2013/1/29

確定申告の準備  教室

本来、語学スクールというのは、受講料収入だけではやっていけない。だからNOVAもつぶれたし、東京、横浜、大阪市内など、都市部で開校される語学スクールは、多くが2,3年でつぶれていく。

うちの教室も、もし私が教室の収入に頼って生計を立てていたら、最初から開校さえできていないし、できたとしてもやはり、1年ももたなかったと思う。(うちは夫がサラリーマン、ありがとう、夫よ!)

私の知っているいくつかの語学スクールも、経営者は本業を別に持っている。語学スクールはあくまで自分の「思い入れ」の為、つまり趣味的な思いで続けている。本業無く語学スクールを経営されていたら、そのスクールは必ず他の事業もしているはず。

何でこんな話題になるかと言うと、今、ちょうど確定申告の準備時期。毎年こうして一年の会計をまとめてみると、教室は開いていても、本当に収入にはならない。うちの講師たちの方が私よりよっぽど収入はいい。

教室経営ってそんなもん。「好き」という思い無しには続かない。「好き」と「信念」かな・・・。
0

2013/1/28

さてさて・・・  

さてさて・・・昨晩は荒れ模様。こちらでも吹雪いていた。

ここ数日、ブログの更新が途切れていたのだけれど・・・寝込んでいた私。先週木曜と金曜は完全ダウン!教室を事務の方と講師たちに完全に任せ、寝ること寝ること・・・。

そして、昨日やっと復活!・・・と思いきや。長男のソフトボール、6年生のお別れ試合を見に行ったのは良かったものの・・・駐車場(少し離れたスーパーに駐車)から会場まで歩いている途中にまた体調が・・・ああ〜

というので、帰宅後また寝ること寝ること・・・。

そんな私が今日行ってきたのは、漢詩のクラス。このクラス、4月からは名称を変える事になる。今、行っているカルチャーセンターが3月末で閉鎖、その為、生徒さんたちが自ら運営して続けていこう!という事になり、今日も最初は今後の運営についての相談。

そして、どうやって仲間を増やしていこうか!というので、生徒さんたちがすごく一生懸命。とりあえず今後は自主運営で、私は講師として招かれる、というスタンスでやっていく。・・・といっても、今までのカルチャーセンターでも同じようなものだけれど。特に私が生徒集めをしている訳ではなく、カルチャーセンターに呼ばれて行っていただけなので。

来週もまた漢詩クラス。私の大好きなクラス。
0

2013/1/23

友人からの詩  友人

苏州馆,最亲切的名字,一片嫩绿,历历在目。

然而这一片生机,都来自于你。

有明海上闪烁的星星也为你欢呼。

每在太湖边我就这样想。


先日、中国の友人からこんな素敵な詩を頂いた。この方も、会った回数で言うと数える程しか無いというのに・・・。でも、蘇州で結婚した時には、結婚式にも来て下さった。

蘇州勤務中の、取引先の購買課長だった方。何か心が通じるところがある人ってこうなんだろうか・・・。もう、私が蘇州を去ってから10年以上になるというのに、それ以来ずっとお会いしていないのに・・・こうしてずっと連絡を取り合っている。

彼は私が書いた拙い文章の本も読んで下さった。彼は言った。「あなたの本には、中国への愛が溢れている。」・・・と。私はその一言に涙を流した。どこにも「中国を愛す」と書いていない文章から、彼は私の中国への思いをここまで感じて下さったのかっ!と・・・。

その彼が書いてきてくれた詩。この詩は日本語には訳しきれない。日本語にした途端、その詩の美しさが失われてしまいそうで・・・。

感動・・・。



0

2013/1/22

中国の食材  中国

クリックすると元のサイズで表示しますたまたま今日は、近くまで行ったので、中国物産店に立ち寄った。以前行った時より種類が増えていた!

あれこれ見て、あれこれ買ってしまった。車でしか行けない場所なので、普段講師たちも、ここまでは行けない。ついでだと思い、講師たちの分も買ってきた。一人ずつになったら、少しずつしかないけれど。

まず、中国のインスタントラーメンといえば「康师傅」。日本で言えば、日清のようなブランド。このインスタントラーメンがおいしい!体に悪いと分かっていながら、おいしいから食べてしまう(笑)。これを一人1つずつ。

それとザーサイ。これも一つずつ。あとは、ひまわりの種と火鍋のたれ。これを女子講師たちに、自分たちの寮でみんなで一緒に食べてもらう。他の調味料関係は自分用(あはは〜)。

やっぱり黒酢は「镇江香醋」に限る。日本の黒酢は、どうも、別の味がして好きになれない。これでまた、私も鍋を食べるのが楽しみだ!


0

2013/1/21

読み聞かせ  子育て

今日、保育園へ次男を迎えに行くと、ちょうど「本の読み聞かせ」が始まるところだった。毎月1回、図書館から来て下さる方がいて、何冊かの本を読み聞かせしてくれるのだ。

先月もちょうどタイミングよく始まるところで、今日もそうだった。折角なので、子供にも聞かせてやりたいので、終わるまで待つことにした。今日は、それを聞くのが2回目だった。

今、子供たちの家庭環境は昔と違い、テレビ、パソコン、ゲーム、携帯電話といった電子機器に囲まれた生活。そんな子供達に昔ながらの「読み聞かせ」をして、今の子供達は興味を持って聞けるのだろうか・・・?

実はそんな疑問があった私。でも、子供って本来、やっぱりそういう絵本の世界、お話の世界が大好きなんだなって教えられた。「お話」の時には、今日のお話では、何度も繰り返す鼻歌があり、3度目あたりからは、子供たちも一緒になって鼻歌を歌っていた。最後の最後、熊に飲み込まれた人たちが助かると、ホーーーーッ!としている子供達。

本来、子供達が求めているものは、こういうものなんだろうなぁ・・・と思う。
1

2013/1/19

つながり5  独り言

その方の事を思い出していたら、会えるうちに会える人には会っておかなければ!・・・とここ2,3日、すごく強く思い始めた。

私の「つながり」は、すべて「中国」でつながっているんだと今更に感じられる。また、どうしても会っておかなければ、絶対にあの方の時のように後悔する!あの方が亡くなられた時、それまでの私は若すぎた。「恩」や「情」というものを、本当に大切にしていなかった。

私は早速、もう二方、「どうしても会っておかなければ!」と思う人と連絡を取った。すぐにお返事頂き、会う約束をして下さった。

人として・・・絶対に忘れてはならない・・・絶対にこの感謝の気持ちをお会いして、形にして伝えておかなければならない・・・大切な大切な事。
0

2013/1/18

つながり4  独り言

そのたった4年間しか勤務していなかった大阪市内にある会社。大企業だったので、社内でもかなりの部署の方と一緒に仕事をする。

私は営業部にいて、営業事務半分、営業半分という仕事内容だった。営業といっても、主任や男性営業担当者は、1つの注文が億円単位の注文を扱い、それに対して百万円単位の小さな注文を私が担当していた。

その営業担当で一緒に仕事をしていた方。この時期になるとよく思い出す。その方はもちろん定年退職されるまで、この会社で長年勤められた。その長年勤められた中で、私と一緒に仕事をされたのはたったの4年間だ。

それなのに、どうして、こんな私の事をそんなに覚えて、心に掛けて下さったのだろうかと思う。3年前の12月、突然その方からメールが入った。重病に掛かられたとのメール。すぐに電話をして、会いに行きたいと言ったけれど、会いに来るなと言われた。そんなにお悪いのかと思い、どうする事もできなかった。

その方は中国をこよなく愛され、何度も何度も中国へ仕事に行かれていた。定年退職された後も、他の会社で顧問として、中国ビジネスを手がけられていた。そんなに中国が好きだった方なので、中国の風景写真の本を数冊お送りした。また元気になったら一緒に中国へ行きましょう、と・・・。

2月、もう死を目前にされたような悲痛なメールを頂いた。そんな体になられても、病気の事を伝えているのは、たったの3人だけだとおっしゃった。そのたったの3人の中に、なぜ私が入っていたのだろう。こんなにご無沙汰して、こんなにお世話になるばかりで、どうして、どうして・・・。

そして5月にその方は亡くなられた。心の中で時々思い出す方・・・。
0

2013/1/17

つながり3  独り言

今日は1月17日、阪神大震災から18年。18年前のあの日、あの時、私は早朝だったけれどもう起きていて、会社へ行く準備をしていた。地震発生後、呆然となり、とにかくずっとテレビを見ていた。地下鉄も停まり、当日は会社を休んだ。

まだ、中には会社に行けた人がいて、会社の先輩から電話が入り、翌日から出勤で良いとのこと。翌日出勤してみると、やはり、震災の被害を受けられた方も何人かいて、私の当時課長も東灘区で被災された。

あの頃、あの会社、あの部署の中で、みんなが仲間だったと思う。震災から1,2ヶ月は、男性社員の方達が交代で、被災地に歩いて応援に行ったりしていた。

私はその会社でたったの4年しか勤務しなかったのだけれど、未だにあの部署でお世話になった方々と連絡がある。当時新入社員で、私の後には女性の新入社員は入ってこなかった。だから、いつまでも一番下だった。そんな一番下っ端の私、しかもたったの4年しかいなかった私を、どうしてあの頃の先輩方、上司の方々は覚えて下さっているのだろう?

夫は今、当時私が勤務していた会社のグループ会社にいる。夫があちこちの部署に行く度に、「ああ、あの老板娘の旦那さんか。老板娘は元気か?」と声を掛けて下さるそうだ。そして、時々そうしてメールを頂いたり、電話を頂いたりする。そんな下っ端だった私を覚えて下さっているなんて、本当に感激する。
1

2013/1/16

つながり2  教室

つながりといえば、この時期やはり思い出すのは、短期集中コースで頑張って、中国へ滞在されていった生徒さんたち。駐在、出向で中国赴任時期が決まられた方、またご主人の中国赴任に合わせ、一緒に中国へ行かれるというご家族の方たち、出発を3,4ヶ月先に控え、中国語を学びに来られる。

大抵の方は3,4ヶ月、長くて半年前から来られる。今も、そういう目的で期間を決めて受講されている方が2,3名いる。その方の学習可能な期間と、学習目標(どのくらいのレベルまで高めておくか)を相談し、それに合わせてカリキュラムを組む。

やはり、中国で滞在しなければならない、という切羽詰まった思いがあるのか、皆さん短期間にすごく上達される。まったくゼロから始められて、たったの3,4ヶ月であそこまで上達されるというのは、実際、本当にすごい事なんじゃないだろうかと思う。

今まででも、そんな方はたくさんいらっしゃって、中国へ行っても何度もメールを下さった方、帰国された時、たくさんのお土産を持って挨拶に来て下さった方。もう何人もいらっしゃる。中国からメールを下さる方は毎年何人かいらっしゃって、もう何年もたっているのに、未だに年に1回は必ず連絡を下さる方もいる。

そういう方々の中国滞在の最初の第一歩を踏み出すお手伝いができた事、そして、それに対して感謝して下さる生徒さんたちの存在、そういう私たちの活動がずっと続いている事・・・やっぱりそれはとても嬉しい事。

0

2013/1/15

つながり  教室

先日、中国語村を開催した日に、ある以前の講師が訪ねてきてくれた。もちろん、先に連絡があって、時間を約束して来てくれたのだけれど。

彼女には、もともと正規の仕事があり、教える事が好きという気持ちでこちらに来てくれていた。でも、その仕事で台湾長期出張の任務が有り、やむなく教室を辞められた。その後、台湾でも色々あった彼女、もともと半年の予定が3ヶ月で帰国。その後、自宅も少し遠くへ引っ越された。

まだ、引っ越ししてまもなく、忙しい時というのに、挨拶に来てくれた。私も、中国語村当日でバタバタしていたけれど、昼食休憩時間に来てくれたので、20分間ほど話をして・・・。そして、3月の餃子大会には絶対に来てね!と約束して別れた。

時々、こうして教室を卒業していった講師たちから連絡が入る。なんだか「つながってるなぁ・・・」と感じる瞬間。この新年にも、一人、2年前に中国に帰国した講師から、新年の挨拶のメールで、日系企業で頑張っているとメールをもらった。頑張ってほしいと思う。
0

2013/1/14

スキー合宿  子育て

長男は小学3年生。初めてスキー合宿へ行かせた。目的は、スキーが上手くなる事より、まず、親から離れて、子供達だけで(もちろんインストラクターの方の指導の下、面倒をみて頂く中で)生活する体験をさせたかったから。

男の子なので、あれこれ細かい事は言わなかったけれど、かなり楽しかった様子。インストラクターの方、大学生のボランティアの方が十数名いらっしゃって、大学生の方達には、おもしろいあだ名がつけられていた。子供達がその方が覚えやすいから。

「じゃがりこ」「こくまろ」とか、おもしろいあだ名があって、長男は帰宅後も、そのあだ名を言いながら、「じゃがりこがこんな風に言っていた」とか、楽しそうに教えてくれた。

少しはたくましくなって帰ってきたのだろうか?またこんな機会があれば、行かせたいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/1/12

中国語村終了  

中国語村というのは、毎年新年に開催している、1日レッスンのイベントの事。今年で3回目になる。

初めて開催した時から、色々資料は残していて、毎回改善をしているつもりなのだけれど、やはり反省点は毎回出てくる。ま、たったの3回目だから仕方が無いのだけれど。

もともと、5年前に一泊旅行を企画し、旅行半分、レッスン半分・・・というイベントをした時に、「やはり、レッスン中心にしてほしい」という声が上がった為に作られたイベントだ。

今年は外部の先生も、1,2回目とは違う先生に来て頂き、レッスンをお願いした。クラスはレベル別に4つに別れた。各レベルごとに、何をポイントに、どういうレベルで授業を進めるか考えるのだけれど・・・。1クラス、「少し難しく」したクラスがあって、このクラスは「少し難しく」したつもりが、「かなり難しく」感じられたようで、この点に関しては、反省点が残った。

下の写真は、中国語村の後、2名の生徒さんと行ったお疲れ様会(?)での食事。私と3人だけだったせいか、私も色んな教室の裏話をしてしまった。熱く語ってしまった私・・・。その後は温泉へ・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/1/11

手紙  国際結婚

やはり体調が良くないのです・・・。毎日パソコンに向かう事ができず、ブログ更新は飛び飛びになると思いますが、ご了承下さいませ。

さて、皆さんご存じ、私の夫は中国人。私と夫の結婚は、お互いの両親が会う事なく結婚に至った。双方両親が結婚に賛成してくれていたからで、結婚式にもどちらの両親も参列する事は無かった。国際結婚ってそんなもんかもしれない。

結婚3年後、夫の両親が来日、そこで初めて双方の両親が会う事になった。

今ではネットでチャットもできるけれど、もちろん言葉の壁があるので、普通に話をするという事は無い。どうしても私たちの通訳が必要。

最近、夫の両親から私の両親宛に手紙が届き、それを訳した。中国語から日本語に訳すのは難しく無い。ところが、今度、私の両親が返事を書いた日本語を中国語に訳す。これが難しい。

・・・というのは、日本語はあいまいな言葉だから。文章に無い単語を入れなければ、中国語にならないとか。日本語は、単語の羅列や体言止めでも詩的な文章として流れるが、それでは中国語の文章にはならない。必ず、文章(述語が必要)にしなければならない。文章の構造自体を触り、述語や名詞を作って付け加えなければ文章にならない。

もし、こういう日本語の特徴を分かっていれば、外国語に訳しやすい日本語を書くように、日頃から気をつけた方がいいと思う。実は、その方が正しい日本語であるはずだと思うから。
0

2013/1/8

イベント準備  教室

今週末に、教室で「中国語村一日レッスン」というイベントがある。私の教室も新年昨日から始まったばかりで、既に今日中にはほとんど、その授業準備を終わらせてしまわなければならない。

4クラス5時間授業、内、外部講師の方が4時間授業して下さるので、その他16時間の授業準備をしなければならない。

中国人講師も4名参加、その担当者との打合せで昨日からかなり忙しい。大体8割は準備できたのではないだろうか・・・。今日は、その為に事務の方にも手伝って頂き、3階の部屋を改造。これにも1時間半時間が掛かった。

その中に通常レッスンが入ってくるので、目がまわる忙しさ!
0

2013/1/7

人日  中国

中国では旧暦の1月7日を指すのだけれど、1月7日は「人日」、伝説で神様がこの世を創造され、第7日目に人間を創造された、というお話。今日は旧暦ではないけれど、その1月7日。

今日は仕事初日。午前中から漢詩クラスがあった。実は漢詩クラスだけは、あるカルチャーセンターで開いているのだけれど、このカルチャーセンターが今年3月で閉鎖される事になった。文化系のカルチャーセンターはどこも経営が難しい。恐らく30年前後は続けてきた所だとは思うけれど、大手でも経営は難しいようだ。

さて、ではその漢詩クラスをどうしようか、という事で今日は生徒さんたちと相談。近くで借りられる会議室を生徒さんたちが探してきてくれる、と言う。次回のレッスンまでに探して、今後は自主運営でやっていきましょう(そこに毎回私が講師として参加)、という事になった。すごくやる気のある生徒さんたちばかりで嬉しい。
0



AutoPage最新お知らせ