2012/8/16

再び流しそうめん  季節

クリックすると元のサイズで表示します7月末に初体験した流しそうめん。夫はよっぽど楽しかったのか、珍しかったのか。あれ以来、もう一度やりたい、今度は自分で作ってみたい、と言い出した。

おいおい、自分で作るって・・・ そんな簡単に作れるものだと思っているのだろうか? まず、その材料(竹)はどうするんだ? 竹細工とか、竹で何かを作ったことも無い人が、どうやって作ると言うのだ?

自分でやった事が無いので、何でも簡単に考えている。あちこちで、「流しそうめんを自分で作ってみたい。」と言いふらし、そのうちに、ある知人が「俺の知人が竹林を所有しているから、切ってもいいか聞いてあげる。」と言ってくれた。

クリックすると元のサイズで表示しますああ〜、なんて迷惑な事だ と思ったのだけれど、その方は本当に親切で、今回喜んで、「流しそうめん作り」を一緒にして下さった・・・というより、全部何から何までアレンジ、準備をして下さり、私たちに色々教えながら一緒に作って下さった。

夫も喜び、一人の中国人の友人を呼んできた。その友人は、まだ来日数ヶ月、仕事で来日している為、それ程日本語ができない。この夏休みに、日本語もできず、ずっと一人というのは退屈するだろう、と夫が呼んだのだ。

クリックすると元のサイズで表示しますもちろん、その彼にとっても初体験の流しそうめん。竹を切る所から、作るところ、食べるところ、いずれにしても非常に興味深く楽しかったようで、ずっと写真を撮っていた。

もちろん、夫も子供達も大喜びで、特に夫は、何とか自分で(というか、知人の方がほとんどして下さったのだけれど)作れた流しそうめんに大満足。こんな風に、たまには人に面倒掛けて楽しませてもらうのもいいのかな・・・。夫よ、良かったね。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ