2014/4/30

講師への負担  

でも、やはり最初はみんな、講師としては素人。

通常、ある人が「教師」になりたいと思ったら、大学に通って資格を取らなければ「教師」にはなれない。高い学費を払って、大学に4年間も通い、資格を取り、卒業してやっと教師になれる。

ところが、うちの蘇州館では、普通の人が4年間掛かって学ぶべき事(に近いほど多くの内容)を、たったの2,3ヶ月で研修を受け、授業を担当しなければならない。そして更に研修を重ねながら授業も担当していくという、思いっきりサバイバルのような状態で、勤務していってもらう事になる。

見方によっては、最初の半年くらいは過酷とも言えるかもしれない。
0

2014/4/29

マクドナルドがサンプル  教室

私の教室が、ずっと多くの受講生の皆さんに支持して頂けるのには、講師たちの力量がものを言っていると思う。当然、語学教室なのだから、授業がまずければ、生徒さんは継続して授業してくれるはずがないから。

当然、「講師の授業がうまい(授業が楽しい)」という事が第一条件になる。

でも、うちの講師は、プロの講師を外部から連れてきたわけではなく、まったく素人のただの中国人を採用し、講師をしてもらっている。もう、10年教室を開いているから、その間、講師は幾人も幾人も変わってきた。

それでも、講師の質を保っていられるのには、私なりの「やり方」があるからだと思っている。私はいつも、講師たちにも、「マクドナルドと同じだよ。」と言っている。

マクドナルドだって、すごい料理人がハンバーガーを作っているからおいしいのではない。家では料理さえまったくできないようなド素人でさえ、マクドナルドでハンバーガーを作れば、世界一流のハンバーガーチェーンメーカーのハンバーガーが出来上がる。誰もが認める、正真正銘のおいしいハンバーガーを作ることができる。

それは、マクドナルドが提供する材料を使い、マニュアル通りに、温度調整、加熱時間、調味料の量、ハンバーガーの材料を重ねる順番、時間をきっちり守っているから、どこに行っても同じ味のおいしいハンバーガーが作れるのだ。

それと同じで、蘇州館の教材を使い、蘇州館の研修を受け、教えられた通りに授業をすれば、蘇州館の質の高い(!)授業をする事が、素人の中国人にもできる、という道理。場所が違っても、マクドナルドであれば、どのお店でも同じ商品が同じ味で売られているのと同じように、うちも講師が変わっても、蘇州館の講師である限りは、違う講師でも同じ内容、同じ質の授業が受けられるという事。
0

2014/4/19

お茶当番再デビュー  子育て

妊娠、出産、産後の回復期、、、ここ1年間ずっと、ソフトボールのお茶当番を免除してもらっていた。今月からそのお茶当番も再開。そして今日、その再デビューの日だった(笑)。

私は、自分がお茶当番をする時は、できるだけ楽しもうと思っている。準備も少し有るけれど、n何より半日や、試合の日なら一日中という時間を取られる事、これが大変。でも、やるなら楽しみたい!

・・・ってな事で、いつも自分が飲みたい紅茶やお菓子を持参して、一緒に当番する人とお茶を飲みながらお喋りを楽しむことにしている。

今日は、朝5時半に起床。朝、昼、晩、3食の準備を朝に全部やってしまった。何故なら、午前中は教室で仕事、昼食を作る時間もなく、帰宅後食べたらすぐに午後の練習に向かわなければならないから。そして、ソフトボールの練習が終わったら、またすぐ教室へ戻らなければならないというスケジュール。超ハードスケジュールをこなした今日1日。

ずっと私に会えなかった三男も、夜私の帰宅後はぐずりまくり。泣きまくる三男に、私もなかなか台所の片付けもできず、、、

そんな大変な一日だった。私、お疲れ様(笑)!


0

2014/4/17

これも異文化?  国際結婚

蘇州からやってきた義父の滞在も5ヶ月が過ぎた。来月中旬には帰国予定。

さて、今日から教室のベランダ補修工事が始まった。とりあえず3日間ほどで終わるそうなのだが。

今回この補修工事の前に、業者とも何度か打合せをしたけれど、その打合せに夫ではなく、義父が夫の代わりに参加。そして、今日始まった補修工事の間も、私が不在時でも、義父は筆談や身振り手振りで業者の担当者と話しをしている。私が教室に到着すると、筆談では通じなかった部分の通訳をさせられる(笑)。

義父は、今回ペンキ塗り(うちはログハウスなので、材料は木材)を自分でやると業者に提案。つまり、業者にはさせず、ペンキ塗りだけは全部自分でやると言う。

中国は、基本的に他人をあまり信用しない社会で、一番信用できるのは自分だけだと考えている。ま、それは正しいかもしれないが。それで、今回もベランダの木材の防水効果をできるだけ高めようと、防腐剤や防水効果のあるペンキを何重にも塗り重ねる事で、その効果を高めようと考えているようだ。業者は2度塗りしかしてくれないので、自分で何度も、できる限り塗り重ねたいと思っているようだ。

それはそれで、ありがたい事だけれど、私にはちょっと真似のできない事だなぁと思う。
0

2014/4/15

北国からの電話  教室

今日、携帯電話に見覚えのない電話番号からの着信が、、、出てみると、1年ほど前まで教室に通われていた生徒さんからの電話だった。彼女は北海道へ農業体験に行くという、人生の転換を選択、その時私も人事ながら、なんだかワクワクしていた。

出産後、私もずっと余裕がなく、facebookなどもほとんどしなくなったけれど、彼女はfacebookには、ずっと北海道での生活を綴られていた。たまに、ちらっと見ていると、写真などもあって、とても楽しそうに過ごされている様子が伺えた。

今日の電話では、本当にすっかり”現地人化”(?)された彼女の様子に、私も気持ちがほっこり。現地の人たちにも頼りにされ、すっかり北海道に根をはり、花を咲かせようとされている。彼女の大地での夢は益々膨らんでいるよう!しかも!そこで、私の教室で学んでいた中国語がかなり活かされるとのこと!これは何倍にも嬉しいことだ!!

ああ〜、こういう便りを聞けて、本当に本当に嬉しい気分だな〜
0

2014/4/7

次男の入学式  子育て

クリックすると元のサイズで表示します思い出す4年前、長男の入学式だった。その時も薄曇りで寒かったが、今日はまず、昨日のような突然雹が降り出すような天気ではなくて良かった。寒かったけれど、天気は快晴。桜も散りかけてはいたけれど、次男たちの入学を祝うかのように、まだ咲き誇ってくれていた。

長男と区別が無いよう、4年前と同じように今日も着物を着た。朝早くから知人(実は生徒さん・・・)にお願いし、着せて頂いた。

私など、着物を着るのに必要な物が何かさえちゃんと知らないのに、お喋りしながら、ちゃっちゃと準備して、ちゃっちゃときれいに着せて下さった。感謝!

長男の時は、1/3くらいのお母さんが着物を着ていたけれど、今日は、私の他にあと2,3人が着物を着ていただけ。ある知り合いのお父さんに、「新地のママさんですよね?」と冗談言われ笑う場面も(笑)。

次男を連れ、校内を歩いていると、先生方から「ああ、○○くんの弟ね。」と口々に言われ、自慢げの次男。校長先生のお話も分かりやすく、楽しくて、とても明るい入学式だった。2年生のお祝いの言葉や歌も上手だった。さて、明日から次男も学校生活が始まる。親子共々楽しみながら頑張らねば!


0

2014/4/2

日本人の心を写す桜  季節

今日義父と桜について話しをしていた。

「日本の桜は種類が少ない。ほとんど同じ種類ばかりだ。」
「いや、本当は桜にはたくさんの種類があるんだけれど、日本人はこの種類(ソメイヨシノ)が好きで、大抵この種類の桜が植えられるんです。でも、中国人でこの桜をそれほどきれいと思わない人は多いようです。その理由は、色が淡すぎるからです。中国人は、それよりも桃の花の方がきれいと思うようですね。」
「うん、確かに、桃の花はもっと色が濃いし、もっと色んな種類がある。」
「桜にも、色が濃い種類はあって、造幣局という所では、百種類以上の桜が見られますよ。」
「それでも、やはり日本人がこの種類が好きというのは、きっと日本人の心を写しているのだろう。」
「そうですね、日本人は淡い柔らかい感じが好きなんだと思います。」

「日本人にとって、この桜は特別な存在の花で、恐らく多くの日本人が様々な感情をもってこの桜を眺めています。それは、桜の咲く季節が、卒業式や入学式といった、人生で大切な節目の時に咲く花だからだと思います。」

私はこう言ってみたけれど、桜に対してこうした特別な感情を抱いている人は多いのだろうか?私一人の勝手な感傷なのかな・・・
1

2014/4/1

入園式  子育て

クリックすると元のサイズで表示します今日は三男の入園式だった。昨日、次男が保育園最後の日を迎え、夕方の園庭では、先生たちと名残惜しむ保護者たちで賑わっていた。

そして今日。1日も空ける事なく、私はこれからまた6年間の保育園通いが始まる。

長男も次男も通った保育園だけれど、実は入園式に参加するのは初めて。長男も次男も途中入園だったので。3人目にして初めて、保育園の入園式を体験した。

そして3人目にして初めて、保育園との関わりをもっとこうしようと、改めて自分を変えていこうと思った私。今まで保育園にお世話になりながら、なんと無駄な事をいっぱいしてきたのだろう、と反省。三男が通う保育園、私も存分に母業を勉強させてもらおうと思う。そんな新たな気持ちになった今日の入園式だった。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ