2013/5/5

だんじりの彫刻  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します教室のすぐ隣にだんじり小屋がある。今日は、そのだんじり小屋で子供達に太鼓や鐘をつかせてもらえるというイベントが有り、次男を連れて行ってきた。夫と長男はソフトボールの練習で不在。

今日も朝から忙しかった。ソフトボール一日練習というと、お弁当のおにぎりを作らなければならない。何度も書いていると思うけれど(笑)、単なるおにぎりではお腹が空くので、おにぎりの具を考えなければならない。

夫と長男では好みも違うので、違う種類を考える。今日の夫のおにぎりは、青椒肉絲のおにぎり。長男はチャーハン風おにぎり。また、中国人は食事が”ご飯だけ”というのは有り得ない習慣(食文化)なので、少しおかずも別につける。
クリックすると元のサイズで表示します二人のおにぎりを作るのに、40分はかかったか・・・。作り終えてから、先にだんじりを見に行って、それからおにぎりを届けることにした。

行ってみると、結構たくさんの人が集まっていて、太鼓や鐘をつこうと、子供達が行列を作っていた。次男は、友達がいないからと、なかなか並びたがらない。私が代わりに並んでみたけれど、やはりイヤイヤ。本当は叩きたいのだけれど・・・。

実は私も、だんじりをこんなに近くで見たのは初めて!2年前だったか、この町はだんじりを新調した。とても新しく、とにかく驚いたのは、彫刻の素晴らしさ!!細かい!だんじりの彫刻職人って本当にすごい!いろんな史実やその物語を彫刻にして、だんじりいっぱいに装飾されている。
クリックすると元のサイズで表示しますまぁ、その細かさたるや、例えばこの左の写真。真ん中上部に、松の木のような飾りがあるけれど、その穴の大きさは、爪楊枝が一本通るかどうか(多分通らない)・・・というサイズ!本当に驚いた。

こういう文化を大切にするというのは、大変なことだと思う。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ