2013/10/11

中国の住宅事情5  中国

2000年後半には、自家用車の普及も手伝い、郊外に家を買う人も増えてきた。郊外だと、土地もあって、一軒家タイプの不動産も増えてきた。日本のように、マンションや家のまわりの環境も重視し始められ、居住区の美しさも求められるようになっていった。

その中で、最近おもしろいな・・・と思うのが、ワンルームマンション。今まで中国には無かったタイプの物件。

これも、就業規制緩和による影響が大きいのかと思うけれど、以前外省人は、なかなか都会で働くことができなかった(戸籍の問題)。それがどんどん緩和されたお陰で、外省人が都会で働きやすくなり、彼らが住む部屋が必要になってきた。外省人たちも、裕福になってきている証拠として、こうしたワンルームマンションが出始めたのではないかな・・・と思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ