2012/12/5

趣味の大切さ  独り言

「とにかく何か趣味を持ちたい」
「とにかく何か習い事をしたい」

・・・という理由で、うちの教室に来られる方もいらっしゃる。特に、何かの目的があるわけじゃなく、中国語じゃないとダメ、という事でもなく・・・。

そういう時、「趣味って大切だな」って思う。人は文化的、社会的生き物だから、人から文化的、社会的生活を奪ってしまったら、それは悲劇になると思う。だからこそ、そういう境遇に陥りやすい環境におられる方にとっては、趣味を持つ事が本当に本当に大切なんだと思う。

そういう方に、うちの教室で学んで頂く事で、何か「生きているな・・・」とか、「社会の中に存在してるな・・・」とか、「楽しいな♪」と感じてもらえたら、至極嬉しい。それこそ、私たちの教室の存在意義が有るというもの。
0

2012/12/4

クリスマスプレゼント  子育て

クリックすると元のサイズで表示します中国では、90年代はそれほどクリスマスを祝う習慣は無かった。2000年に入ってから、クリスマスにはサンタさんの絵をペタペタ貼り付けるお店が増えてきて、ホテルやレストランでも、クリスマスイベント、メニューなどをするのも当然になってきた。

以前、中国で異色に感じたクリスマスの雰囲気も、随分板に付いてきた・・・というので、教室内でも少しクリスマスデコレーションをし始めた。

最近私の車の中では、松任谷由実40周年記念アルバムのCDが流れていて、子供達のお気に入りは「恋人がサンタクロース」。そして、サンタさんに何のプレゼントをお願いするか・・・の話が車の中で毎日繰り返される。

今年はwiiが欲しいそうだ。長男はwii本体、次男はwiiのリモコン4本・・・らしい。夫は反対。子供達に「もう家にゲーム(DSやPSP)は有るから、有るものはサンタさんはくれないよ。」と言いながら、「文房具セットにしたら?」とか、子供が絶対納得いかないような事を話している(今時の小学生で、サンタさんに文房具セットお願いする子なんていないでしょ〜、いつの時代?)。

私はもうwiiでもいいかな、と思っている。昔と今は、親子のコミュニケーションの取り方も変わってきている。wiiは、親子でできるゲームや遊び(ダンスや太鼓など)も多いから、いいと思うけどな・・・。

写真は、今日一人でランチに行ったお店の外にあったお花。


0

2012/12/2

次男、作品展  子育て

クリックすると元のサイズで表示します次男の保育所で作品展があった。この作品展は、先生方も非常に力を入れておられ、約半年間かけて仕上げたものだ。これらの作品を、いつも保管され、6,7月頃から少しずつ、少しずつ、子供達を指導して作りあげていったもの。

小学校と違い、子供を指導する時には、3,4人の子供を呼び、一人の先生(時には2人)がつきっきりで指導する。「象さんはもっと鼻が長いよ。」とか、「ライオンさんには、顔のまわりにいっぱい毛があるよね。」などと言いながら、それらの特徴をどう作り上げていくか、子供に想像させてあげ、子供自身が自分の力で作れるようにしていく。
クリックすると元のサイズで表示します保育園の先生の指導は本当に素晴らしいなぁ・・・と思う。子供は、そういう声掛け一つで、色々想像力を働かせる事ができるんだなって。そういう事を、我が子になかなかしてあげられず・・・忙しさにかまけ・・・特に、長男の時には、本当に子育てという子育てをちゃんとしてあげられなかった。

今なら、次男には、家でも声掛けしてあげる余裕も出てきているんだけれど。母親として、私も本当に勉強させてもらっているという感じ・・・。そういう意味で、長男は、未熟過ぎる母の下で育ってきたので、本当に申し訳ないと思う。

下の写真は、警察を表現したものらしい。みんな、ちゃんと帽子をかぶっているよね。


1

2012/12/1

オークワごっこ  子育て

クリックすると元のサイズで表示しますこれが楽しいんだ(笑) 次男が作った「オークワごっこ」のグッズ。

次男は今、レジを打っている。チラシを切ったものを並べ、私がお客さんになって買いに行く。財布の中には、いっぱい札束(紙を切って値段を書いたもの)と紙で作った小銭、オークワカードが入っている。私はその財布を持って買い物に行く。

買ったものを次男に渡す。手作りの紙のオークワカードも忘れずに渡す。次男が、「ピッ!」してくれる。ピッし終わったら、お釣り、レシート、買った物を渡してくれる。ちゃんと、手書きのレシートまで作ってあるからおもしろい(^-^)

クリックすると元のサイズで表示しますレジは、ちゃんとピッを通すところ、お金を置くところもついている。レジの前には、レシートとお釣り用お金が準備されている。一緒にこの「ごっこ」をやっていると、次男のしぐさやお店屋さんの言葉をそのまま使うところなど、笑わされる。楽しくて、私もつい、何度も買い物してしまうのだ。

私たちが「オークワごっこ」をしている後のソファーでは、おじいちゃん(私の父)が寝ながらテレビを見ている。家族団らんの風景。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ