2012/5/8

福島へ7  旅行

クリックすると元のサイズで表示します今回のシリーズはこれが最後。野口英世記念館。ここも、そんなに大きくない所なのに、展示物が非常に良かった。色んな展示物があって、じっくり見るとやはり、結構時間がかかった。

毎年ここで開催されているそうだが、「母から子へ」の手紙コンテストがあり、その中の優秀な作品が多く掲示されていた。その作文の全部は読めなかったけれど、災害の事で書かれた手紙もあり、切実な思いがひしひしと伝わってきた。中には、おもしろおかしく書かれた作文などもあり、色んな感動があった。

クリックすると元のサイズで表示しますこの記念館で一番の人気は、実は”野口英世ロボット”かもしれない。写真を撮ってくるのを忘れて、ここにアップできないのが残念だけれど、そのロボット、非常によくできていて、本当の人間のように動く。特に、目やまぶたの動きがとても自然で、ロボットとは思えないくらい。

ボタンを押すと、ロボットが動きながら喋る。たくさんのパターンがあって、どれも子供や若い人たちに聞かせたいセリフばかりだった。

こちらの地方では、この野口英世ロボットのコマーシャルも放映されているとか・・・。このロボットを見るだけでも、一見の価値はあるかも?

写真は、英世が手を突っ込んだ囲炉裏(実際のもの)。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ