2012/5/31

コミュニケーション2  独り言

今日は外国語でのコミュニケーションを考えてみた。その場合、段階があると思う。

1.用事を済ませられるレベル
  (例:トイレはどこ?あそこ。/今何時?/私は〜がしたい。)
2.意思疎通のレベル
  (例:昨日〜して・・・と思った。等)
3.討論のレベル

ビジネスで言えば、1=出張、旅行レベル。2=友達、同僚、会食接待レベル。3=ビジネス、商談レベル。・・・となるだろう。

では、自分にとって、その外国語がどこまで必要か・・・という問題。

今週、ある組織のトップの方とお話する機会があり、その方は英語しか話されなかった。私は、その方の英語は聞いて分かるので、直接英語でお話を聞いたが、その方以下部下の方たちは英語が分からないので、通訳を通していた。その組織では英語は通常不要なので、メンバーは英語は話さない。

一つの組織をまとめる際、組織内でのコミュニッケーションレベルは3を求められると思う。そこでいつも通訳を通しては、その組織を本当に精神面からまとめられるのだろうか?

私の教室では、講師は全員外国人。彼らも日本語を話すが、私は彼ら彼女らとのコミュニケーションは中国語でしている。その方が、きっちり思いが通じるからだ。例えば、私が中国語はできず、彼らも日本語ができなかったとして、いつもたった一人の通訳を介してのみ、彼らとコミュニケーションをとっていたとすれば、とてもまとめられたものではない。どんなに全体会議を持っても、普段から、仕事中のその場その場でお互いが気付いた事を話し合わない限り、組織としてはうまく機能しないだろうと思う。

例えば、組織の中で、レベル2でコミュニケーションが取られれば、最低限の機能は損なわれないだろう。でも、トップ以下の人間は、何をすべきかは分かっても、何故そうすべきか・・・までは分からないだろう。ロボット的に働くしかなくなり、それでは、彼らの「やりがい」は生まれない。その結果、その組織は生き生きとしなくなっていくだろう。

組織の中には、「言葉の壁」はあってはならないと思う。
0

2012/5/30

コミュニケーション  今日の出来事

実は、今の世の中に求められているものって、コミュニケーションじゃないかな・・・と思う。色んな考えの人がいて、人々はもしかすると、人と腹を割って話すことを恐れているのかもしれない。でも、本当はそれを求めている・・・。知己と出会って、思いを共有し合いたい、と思っているのではないだろうか・・・。

でも、みんな縮こまって本音はオブラートに、オブラートにする。私のようなストレート直球・・・は、時として相手を戸惑わせる。ストレート直球しか投げられない私は、そのタイミングを測るしかなく・・・直球を受けられるを相手探すことになる。そういう人は、結構いるもんなんだ、幸いにも。

もちろん、社会にはルールもあって、その中で動くのだけれど。本音を隠してオブラートにする分、衝突は少ないのかもしれないけれど、閉塞感が漂う。誰も何も言えない雰囲気・・・。

人はみんな、どこでそのフラストレーションを解決しているのだろうか?他の場所で、それを求め、満たしてくれるものがあるのだろうか?

人々は相互理解を求めている。相互理解はコミュニケーションの上に成り立っている。コミュニケーションの手段が時として奪われている。自分からコミュニケーションの場、機会、手段、方法を作り出していく事・・・実はみんなどこかでそれを探しているんじゃないかな・・・。
0

2012/5/30

会話は反射神経  

外国語で会話をする時、会話が流暢にできる人というのは、要は反射神経が良い。耳から聞こえて脳に音が届いた時、その意味を認識する反射神経。そして、自分が言わんとする事を外国語に切り替える反射神経。そして、一番大切なのは、頭の中で切り替えた言語を、口を動かして言葉に発するという動作的反射神経。

特に、「話す」という行為は、口を動かして発声するという「動き」。脳から指令が出て、体の一部を動かしているわけなので、いわゆる運動的な反射神経がここでは求められることになる。

日本語を話す時には、日本語発音に必要な口、喉の動きで筋肉が使われる。外国語になると、日本語では使わない口全体の動き、喉の動きが必要になる。そこの部分を瞬時に必要に合わせ動かせるか。つまり、運動能力、運動的反射神経が求められる事になる。

それを鍛えない限り、“流暢に”話すレベルには達することができない。ネイティブレベルの流暢さを目指す人は、まず、その点における反射神経を高める練習方法が効果的になってくる。

机に向かって読み書きの練習をしているだけでは、反射神経を高めることはできない。
0

2012/5/28

日本人が好きな”頑張れ!”  独り言

日本人は、「頑張れ!」と言ったり、「頑張ります!」と言うことが多いと思う。私が思うに、日本人にとって、頑張る事は美徳なんだと思う。

そういう私も、頑張る事は好きだし、頑張っている人も好きだ。大抵は、頑張っていたら報われる事が多いとも思う。

ところが、最近世の中、ちょっと変わってきているのかな? みんな、そんなに頑張りたくないのかな? 頑張っても、そんなに報われないから? 頑張る事が美徳ではなくなってきていて、「そんなに頑張らなくていいよ」「気楽にいこうよ」・・・に変わってきているのかな? 頑張っている事を評価してあげる事はなくなってきたのかな?

もちろん、例えばビジネスの中では、いくら頑張っても結果がついてこなければ、その頑張りは無意味と判断される事が多いと思う。何でも数字につながらなければ意義が無い。そう評価される。

そのビジネスの世界が、普通の私たちの生活の中にも適用されつつあるのだろうか? 教育の現場でも、頑張ったり、必死になったりする事は避けられつつあるのだろうか?

時代はどういう方向に進もうとしているのか? でも、人々が本当に求めているもの、必要とするものって何なんだろうか? その方向と合っているのだろうか?

0

2012/5/27

塞翁が馬  子育て

私の座右の銘は「塞翁が馬」だ。辛い事があった時、いつもこの言葉を思い出す。そして、今のこの苦境は、本当は自分にとって必要で良い事への発展の為なんだ・・・と思い直す。そうすると、すぅーーーっと色んな事が受入れられる。

昨日土曜日は次男の保育園の運動会だった。今日は、長男のソフトボールのお茶当番。朝5時半起床、お弁当を作り、朝7時集合。車で約30分の試合会場へ行き、夕方まで4試合、帰宅は夕方5時半。一日中のお茶当番だった。夫もコーチとして参加した。

それもこれも我が子の為なんだけれど、やっぱり今日も試合にほとんど出られなかった。長男が出たのは、バッター交代で1回打席に入っただけ。でも、突然打席に入っても打てるわけがない。それで試合は終わった。

愚痴になるけど、長男より学年が下の子も2試合出してもらい、我が子だけが、たったの1打席参加。同じ学年の子で少なくとも1試合は全部出してもらっているのに・・・。夫もコーチとして、私もお茶当番として一日中付き添っているにも関わらず、何故我が子だけ・・・と泣きたい気持ちになった。

それでも長男は、誰よりも一番大きな声で応援していた。けなげな長男に本当に泣けてきた。帰宅後、夫とも「監督の考えだから仕方がない。我慢するしかない。」と話をした。塾の為に練習を抜ける事が一番の原因だろうし・・・。他に頑張っている子はもっと頑張っているのだから、あれもこれもと思う方が欲張りなんだろうと思う。

これも私たちにとっては精神的な苦難(大げさだなぁ〜あはは)かもしれないけれど、これに耐えるというか、それでも練習や試合に参加する事が、きっと後々の人生に大きな意義を持つはずだから、塞翁が馬だ・・・と思う。
1

2012/5/23

犬、鳥、虫の気持ち  子育て

今日長男が、近所の方からクワガタムシの幼虫を2つ頂いて帰ってきた。頂いたものを、また返すわけにはいかない。仕方無い、夜、教室へ行く前、急いでホームセンターへ行き、幼虫飼育用の土を買って来た。

うちの家にはインコも一匹飼っているが、長男が飼いたいと言って買ってきたもの。ところが、今世話をしているのは、私と私の父。

今度はクワガタの幼虫。誰が世話をするのだ。

昨日も、気が向いてインコに餌をやった長男だったが、餌のやり方が全然ダメ。何度教えてもうまくできない。食べる量は、大体1日で食べる量。栄養バランスを考え、5種類の餌を3カ所に分け、あるものは混ぜ、あるものは混ぜない。量と混ぜる割合がムチャクチャだ。

「あなたも、食事の時、3日分の食事を与えられて、3日間毎日同じものを食べなさい、と言われたら嫌でしょう?2日目、3日目、おいしくなくなった料理を食べる事はできないでしょう?嫌いな物ばかり出されたら食べないでしょう?

鳥も同じ。自分がされて嫌な事は、動物にもしてはいけない。」

と教えたばかり。そして今日はまた、虫の話だ。

「動物を飼うのは難しい。動物は話せない。だから、寒いとか暑いとか、お腹空いたとか、どう思っているか、分からない。まして、虫がどう感じているか、あなたには分からないでしょう?虫が暑いと思ってるか、寒いと思ってるか。だから、すぐに死なせてしまいやすい。」

それも一つの体験として飼ってあげるのはいいけれど、鳥や虫の世話をしながら、また長男に世話をさせたり、つまりは私がしなければならない長男のしつけがまた増えるという事。ああ・・・号泣です。
0

2012/5/22

でんぐり返り  子育て

鉄棒もしかり、今度はでんぐり返りだ。本当に信じられない事なのだけれど、長男が、でんぐり返りの後転ができないというのだ。

私はもちろん今でもでんぐり返りの後転はできるし、子供の頃も、それができないのはクラスの中で2,3人くらいだったと思うのだけれど・・・。長男に聞いてみると、できるのはたったの10名くらいしかおらず、あとの二十数名はみんなできないというのだ。

小学生に上がる前までは、本当に毎日遊び倒し、入学直前までまったく字が読めない(もちろん書くことはもっと不可能)だった長男。それくらい遊び倒していたのに、鉄棒もできない、でんぐり返りもできない。どういう事なんだろう?その程度の事は、私は練習しなくてもできた記憶が有るけれど。

長男が3年生になり、塾の算数、国語の宿題で毎晩つきっきり。その上、鉄棒やでんぐり返り、体育まで見て、今度は笛の練習までしなければならないようだ。

きつい・・・。どこの親も多かれ少なかれ、みんなこうして子供の教育に四苦八苦されているのだろうか?とりあえず、でんぐり返りは布団の上で練習できる。今日は何度か布団の上で練習した。ああ・・・誰か、家庭教師の給料下さい!(”誰か”って誰?〜)
0

2012/5/21

その瞬間を・・・  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します今朝は、子供達をいつもより40分早く起こし、金環日食を見に、7時に家を出て学校に行った。ほとんどの生徒たちが運動場に集まっていて、先生たちも一緒に見ていた。

学校は7時15分に開門、私たちは7時20分に到着、金環日食は7時28分きっかりに見え始めた。金環になった瞬間、少し辺りも暗くなり、運動場全体から「うわぁーーー!」という声が上がった。なんだかその瞬間はとても感動的で・・・。

クリックすると元のサイズで表示しますすごく楽しみにしていた長男はとても満足気だった。次男はまだちょっと分からないかなぁ〜 とりあえず、記念にこの写真を残しておこう。


0

2012/5/20

忙しい一日  今日の出来事

土曜日は本当に忙しい。教室はほぼ12時間開いている。私はその中で、昨日は11時間働いた。

そしてまた今朝は5時半起き。長男のソフトボールのお弁当作り。

それが終われば、今日は午前中講師研修会。今日の研修会もなかなか楽しかった。やりがいの感じた研修会だったな。

その後は、講師たちを引き連れて中華料理屋さんへレッツゴー!!

ところが私はまた、食事の途中で長男が試合に出ている、というメールが入り、慌てて試合会場に駆けつける。食事をしている講師たちをほっぽって(笑)、急いで行くと間に合った、間に合った。今日はいい所が3つあった。相手チームが打った球を受けて一塁へ送球、アウト!これが2回あり、ヒット(?、相手チームのエラー?)が1回あり!試合結果も、1点差で勝ち・・・。

やっぱり試合に出れるというのは、本人も親も嬉しいものだ。

0

2012/5/18

先生  教室

「先生」というのはどういう人を指すのか、私の中での「先生」というのは、「あこがれの人」になるだろうと思う。

どんなに自分が頑張っても、今の時点からどんなにあがいて努力しても、追いつくことのできない人。
その分野では、”超”がつく程優れた能力を持たれている人。
そして、その技術を伝授すべく生徒に教えるが、その教え方の上手い人。
上達する道を指し示すことができる人。
そして最後に、人柄も素晴らしくて、尊敬できる人。

私にとっての「先生」とはそういう人。では、私自身が教室の中で果たしてそんな人になれているのだろうか。・・・正直全然ダメだと思う(愚問だったな・・・)。どれも全然実現できていない。だから「代表」止まりなんだな。道を極めるというのは本当に難しい。言い訳だけど。
0

2012/5/17

逆上がり  子育て

今度は逆上がりの練習だ。今度は・・・って(笑) いや、最近体力を使う事が多いな、と(あはは〜)

長男は小学3年生。逆上がりができなかった、と言って今週月曜帰宅した。逆上がりは練習が必要だと、長男の逆上がりの練習に付き合う事にした。

昨日、住宅街の中にある4つの公園を自転車でまわってみたが、どの公園にも鉄棒が無かった。それで、空がほとんど暗くなりかけた時間になって、思い出したある公園へ行った。そこで練習する事、約30分。

腕は伸ばさない。体は反らない、エビのように丸く、思いっきり蹴り上げる。

私も何度か逆上がりをして見せる。これが結構しんどい。子供の頃と比べ、体重は倍くらいにはなっている。その重くなった体が回る、というのは、普段していないので結構辛い。また、まだ回れない長男の飛んだ足を捕まえて、回らせてあげる。これも体力を使う。

とりあえず、第一回目の練習は終わり。また明日も練習に行く予定。子供なりに、人に見られたら恥ずかしい、というのがあるようで、やはり少し暗くなってから行く予定。
1

2012/5/16

学校の草抜き  子育て

昨日は、朝から長男の小学校へ行き、草抜き作業に参加してきた。実質草を抜いた時間は、たったの20分くらいだったのだけれど、本当に疲れた。

朝、教室へ行く前、次男を連れて学校へ行き、作業に参加。運動場の隅の雑草は、かなり根が大きく、手では抜けない。私が少し大きな鍬を持って行っていたので、私が鍬で掘り起こした所を、子供達がその雑草を引き抜いてくれた。鍬も、手では雑草の根を掘り起こせず、足でテコにして掘り起こした。

普段、我が子が使わせてもらっているグラウンド。ありがとう、という感謝の気持ちで参加。時間が調節できたので、今回は参加できた。

子供が学校に通えば、色んな学校の活動や地域活動があって、そういう活動には可能な限り参加したいと思う。他の方も、できる範囲のことをして下さっている、その中で我が子が学校生活、地域生活を送れているのだから。みんながそうして可能な部分を協力し合う事で、より良い学校や地域の環境が生まれると思うから。

ただ、正直昨日は本当に疲れて・・・ああ〜、年には逆らえないのね〜・・・という感じ。
0

2012/5/14

男の子の育て方  子育て

「男の子の育て方」とかいう子育ての本はいろいろある。本はやっぱりマニュアルだと思う。マニュアル通りにはいかない。

「のびのび育てる」・・・私だってそうしたい
「何に対しても”心をこめて”やらせる」・・・できない
「さりげない一言でいい性格になる」・・・本当か?

私自身が、そういう本の中のような模範的な親になれない。子供は本当に怪獣のようで、その愚痴を夫に言っても、怪獣の親玉に愚痴を言うようなもんで、反対に叱られるだけで・・・。

どうしても、「私が子供の頃は、私はこんな事は親に言われなかった。」とか、「私は自分でやっていた。」とか、自分と比べて考えてしまう。そうすると、本当に息子のことが理解できないのだ。

女親には、やっぱり男の子を育てるのはかなり難しい事のように感じられる。


0

2012/5/13

ご心配ありがとうございます!  今日の出来事

私のブログを読んで下さっている方や、教室の生徒さんたちが、「老板娘、足首の皮膚の方は良くなられましたか?」とよく聞いて下さる。

まずは、ご心配下さり、ありがとうございます。とりあえず、普通に生活はできています。薬も毎日飲んでいるので、痛みもほとんど無くなりました。少しずつ治っています。期間を開けて、定期的に病院へは行かなければなりませんが。

今日は一日、長男のソフトボールの試合。低学年チームが2回試合に当たっていたのだけれど、長男は出番無し。塾へ通うようになって、練習にあまり出られなくなったからかな・・・。今日は私も久しぶりのお休みで、色々準備していたのに、長男が出られなくてちょっと残念。でも、仕方無い。文武両立は難しい。
0

2012/5/11

命をかけて築いたもの  趣味

今日、私が通うフラメンコ教室の経営者の方の訃報を聞いた。あまりの突然な知らせに、思わず全員が絶句していた。だって、つい2ヶ月前にも、不在の先生の代わりにレッスンして下さったばかりだったのに・・・。

この教室は、毎年2回、大きな発表会があり、1つの教室単独で、あそこまで大きな発表会をされている所は無いと思う。素晴らしい講師の方も3,4名いらっしゃり、トップの先生はそれこそ、その経営者の方と20年以上一緒にされてきたという。

とても良心的な教室で、先生方も皆さん素晴らしくて、生徒さんたちもみんなとても仲がよい。多くの生徒さんたちを抱え、フラメンコという特殊な世界(万人が必要とするものではない分野)で、こうして私たちの夢を育んで下さった。

私はその経営者の方とは、1度か2度しか面識が無かったのだけれど、今更ながらにその方の偉大さが感じられる。これだけ多くの生徒さんたち、また有能な講師の方達の夢を、一手に抱えて実現して来られた。その力量と熱意、人並みではとてもできない事だ。

そして黙って逝かれてしまった。誰もが途方に暮れてしまう。でも、今日生徒の皆さんから出てきた声は、講師の先生を心配する声、まずそれが一つ。そして、もう一つは、その経営者の方の夢をここで途切れさせることなく、私たちはできる限りこの形を残していきたい、という事だった。

私のような小さな小さな教室を運営させるだけでも、こんなに大変だというのに、あんなに大きな教室をお一人で経営されてきたなんて、どれ程のご苦労があったかと思う。また、これだけ多くの生徒さんたちを、フラメンコを通してこんなに幸せにして下さった、楽しませて下さった、その偉業は誰もが忘れられないに違いない。

今はただ、ご冥福をお祈り致します。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ