2012/5/6

福島へ5  旅行

クリックすると元のサイズで表示します鶴ヶ城、見所満載だったのだけれど、最後の最後に本当に感動したのは、紙芝居。

来年の大河ドラマは綾瀬はるか主演「ハンサムウーマン新島八重」。その舞台となるのが、ここ福島、鶴ヶ城。今回旅行のあちこちに「ハンサムウーマン」の旗が掲げられ、その力の入れようが伝わってくる。

その新島八重の物語を紙芝居で語ってもらえる。出口のところで、紙芝居を見られるコーナーがあり、そこで大熱演の紙芝居をじっくり見させてもらった。語りの人は、袴姿にはちまきを頭に巻き、太鼓や鐘を鳴らしながら舞台役者のように語られる。正直、本物の紙芝居というのを初めて見て感動!
クリックすると元のサイズで表示しますこれは、その紙芝居を見た後に配られた冊子。紙芝居もこの冊子の絵と同じだった。

ここでそのお話(紙芝居)を聞いた後に、白虎隊が自決をしたという飯盛山へ行った。この話を聞いてから行くのと、そうでないのとでは、感動が全然違う。

来年は絶対に大河ドラマを欠かさず見て、この冊子を見ながら楽しみたいと思った。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ