2012/5/27

塞翁が馬  子育て

私の座右の銘は「塞翁が馬」だ。辛い事があった時、いつもこの言葉を思い出す。そして、今のこの苦境は、本当は自分にとって必要で良い事への発展の為なんだ・・・と思い直す。そうすると、すぅーーーっと色んな事が受入れられる。

昨日土曜日は次男の保育園の運動会だった。今日は、長男のソフトボールのお茶当番。朝5時半起床、お弁当を作り、朝7時集合。車で約30分の試合会場へ行き、夕方まで4試合、帰宅は夕方5時半。一日中のお茶当番だった。夫もコーチとして参加した。

それもこれも我が子の為なんだけれど、やっぱり今日も試合にほとんど出られなかった。長男が出たのは、バッター交代で1回打席に入っただけ。でも、突然打席に入っても打てるわけがない。それで試合は終わった。

愚痴になるけど、長男より学年が下の子も2試合出してもらい、我が子だけが、たったの1打席参加。同じ学年の子で少なくとも1試合は全部出してもらっているのに・・・。夫もコーチとして、私もお茶当番として一日中付き添っているにも関わらず、何故我が子だけ・・・と泣きたい気持ちになった。

それでも長男は、誰よりも一番大きな声で応援していた。けなげな長男に本当に泣けてきた。帰宅後、夫とも「監督の考えだから仕方がない。我慢するしかない。」と話をした。塾の為に練習を抜ける事が一番の原因だろうし・・・。他に頑張っている子はもっと頑張っているのだから、あれもこれもと思う方が欲張りなんだろうと思う。

これも私たちにとっては精神的な苦難(大げさだなぁ〜あはは)かもしれないけれど、これに耐えるというか、それでも練習や試合に参加する事が、きっと後々の人生に大きな意義を持つはずだから、塞翁が馬だ・・・と思う。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ