2014/10/27

久々の通訳の仕事  教室

昨年は三男を出産。その前後、妊娠中も長時間の通訳業務は体力的にできず、ここ2年間は通訳業務はしていなかった。その代わり、いつもお世話になっている台湾企業の通訳依頼はお断りするのも申し訳無く、夫が私の代わりに行ってくれていた。

今年も2月に通訳業務の依頼があったが、やはり私の体調が完全に戻っておらず、長時間の通訳業務はできないと判断し、やはり夫が行ってくれた。

今日、久しぶりにその通訳の仕事に行ってみたが・・・ほぼ2年のブランクがあっただろうか。通訳そのものには困る事も無かったが、そのビジネスの雰囲気に気後れしている自分がいた。教室で授業はずっとしていたものの、やはり、主婦業、母親業が念頭にある時間が圧倒的に長い私。特に今日は、お客様の中に美しい美しい台湾人女性がいて、彼女は日本語もバリバリだし、仕事もバリバリのキャリアウーマン。自分が単なる”おばさん”みたいに思えて、本当に気後れしてしまった。

今日は5時半には業務終了予定が、6時近くに終了。5時を過ぎた頃から、「三男は保育園でずっと待っていて大丈夫だろうか?」と気になる。時間を見ては、お迎えの時間に間に合うだろうか、と気になる。保育園は7時半まで。今日は大東市での業務、高速で飛ばせば1時間ちょっとで行けるはず。

今日の通訳業務は、以前ほどパッとしなかったように感じたけれど、それより保育園のお迎えの時間と、こんな遅くまでいて寂しがっていないだろうか、疲れていないだろうか、とそればかり気になる私・・・。

やっぱり2年のブランクは大きい。通訳しながら、自分が単なる”おばさん”に思えて仕方が無かった一日だった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ