2012/10/25

授業参観  子育て

今日は長男の授業参観。一年生の頃は、私自身に余裕が無く、我が子だけを見ていたが、最近はクラス全体を見渡したり、隣のクラスの様子を見に行ったりしている。授業参観は、各先生方の自分の成果を発表する場でもあるのだな、と感じる。

今日は、1組算数(確か・・・)、2組国語、3組社会(社会見学の発表)。それぞれ違い、1組は、授業終了後に手話つきの歌も発表していた。

長男は2組。辞書を使う練習。クラス全員が、一生懸命取り組み、たくさんの子たちが一生懸命発表していた。とても良かったと思った。

終わると学級懇談。たったの6人の参加。いつも参加する保護者は同じなので、みんな名前を覚えてしまう。

学級懇談が始まった直後、ある男性の保護者が、参観前に我が子が上級生にいじめられ、泣かされていた事を感情的に担任に抗議。「すぐに調べて、今すぐにでも、保護者たちが来ているのだから、保護者をここに連れてきて、状況を説明してくれ。」という剣幕。

泣かされる度に、保護者がこんな剣幕で学校に抗議していたのでは、学校はたまったものではないだろうな。喧嘩も学習のうちの一つじゃないのかな?我が子がいじめられる側になる事もあれば、その反対にだってなり得るのだし。

昔、自分が小さかった頃の事を思い出したら、友達との喧嘩をしなかった事は無いだろうし、その中から学ぶ事もたくさんあった。それを、大人が暖かい目で冷静に見つめる事が必要なんだと思うけれど・・・。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ