2012/8/13

ガラス工房にて  子育て

クリックすると元のサイズで表示しますママは忙しい。小学生の夏休みの宿題は、親との共同作業が基本になっている。工作にしろ、作文にしろ、書道にしろ、親の指導無しにはできない宿題だらけ。しかも、結構時間の掛かる宿題ばかり。

多くの保護者の方は、それで夏休み、ヒーコラ言って、手の掛かる宿題に頭を悩まされ、愚痴の一つや二つは言いたくなると思う。でも、学校もわざとそういう宿題を出さざるを得ない状況があるのではないかと思う。

一つには、やはり、親子のふれあいの為。最近はどうか知らないけれど、一時モンスターペアレンツという流行語ができたくらい、ちょっとどうかと思われる親が社会問題となる時期があった。
クリックすると元のサイズで表示しますそういう親たちに、もっと自ら我が子に直接関わるように、と学校側(教育委員会?国?)が意図して、こういう宿題を出すようになったのではないだろうか・・・?

と思う反面、確かに私が子供の頃も、こういう宿題はあったなぁ・・・と思い出す。ところが、思い出してみても、ここまで親に助けてもらった記憶は無い。・・・って事は、やはり、最近の子供達が昔とはかなり違っている、という証拠でもあったりする。

ま、それはさておき・・・。
クリックすると元のサイズで表示します今日は、その小学3年生の長男の夏休みの宿題で、ガラス工房へ行ってきた。社会科で「市の調査」の宿題が有り、地場産業を調査しよう、というものがある。長男はそれで、ガラス工房を選んだ。

学校が紹介したガラス工房は、和泉市でかなり昔から作られているガラス細工工房だったが、そちらは少し遠かったので、別のガラス工房へ行ってきた。ここは、高級ガラス食器を作る工房だ。

長男は一人で、体験させてもらっていた。かなり暑いので、それが大変だったけれど、作っている間、集中も途切れず、なんとか完成させていた。

クリックすると元のサイズで表示します何でも長男と同じ事をしたがる次男。まだ4歳だけれど、私が着いて一緒に体験。長男よりずっと集中してやっていたかも(笑) ガラスが溶けた状態のものを入れる釜の温度が、なんと、1200度!そんな釜のすぐ横での作業、大変だったけれど、インストラクターのお兄さん、お姉さんたちは毎日こんな暑い中で作業されているのかと思うと、すごい!

作った作品は、まだ500度の釜の中でしばらく寝かせなければならないそうで、その後きっと、冷却とか色んな工程があるのだろう、実際完成するのは、24日以降とのこと。楽しみ。

それより、この体験とインタビューをまとめて、調査表を大きな紙1枚にまとめさせるのがまた大変な作業。ああ、そっちも頑張らなきゃ!


0

2012/8/12

磯  旅行

クリックすると元のサイズで表示します最近海水浴と言うと、やはり砂浜の有る海水浴場へ行くと思う。着替えや、終わってから足を洗うとか、そういう設備が整っていて、便利だからだと思う。

確かにそういう設備があると便利だけれど、人がうじゃうじゃいる海水浴場は苦手。水も汚いし。磯では、海って生きているんだなぁ・・・とすごく感じる。貝類の生き物が多くて、通常ペットショップでしか見られないヤドカリもたくさんいた。

翌日は砂浜のある所でも泳いだけれど、子供たちは、やっぱりこの磯での海水浴が楽しかったよう。


1

2012/8/11

夏  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
家族旅行に行ってきた。海・・・誰もが行く海水浴場ではなく、地元の人しか知らないような磯。子供たちもとっても喜び・・・。

夫は、日本に来るまで、海で泳いだ事はなかった。何度目かの海水浴だけれど、今回は、この磯で貝類(小さいもの、スーパーなどでは見られない)をたくさん捕って、その場でパクパク食べ、大満足!

今回は、両親、兄の家族、私の家族、全ファミリーでの旅行。とっても楽しかった!磯も、私たちだけ貸し切り状態!大大満足〜の旅行だった♪
1

2012/8/9

扇風機  子育て

クリックすると元のサイズで表示します今、長男の夏休みの宿題の絵を、長男、次男、私の3人で一緒に描いている。何を描こうか考えて、目の前にあった扇風機を描くことになった。

これ、4才の次男の作品。なかなかいいんじゃないのぉ〜 私よりうまいかも・・・


1

2012/8/8

どう語る?  中国

クリックすると元のサイズで表示します
今の中国、都会と農村、その経済、医療、教育などの格差で、ひとくくりで話しはできない国になってしまっている。都会の中でも、超大都市と大都市、都市ではまた、物価も給料も全然違う。何をどう語れるか・・・?一つの例は、その他とはまったくそぐわない。全体の話では、あまりにもぼやけている。複雑すぎ、変化が大き過ぎ、違いが大き過ぎ、問題が多岐にわたり過ぎて・・・。

私など、もう年に1回しか行かなくなってしまい、それで中国の何が分かるのか・・・何も分からない、という感じだ。そこに住んでいても、どこまで中国を理解できるのか・・・。

ある中国で活躍する日本人政治評論家、彼の立場も非常に難しいものがある。彼はあえてそれに挑戦してきて、今尚し続けているが・・・。中国で政治的コメントを公表するのであるから、当然少し中国寄り(語弊があるかもしれないが)のコメントでなければ、中国の世論には受入れられないと思う。ところが、彼は日本人だから、日本人としての立場も崩してはいけない。そこを崩せば、求められているものと異なってくるから。

ただ、バッシングは受けやすい。そういう綱渡りのような仕事を彼自身が選んできたのだろうけれど。そうやってただの一人の日本人として、彼がやってきた事、やろうとしている事は、なかなか他の人にはできない事だと思う。
0

2012/8/7

今年の夏は行かない  国際結婚

クリックすると元のサイズで表示します
昨年夏休み、蘇州へ1週間里帰りに行った。里帰りと言うくせに、夫は一緒に行っていない。私が息子2人を連れて行ってきた。

この時期、大阪でもかなり暑いけど、蘇州ももちろんそれにも負けないくらい暑い。この暑さの中を、あちこちでかける、というのは非常に辛いものがある。

・・・というので、義父母たちも「夏はもう勘弁してくれ・・・」という感じだったので、今年は夏休みには行かない事にした。今年は大阪で夏休みを過ごす予定。特に、息子たちには、普段体験のできない事を色々体験させてあげられる夏休みにしたいと思っている・・・と言いながら、もう既に夏休みの半分が過ぎようとしている・・・早い。

写真は、去年蘇州の茶葉問屋街で撮影したもの。
0

2012/8/6

ファースト・キス  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
そのキャンプでのプールの様子。他のチームと合同のプールだった。プールに入る前、あるコーチからみんなに、水泳中の注意についてお話があった。

「おまえら、沈んだら(おぼれたら)俺とファースト・キスせなあかんで!」

そのコーチのお仕事は消防士さん。人工呼吸は上手なはずだ・・・。

ま、幸いにもファースト・キスを奪われた子はいなかった。
0

2012/8/5

夏真っ盛り!  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
今日は、ソフトボールチームの1日キャンプ。青少年野外活動センターでバーベキューの後、プールへ・・・。私はプールの監視人として付き添い・・・。大人も子供も大はしゃぎの一日だった。
0

2012/8/4

私のパソコン  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
私のパソコンはこんな事になってます・・・。次男がペタペタ貼り付けるのです。彼が喜んで貼ってくれているのでそのままに・・・。あまり、外で見せられないかも・・・(教室事務所にて)
1

2012/8/2

ゾウのいない動物園  子育て

クリックすると元のサイズで表示します夏休み真っ最中。昔、自分が小学生の頃、夏休みの宿題はこんなに多かったかな?と思う。

色々宿題がある中で、今、長男と一緒に読書感想文の宿題をしている。よっぽど本を読むのが好きで、作文を書くのが得意な子でない限りは、大抵が親と一緒になってやるしかない、この読書感想文。

図書館にも連れて行ったが、結局家にあった本「ゾウのいない動物園」を本人が選んだ。読むのにかなり苦労した。普段、こんなに小さい字の本は読んでいないから。読むのに4,5日掛かった。読む時も、勝手に読ませれば、ただ頁をめくるだけになるので、横について意味を確認しながら読む。かなり時間が掛かり、骨が折れる作業だ。

ご存じの通り、これは反戦のお話。戦争に関するお話になってくると、長男にはほとんど状況が理解できなくなってくる。まず、戦争とは何か?から始まる。一つ一つの単語に至っては、「召集令状」「配給」「訓練空襲警報」「発令」「防空訓練」どれも、長男にとってはまったく意味不明の言葉だ。それを一つ一つ説明しながら読まなければならない。

この本を読みながら、戦争について色々説明した。

でも、私だって実際の戦争体験者ではない。テレビ、映画、本などで見たり聞いたりしただけの知識だ。それを、この平和な社会しか知らない、物があふれかえるこの時代しか生きていない子供達に話して、どこまで通じるのだろう?

どうであれ、少しでも「平和」について子供と話しをする機会が持てた事は、とても良かったと思う。夏休みは、子供がずっと家にいて大変だ・・・という反面、普段は子供とじっくり関わり合えない貴重な時間を持つことができていいな、と思う。


3

2012/8/1

穴場のプール  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
今日、午後から時間が空いていたので、夏休みで家にいる子供達をプールに連れて行って来た。これは幼児用プール。もう一つ25メートルプールがある。
クリックすると元のサイズで表示します
これはプール側から撮影したプールの外側。ちょっとおもしろいんじゃない?正直、ここは地元の人じゃないとちょっと来られないと思う 
クリックすると元のサイズで表示します
プール前はこんな風に雑木林よ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
これはプールの入り口。ここに来るまでに通る道は、車一台がやっと通れるような道を通らないといけないので・・・。でも穴場ね〜 市民プールなので、大人300円、小中学生150円、幼児無料。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ