2014/6/30

驚かされた  中国

今回また、何ヶ月かぶりに夫が中国出張へ行ってきた。その出張先で詐欺にあったらしい。まぁ、引っかからずに済んだらしいが。

エアーチケットを購入していたのに、航空会社から「そのフライトはキャンセルになったので、別のフライトに予約し直して下さい」という意味のメールが入ってきたらしい。ところが、ちゃんと確認してみると、まったくそういう事実は無く、あやうくそのメールのやり取りで偽のキャンセルをさせられ、新しく偽のフライトを予約させられ、チケット代を取られるところだったとのこと。

その手口が非常に巧妙ならしい。

また、先月義父が帰国する前日、義父のQQ(中国版チャット)アドレスを違法に使い、夫の兄や叔父、義父の友人4名に、義父の名を名乗って、「日本でお金が足りなくなったから、送金してくれ。」というメールが入っていたらしい。義兄はあやうく本当に送金手続きに行きそうになったとのことで、兄嫁がその偽の義父に「じゃ、いつ帰国するの?」と尋ね直したところ、「もうしばらく滞在してから帰国する」と答えたらしく、本当は翌日帰国予定だった為に、偽者と発覚。

義父が日本に滞在している事や、やり取りしている相手との関係などを熟知していて、ネット上でチャットしているのを、違法にのぞかれているのだという事が分かった。

多くの人が普通に詐欺に遭う世の中、ちょっと怖いなと思う。
0

2014/6/26

怒濤のように流れていった今月  

とにかく今月は、子どもの為に時間が怒濤のように流れていった。

長男と次男、耳鼻科、歯科、何度も連れて行き、三男は皮膚科。そして三男の保育参観に、今日は長男と次男の授業参観。
クリックすると元のサイズで表示します
長男は3階、次男は1階。何度か往復、結構疲れた。長男は、私が来るといつも興奮して、授業中なのにはしゃいでしまう。あまり目立つので、恥ずかしくて10分足らずしか見ず、すぐに次男のところへ行った。
クリックすると元のサイズで表示します
次男はいつも通りにマイペース。授業の最後10分で、また長男の方に戻り、長男に見えないところから参観。見えてまた、興奮し始めてはいけないと思い・・・。

教室の中に、きれいなあじさいの絵がたくさん飾られていた。その中に、あじさいに関する自作の詩も書いて・・・。女の子はみんな、素敵な詩が多く、ロマンティックだなぁと思う。

長男の作品。長男は、図工や書道が苦手。。。こればっかりは仕方無いよな。。。うちは、夫も書道や絵は上手いのに、この長男、誰に似たのかなぁ?私?いや、私もここまででは・・・(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/6/17

中国人なら喧嘩する  子育て

長男、次男が所属するソフトボールチームは子供会運営のもの。つまり、チームメイトの保護者が集まって運営されている。

保護者が複数集まると、やはり考え方や立場も違って、意見が異なる事が多々ある。そこを、みんな大人なので、譲り合ったり、相談したりして、チーム運営していくのだけれど。

でも、本来みんな、我が子の為にしているボランティア活動なので、我が子が不利な状態(楽しめない状態)になれば、やはり意見が出てくる。ここが難しい。

みんな心の中で色々思っていても、集まった時は、ニコニコ笑顔で表面上の付き合いをしているのか・・・中には、場をやわらげよう、楽しい雰囲気にしようと、いつも色々楽しいお喋りをしてくれる人もいる。

だけど、子どもがそのチームの中でぞんざいな扱いを受ければ、やっぱり親としては黙っていられない。それでも、日本人はかなり我慢するんだけどね。でも、夫が・・・

「なんで言わへんねん!
 みんな、集まってる時はニコニコしてる。
 中国やったら、そんなお愛想なんか絶対にせんで。
 表情にもストレートに不愉快さを表して、
 そんなんすぐに言い合いするわ。
 (喧嘩)やったらええねん!」

・・・だって。私なんかは、やっぱり何事も穏便に済ませたいけどね。
0

2014/6/15

順応同化の実践  中国

今や中国では、外省から都市部へ来る出稼ぎ労働者でさえ、月収10万円ほどにもなっている。物価も日本より安いという事もなく、そんな中、中国の一般庶民たちは、日本に何を求めるだろうか?日本にはどんな魅力が有るだろうか?

また、今の日中関係を見た時に、日本に憧れる、もしくは日本に行きたいと思う中国の若者はどれだけいるだろうか、と思う。もちろん、まったくいないわけはなく、少数派として日本へ留学を希望する若者だっている。

でも、彼ら彼女らは、来日したとして、日本での生活に何を求めるのだろうか?一人っ子政策の絶頂期に育てられた彼らは、日本人の若者ほども苦労はしたくないし、できないし、それでアルバイトをしても、稼ぎは中国でのアルバイトより低いくらいで・・・。日本人が当然とする常識が彼らには苦労、苦痛になるし、それを乗り越えようという精神的強さも持ち合わせていない。

教室を開いて10年、当時の中国人留学生たちと今の彼らでは、本当に世代が違って、付き合い方も変えなければ一緒にやっていけない部分が有る。今までの講師がそうだったからと、その筋を通したいけれども、それを通すとまったく対応できないような感がある。「順応同化の精神」・・・かな。そこは、私も中国社会の変化に合わせ、自分も一部分では臨機応変に変動していかなければならないのかな・・・と思う。ああ、難しい・・・。
1

2014/6/9

あじさいの季節  季節

クリックすると元のサイズで表示します今朝、向かいにお住まいの方が、あじさいの花をまびいていらっしゃった。たまたま私がゴミを捨てていると(笑)、声を掛けて下さり、

「あじさい、貰ってくれませんか?」

と言って、たくさんたくさん下さった。とっても大きくて美しい素晴らしいあじさいだった。嬉しくて、

「すみません、このお花、私の教室に飾ってもいいですか?」

と言うと、家用と教室用にと、本当にたくさんのあじさいを下さった。そして、教室に持って行って、また事務の方にお願いしてきれいに花瓶に入れて頂いた。いつも、教室をきれいに飾ったりして下さるのは事務の方。感謝、感謝、、、。

こんな風に、自宅で愛情を込めて育てられているお花を、自然にふっと、誰か人にあげられるって、素敵だなぁと思う。


0

2014/6/7

最近の感動  独り言

興行収入200億円を超えたという「アナ雪」、私も子ども達と見に行ってきた。リピーターが多い事も、その結果につながっていると思うけれど、2回目、3回目見ないと、気付かない細かい部分がたくさんあるのも確かだと思った。

とにかく歌が素晴らしいけれど、やはりそれは、(これは私の個人的意見だけれど)母国語で歌われている為に、心に直接響いてくる、ここが大きなポイントだと思う。今回この作品、全世界でも好評。その一つの原因に、各国の母国語に吹き替えする時、ディズニー社(本社)がかなり声優の配役に力を入れたという点も上げられると思う。

色んな映画で、「やっぱりオリジナルを字幕で見る方がいい」というものがあって、それはやはり、吹き替えがそこそこなのかもしれない。

今回こういう結果で全世界で好評なのは、ディズニー社が「母国語」の重要性を重視した結果だったのではないかと思う。「母国語」が人の心に伝えるものの中には、そのパワーや時には繊細さなど、絶対に外国語では伝わらないものがある。

今回、「一度日本語版で見てしまうと、オリジナル(英語)版を見ても、ちょっとイメージが合わないというか、、、」という声をよく聞く。それは、日本語版ですでに、もう心をがっちり掴まれてしまっているからで、その後に外国語の音が入ってきても心の底まで響くものが少ないのかもしれない。

そしてまた、顔をほとんど合わさず暮らしてきた、という姉妹の設定に、吹き替え録音時も、姉妹役の二人はまったく顔を合わさずに録音したらしい。そうする事で、役者自身に「寂しいな」とか、相手に対する焦がれる思いを自然に起こさせ、結果、セリフまわしなども、細かい部分で私達に色んな感情を伝えられたのではないかと思う。

舞台裏をのぞけば、それこそ、もっともっと、色んな苦労、工夫、大変さ、困難さ、いっぱいいっぱいあったのだろうと思うけれど。私も一般的な人間として、今、人気の映画に他の人たちと同じようにこの映画を楽しんだ。子どもたちは、また見に行きたいと言っている。
0

2014/6/2

旧暦の誕生日  国際結婚

今年の端午節は、6月2日。夫の旧暦の誕生日。

中国にいたら、この日を誕生日として祝ったんだと思うけれど(特に、祖母がいた頃は、旧暦で誕生日を祝った)、ここは日本なので、何もなかったかのようにスルー(え?スルーするのは”日本だから”?)。

・・・というか、子どもの誕生日以外、夫や私の誕生日など祝う事もほとんどなくなった・・・というか(笑)、私の誕生日には、いつも夫が、スーパーの賞味期限ギリギリの割引きしているケーキを買ってくるので、それを食べるのが嫌なだけかも。

だから、私も夫に誕生日ケーキは買わず、子どもの時だけ(あはは〜)。ま、どこの家でもそうなのかな?でも、たまに、「毎年誕生日には、夫とディナー食べに行くの。」とか、プレゼントもらうとか、そういう人もいて、そういう話を聞くと、誕生日の時だけでも”夫トレード”とか無いのかな〜、と思ってしまう。いや、ま、冗談だけれど。


0

2014/6/1

猛暑の運動会  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
とにかく暑かった。昨年まで、10月に開催していた運動会。今年からは、猛暑の中での練習などを回避する為、5月末から6月初旬に開かれる事になった・・・ものの、今日のこの暑さといったら何なんだろう?もう、秋にしても、春にしても、同じなんじゃないかな?どっちにしても暑い、暑い・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
今日残念だったのは、それで今年から急に春になったというので、練習時間があまり取れず、組立体操は6年生だけになり、5年生は今までと同じような踊りだった。

今までは、5,6年合同での組立体操だったのに、長男の組立体操が、来年の1回きりしか見られないというのは、本当に残念だ。

とにかく、今日、この猛暑の中での運動会運営にあたられた、先生方やPTA役員の方々には心から感謝・・・感謝・・・。

一枚目の写真は、選抜リレーで走る次男。一位で走っていた。うん、やっぱり嬉しいな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ