯に電話を掛けさせる。目的地を探すのは、彼の仕事じゃないだろうか?どうして私に電話させるのか?

そして、私の携帯で電話をして、相手に繋がったら、私の携帯を取り上げて、私の携帯で相手と話しをしている。ちょっと仕事の仕方、間違えてない?

また、その宿泊場所は少し交通の便の悪いところで、駅に行くにも、バスも無いし、タクシーも無く、帰り道にJR京都駅まで送ってほしい、と言うと、絶対首を縦に振らない。少しも寄り道して帰りたくないみたいで、とにかく自分の自宅近くの、大阪市内の地下鉄までなら送ってやる、と言う。その分、お客さんの方が運転手に支払う料金をちゃんと載せて払ってくれているのに、それでも絶対、最寄り駅の地下鉄じゃないと送らないと言う。

ちょっとした気遣いで済む事だと思うのだけれど、こういう事が、あれ?・・・あれ?・・・と何度が起きると、一日終わって帰宅した後に、すごく彼の悪い印象ばかりが残っている。そして、「今度仕事を頼む時は、絶対彼には頼まない」と思ってしまう。

こういう仕事の仕方はしたくないものだ。
0

2015/5/22

久々の仕事  教室

クリックすると元のサイズで表示します今日はマレーシア旅行客に同行して通訳の仕事。普段は講師たちにやってもらう仕事だけれど、今日は誰もできる人がいなくて私が久々に担当。すごいハードなスケジュールで、朝、関空でピックアップ、それから奈良へ行き、夕方は京都の宿泊場所まで送るというスケジュール。本当に何年ぶりかに奈良と京都に行った。もちろん妊娠中はそんな遠出はできなかったし、それ以前でも土日は長男のソフトボールでお出かけなんてできるはずもなく・・・。久しぶりの東大寺、外国人旅行客が以前に増して多いのが目についた。

マレーシア華人の8人家族に同行、色々マレーシアの話しも聞けて楽しかった。彼女たちは中国語を喋っていたけれど、中国語、マレー語、英語の3カ国語は母国語として話しができるとのこと。中学校以上では、国語であるマレー語で勉強するけれど、マレー語はマレーシアでしか通用しないからね・・・という事で、やはり英語と中国語を重視する社会らしい。それでも、中国語をまったく話さない華人もいるし、英語をまったく話さない人もいるらしく、共通語として使われるのは、やはりマレー語だとも・・・。

道すがら、一瞬DAISOの前を通り過ぎた。すると、お客さんが!

「おお〜!DAISOだ!!」

と叫んだ。マレーシアにもDAISOは有るそうで、非常に人気があるとのこと。一瞬通り過ぎたお店だったけれど、「行きたい、行きたい!」と何度も言われるので、京都へ行く前に、道をもどってDAISOに入った。そこで40分間のお買い物(笑)やはり、外国人客には、日本の買い物は大人気なんだな〜♪


0

2015/5/21

個人消費が増加?  独り言

先日、NHKニュースで、最近の調査で個人消費が0.4%増加した、と言われていた。

本当に「日本人の個人消費」なんですか?

・・・と私は聞きたい。それをもって、何故「景気が良くなっている」と言うんですか?

かなりの外国人旅行客が今年に入ってから来日して、その中でも中国人旅行客の爆買いはすごい、と誰でも知っているはず。5万円〜10万円近くもする炊飯器を、バンバンと何個も購入しては持ち帰る中国人旅行客。日本人の誰が、そんな買い物の仕方をしているだろうか?

そんな外国人旅行客の”消費”に助けられて、やっと0.4%なんだから。それで、さも日本人の生活が豊になって”景気が良くなっている”かのように言って、物価を上げるのはやめてほしい。。。

もっと、その”良くなっている景気”が外国人旅行客に支えられている、という現状、現実をちゃんと伝えなければいけないんじゃないかな?
1

2015/5/19

応援団 替え歌  子育て

もうすぐ息子たちの小学校の運動会がある。長男は赤組応援団長になったらしい。私も、小学6年生の時、女の子ながら同じく赤組応援団長だったので、なんだかとても嬉しい♪

先週、長男と一緒に、赤組応援団の替え歌の歌詞を一緒に作った。曲は、ドラゴンボール(アニメ)の「摩訶不思議アドベンチャー!」。このメロディーに合わせて、長男と一緒に作った替え歌がそのまま採用(笑) 皆さんも、メロディーをご存じなら歌ってみて下さ〜い(^-^)


絶対勝つぞ! 赤組GoGo!
みんなで心を一つにしよう
勝利をつかもう! 赤組GoGo!
一分一秒 大切だから
みんなで本気でぶつかるぞ
そうさ今こそ 輝こう!

胸ワクワクの勇気が GISSIRI
色とりどりの笑顔が DOSSARI
赤組みんなが ひかってる
そいつ見つけに ゆこうぜ 赤組
手強い白組 ぶっとばし
最強応援団 成功させるぞ

Let's try try try かけっこも
玉入れ 綱引き 騎馬合戦
Let's Go Go Go 頑張るぞ
パワーアップで かっとばせ

手に入れろ! 赤組優勝!
光南いっとー てごわいチャンス
絶対いける! 赤組優勝!
光南いっとー イカしたドラマ
みんなで1つになることが
嬉しい 楽しい 思い出だ!


0

2015/5/18

必殺仕事人  教室

教室の仕事として、時々通訳の仕事もある。いい仕事ができたら、リピーターになって下さる方もいる。今回、リピーターの仕事が入った。

時々、旅行客に同行し、彼らが行く先々で必要な時に通訳をする、という仕事もある。大抵私自身は行けないのだけれど、3年ほど前に一件私が行った仕事がある。その時、シャトルバスをチャーターしたのだけれど、その運転手の方の仕事ぶりに惚れた事があった。その方は女性なのだけれど、とにかく仕事ぶりがプロ!一緒に同行させてもらい、本当に勉強になった体験だった。

今回の仕事仕事でまた、シャトルバスの予約が必要になり、彼女を思い出して連絡してみた。やはり、声の張りも変わらず、てきぱきと応対して下さった。残念ながら、彼女が今運転する車種が、今回の旅行客の人数に合わず、彼女の先輩という方を紹介して下さった。

時々こういう仕事が入ると、また新たに色んな勉強ができて有り難い。それにしても、たった1日しか一緒に仕事をさせて頂いていないのに、何年たっても相手に覚えてもらっている、そんな彼女のような仕事人になりたいなぁ、と思う。
0

2015/5/17

次男の視力のその後  子育て

次男が鍼灸院に通って2回、明日3回目の治療に行くのだけれど・・・。

0.5か0.6くらいの視力だった次男が、昨日の視力検査(自宅で検査表を使用しての検査)では、右目2.0 左目1.5に! 日に日に回復し、昨日の時点では元通りになった感じ。

次男の視力が落ち始めたのは、昨年秋頃。昨年秋の学校の視力検査でC判定。一時的なものだろうと思って放っていたら、この新学期の視力検査でもC判定。まだ、視力が落ち始めてそんなに長期的な時間が経っていない時に鍼灸院に行く事を判断できたのが功を成したのかもしれない。

私も最近かなり視力が落ち、明日次男の治療の時、私も一緒に診てもらおうかなぁと思っている。
0

2015/5/13

また講師探しの時期  教室

またそろそろ、英語講師の交代の時期だ。英語講師は、1年ビザしかない場合が多く、うちの教室で勤務できてもせいぜい10ヶ月。1年も無いので、折角いい講師に来てもらっても、長く続けてもらえないのが辛い。

今の英語講師たちは、どの人もすごく良くて、生徒さんたちからも人気が有るので、本当に辞めてもらいたくないのだけれど・・・っていうか、これが毎回そうなのだけれど、本当に残念、毎回新しい人を見つけなければならない。

あと1ヶ月以内には新しい英語講師を最低3人は見つけなければならないし、中国人講師の研修も始めなければならないし、人材管理、人材育成の仕事は本当に骨が折れる。
0

2015/5/12

鍼灸院  独り言

クリックすると元のサイズで表示します昨日次男を連れて行った鍼灸院、視力回復治療をお願いしているのだけれど、昨日が2回目。今日、自宅で視力検査表で検査してみると・・・

なんと、この間までどんなに目の体操などをやっても、0.6(悪い日は0.5)しかなかったのに、今日は突然良くなっていて、0.8〜0.9も有った。そして、両目で測ってみると両目は1.5!!すごい〜!

もう一度治療してもらいに行く予定。視力が落ちたからといって、すぐに眼科に行くもんじゃないな〜と実感。

写真は、鍼灸院の前に立たれている先生。とても優しいので、子どもも大好き!


0

2015/5/11

子育てママの忙しさ  独り言

フルタイムで勤務している女性が、どうやって家事、育児を三立させているのか、本当にすごいと思う。今日私は、三男が体調不良で保育園に行けず、教室を休み、一日三男についていたのだけれど、とりあえず外出に連れて行く事はできる程度だったので、結構あちこち連れ回した。

今日の私のスケジュール

6時    起床→朝食準備
7時    長男登校
7時40分 次男登校→三男と私が朝食
8時    皿洗い、片付け、掃除、布団干しなど
9時    三男を連れて外出
   *郵便局で税金等の支払い
   *車屋でオイル交換(1時間→買い物、昼食)
12時   帰宅→三男を寝かす(昼寝)
12時半  夕食の準備
13時半  学校書類等の整理、洗濯物・布団取り入れ等
14時半  三男が起きて、おやつの時間
15時   三男を連れて、次男を学校へ迎えに行く
   *次男を鍼灸医院に連れていく
16時半  帰宅前に、スーパーで買い物→帰宅

どうよ、これ。仕事していないのに、全然休み時間は無いわけよ。郵便局で税金等の支払いといっても、結構時間が掛かるもの。車のオイル交換だって1時間掛かるんだし。夜ご飯を作るのだって1時間は掛かるし。

9時5時で働いている女性が、どうやってこれだけの家事、育児、家の雑務をこなせるというんだろう?子どもが小さいうちは、歯医者、耳鼻科など、しょっちゅう何らかの病院に連れて行かないといけないし。習い事をすれば、その送迎も必要だし。

誰も手伝ってくれる人がいなくては絶対に無理だと思うんだけど。でも、世の中それをこなしている女性もいるよね?一体、どうやってこなしているんだろう?私には無理。時々、本当に自分が生活力の無い無力な人間に思える。生活するって本当に大変。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ