2011/3/31

電車の中で勉強  教室

通勤時間を利用し、電車に乗っている時に何か効果的な勉強はできないものだろうか・・・?

・・・というご質問。勉強方法は人によって、向き不向きもあり(性格的なもの)、一概にこれが良いとは言いにくいけれど。

@一番いいのは単語を覚える作業。
 「私は紙に書いてしか単語を覚えられません。」という人は仕方ないけれど、電車に乗っている時、何度も何度も単語を見て覚えるのは効果的。

A速読の練習
 電車の中で、検定問題などの問題を解いてみるとか、細かい作業を要するものは疲れる。そうではなく、さっと文章に目を通し、大体の意味を読み取る速読の練習。これはできる。試験の際でも長文読解の問題では、ある程度読解のスピードが求められる。その練習に良い。

Bヒアリング
 ヒアリングは人によるけれど、電車の中で、ある程度の雑音があり、気が散る要素が色々ある環境の中で、ヒアリング力を鍛えるのは、しんどいが効果はある。これができると、試験でのヒアリングでは、集中力がかなりアップできるかも。ただ、これはヒアリングの力そのものを上げるというよりは、集中力を鍛える為のものと割り切ってした方が良い。

・・・というのが私の考え。電車の中で書くことと話すことはできない。覚える、読む、聞く。この3つの作業が現実的。
1

2011/3/30

東北大地震チャリティーコンサート  

李広宏氏の東北大震災チャリティーコンサートが行われます。

東日本大震災救済   
「とどけ。愛の歌」李広宏チャリティーコンサート

場所:カトリック夙川教会 
日時:2011年4月18日(月) 
開場:午後3時、開演:午後4時
入場:2000円

ご都合の合う方は是非ご参加下さい。
李広宏氏の活動の様子が掲載されているニュースです。
ご参照下さい。

産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000128-san-ent

神戸新聞  
http://www.li-koko.com/np/20110316-kobe.htm 



0

2011/3/29

パン焼き器  子育て

先日パン焼き器を購入。以前からずっと欲しいと思っていた。購入のきっかけは長男の花粉症。

長男は昨年もこの時期、顔から首、ひどい時は背中から腕にかけて皮膚がアトピー状態になる。昨年はひどくて夏頃まで続いた。今年は少しマシだが、やはり顔から首にかけて症状が出ている。薬は塗っているが・・・。

特に花粉症と診断されたわけではないが、この季節に・・・という事は一種の花粉症では、と私は思っている。

花粉症、とよく言うけれど、要は免疫力が低下しているのが根本的な原因。では、免疫力低下の原因は?と考えると、やはり食事が原因かと・・・。

以前からお菓子類はあまり食べさせなかったが、この数ヶ月はほとんど与えていない。おやつにも、おもちや果物、お芋、おにぎりなどの自然な食べ物を与えている。朝食も、以前からしっかり与えているが、食パンの日とご飯の日が有り、この食パンがちょっと問題・・・と思った。

まず、マーガリンはやめた。トランス脂肪酸が体に有害だという事で・・・。ところが、この市販の食パンの中には既にこのマーガリンが入っているのだ。これはいかん・・・という事で、じゃ、自分で作れば、おいしくて体にいいパンが食べられる!

兄嫁は以前からパンやケーキ作りに詳しい人。兄嫁に頼んで良いパン焼き器を選んでもらい、先週それをゲット!

作るなら、材料もいい材料を使いたい。自然食品の強力粉などを購入し、作ってみると、これがあまりにおいしいのよぉ〜〜〜!ここ数日間は、1.5斤のパンが毎日売り切れ、毎日作っている状態。いいものをおいしく頂けるっていうのは幸せ・・・。
2

2011/3/28

黒猫さん、ありがとう  独り言

郵便局はダメだった。飛脚さんのHPはわかりにくかった。黒猫さんは、毎日HPを更新していて、毎日「今日はどこまで送れる、何のサービスが可能か不可能か。」というのがすごく分かりやすかった。

26日土曜夜、黒猫さんのHPで「27日から配達可能」というエリアに、私の恩人が住む地名が掲載された。早速27日日曜の朝、朝市でたくさん野菜を買い込み、スーパーで水も買った。すぐに箱詰めして黒猫さんちへ持っていった。

「通常よりは配達に日数が掛かると思います。」

と言われた。HPにも配達に「2,3日〜10日」掛かると書かれていた。それでもあえて、青菜類の野菜も入れて送った。

黒猫さん!そんなに早いの!

思ってもみなかった。黒猫さんにお願いしたのは昨日の午前中。今日の午後、もうその相手先の方から「届いたよ!」という連絡を頂いた。すごい!感動!ありがとう!本当にありがとう!こんなに早く届けてくれて!
1

2011/3/27

どうしたらヒアリング力が上がるの?  教室

教室で受講生の方から学習方法などについての質問を時々受ける。最近の質問の中に、

「ヒアリング力がアップする教材を教えて下さい。」

というものがあった。私の考えだけれど、「この教材を使えば、ヒアリング力がアップする」というものは無いのではないかと思う。

例えば、中国語の発音で、

机场,经常,警察
jīchǎng jīngcháng jǐngchá

大学,大雪
dàxué dàxuě

反问,访问
fǎnwèn fǎngwèn


こういうよく似た発音がある。これをどう区別できるようになるか・・・という問題。これは、耳を慣らしていくしかない。時間を掛けて、何度も中国語の音を浴びるように聞いて、自分の耳を敏感にしていく。

周波数的に言うと、日本語発音の範囲は狭い。中国語発音範囲は広い。日本語発音の範囲外の音が日本人には聞いて区別が難しい、という事になる。要は、耳がその音を認識しない、という事なので、リハビリをするように、何度も聞いて、その音を認識できるように練習を繰り返すしかない。

いきなり難しい教材を使っても意味が無い。リハビリを考えて、骨折した人がいきなりマラソンしてリハビリするわけがない。最初は自分で立つところから始めるのと同じで、最初はゆっくり喋ってくれているものを使う方がいい。上達してくれば、スピードを少しずつ上げた教材、話す文章が少しずつ長くなってくるものを使えばいい。

リハビリも、病院などでちゃんとしたトレーナーについて無理なく、順調に進めると安心なのと同じで、教室というところは、講師が適切にリードしてくれるのだと思う。もちろん、ある一定のレベルになれば、独学が可能だけれど。どんなオリンピック選手にもコーチが必要なのと同じで、導いてくれる良い指導者がいる、というのはやはり良いことだと思う。
2

2011/3/25

心配する中国の友人たち  中国

今回の地震、津波、原子力発電所の問題について、世界の関心は高い。中国も例外ではない。中国政府の関連の措置、対応等について、様々な意見はあるが、それはさておき、中国の人々の関心は高い。

基本的には、日本を(被災者を)応援したいという声が高く、今回の日本人の行動に対しても賞賛する声が多い。特に、中国人研修生20名の命を救った水産漁業会社社長に対する賞賛の声は非常に高い。

私の中国の友人たちも、まずは私たちの無事を確認し、その後も「中国へ避難しないか」と何度も声を掛けてくれる。特に今は、放射能漏れの問題を非常に心配している。

今、まさにその原子炉の問題が非常に深刻なのだけれど、命の危険を冒してまで、その問題解決に立ち向かい、現場で作業を行ってくれている人がいる。この事は、本当に何と表現したらよいのだろう、責任感?義務感?何なんだろう?その作業員たちは、この国・・・または世界の安全の為に、体をはって任務に当たってくれている。この精神はどこからくるのだろう?

私は友人たちに言う。「日本は大丈夫だよ。」って。日本人って本当にすごいよ。だから大丈夫だよって。
2

2011/3/24

終業式  子育て

今日は終業式。昨年の今頃は、入学の準備に追われていた。あれから一年・・・早かった。怒濤のように流れていったこの一年。長男は成長した。もうすぐ2年生。そして私もママ2年生。私もちょっとは成長したのかな・・・?

今朝はまた、あの交差点で立っていた。すると校長先生が来られ、

「少しお話をお伺いしたいので、朝9時過ぎに学校へ来て下さいませんか?」

とのこと。この交差点に横断歩道ができた事で何かお話があるのだろうか・・・と思い、学校へ行ってみると、校長室にあと二人のシルバーの方が来られていた。このお二人は、また別の信号のある交差点に、毎朝立って下さっている方だ。要は、校長先生がそのお二方と共に私も呼んで下さったのだ。

お話は単なる世間話のような内容だったけれど、私は思っている事を何点かお伝えした。

4月から新学期が始まるが、私は新学期以降もあのポイントには立つつもり。義務感というより、既に生活の一部になってしまっているし、実は私に毎朝声を掛けてもらうのを楽しみにしている子どもたちもいると思うし。

とりあえず、今日通知簿を持ち帰った長男、2学期よりは良い成績をもらえていた。そして何より、この一年間、1日も休まなかった長男。皆勤賞をもらってきた。頑張ったね、長男!ご褒美に早速ポケモンカードを買ってあげた。4月からも一緒に頑張ろうね。
1

2011/3/23

リーダーが作り出す雰囲気  独り言

クリックすると元のサイズで表示します半年間ある会社の語学研修講師を務めた。とりあえず1タームの最後のレッスンが今日。授業終了後、皆さんから花束を頂き、授業風景や皆さんからのメッセージが録画されたDVDを頂いた。今までも数社、語学研修を勤めさせて頂いた事はあり、個人的にその社員の方から何か頂いたりという事はあったけれど、会社としてこんな風に感謝の気持ちを頂いたのは初めてで、私もかなり感動した。

その会社は本当に雰囲気がいい。特に私が感じるのは、社員が自分の気持ちを自由に言える雰囲気だ。その瞬間、瞬間に感じた事を心置きなくその場で表現できる雰囲気。きっと、仕事中でも自分の考えなどを、上下関係も無く、自由に気兼ねなく言える職場なんだと思う。

それがレッスン中にも感じられる。会社に一歩入れば、その会社の雰囲気というのは伝わってくる。遠慮が感じられる職場、威圧的なのか何なのか、自分の考えはほとんど言えないような堅苦しい会社・・・実はそんな会社も以前にあった。

でも、今回の会社は本当に皆さん明るくて、会社にもきっと楽しく来られているだろうな・・・と感じられた。そういう会社の雰囲気というのは、リーダーが作り出すものだと思う。その会社では社長さんになるが、リーダーの心の厚さ、暖かさ、風格などが伝わってきた。社長さんとはじっくりお話させて頂いたわけではないが、そこでレッスンをさせて頂くだけで、社長さんがどんな人なのか・・・というのが伝わってきた。その社長さんの下で、幹部の方々も同じように暖かく、優しく、そして時には厳しく・・・社員の方たちはきっと、そんな中で安心して働かれているに違いない・・・。

自由っていうことは、自分の能力も充分に発揮できる場があるっていう事。きっと、適材適所で、社員の方たちが自分に合った仕事内容を、自分の能力の限り、もしくはそれ以上に務められ、やりがいを感じてらっしゃるのではないかな・・・と。

私も教室の中では講師たちのリーダーなわけで、自分もそんなリーダーになっていけたらな・・・と思う(難しいよね・・・)。

写真は、頂いたお花。教室の玄関に飾らせて頂いた。


0

2011/3/22

細水長流  独り言

中国語に「細水長流」という成語がある。

水が細く長く流れていくように、物事を絶え間なく、少しずつでも長く続けていくことを言う。

何事でもそうだけれど、今回の地震の被災者支援についても、今だけじゃなく、長期的に支援していく事を忘れたくない。ちょっとずつでもいいから、ずっと続けていきたい。
2

2011/3/21

ソフトボールお別れ会  子育て

今日は、ソフトボールの6年生のお別れ会だった。

このソフトボールチームの運営は、保護者全員で行われ、メインの仕事(担当)は6年生の保護者がすることになっている。2月からは、新6年生(現5年生)の保護者がその役を引き継いでいて、今日のお別れ会も、新6年生の保護者たちによってアレンジされた。

私はそのお手伝いをしたにすぎないのだけれど、私はカレーのたまねぎを切って持って行く担当。たまねぎ12個を切る。そして昼2時から自治会館へ行き、担当のお母さんたちと一緒にカレーを作り始めた。

お別れ会は4時半から始まり、まずは色んな儀式があった。旧監督からの言葉、新監督からの言葉、プレゼント授与、色紙授与などなど。1時間ほどたって、さぁ、お楽しみの食事!

私たちが作ったカレー以外にも、新6年生のお母さんたちが色んな料理を作って持って来て下さって、至れり尽くせり!最後には手作りケーキまで出て・・・。

夜8時過ぎまで子どもも大人も楽しんだ。

家族でこういうチームに参加するのって、こんなに楽しいのかなって思った。色んな経験ができて、色んな人と友達になれて。子育てって大変だけれど、子どもにいっぱい幸せもらってる。本当に感動するわ・・・子どもに”ありがとう”だね〜
0

2011/3/21

今できる事  独り言

ある方のHPから、個人でも救援物資を送ることができる情報を頂いた。

兵庫県のホームページ ←クリック

大阪では個人の救援物資は受け付けていないが、兵庫県では(やはり神戸大地震の経験を持つ県だからか)いち早く個人からの救援物資を受け付け始めた。

今回は、「新品(新古品)の防寒着」に限って募集されている。問い合わせてみると、県外からこの物資受付場所に郵送で送られてくる物も扱っているとのこと。

受付期間は24日木曜までなので、私は明日すぐ郵便局へ行って送ってこようと思う。少ししか無いけれど(新品のって、そんなにないもんね・・・。とりあえず子ども用の防寒着で、未使用のもの)、たったの1枚でも、それが一人の人を暖めてくれるのなら・・・。たった一人、その一人一人が大切だから・・・。もし、その”一人”が我が子だったら、どれだけ嬉しいだろう。そういう気持ちだよね。
1

2011/3/20

その交差点、危険につき  子育て

その問題になっている交差点、3日前に写真を載せた横断歩道工事中の交差点、そこで昨日また、まさかの事故が起きた。

自転車に乗った男の子と車との接触事故。男の子は幸いにも単なる打撲だけですんだらしいが・・・。私は昨日は一日中仕事の為、今朝になってその話を聞いた。

昨年4月からこの3月まで、車と車の衝突事故が2回、自転車に乗った子どもと車の接触事故が3回。まったく同じこのポイントで、1年に5回の事故。これをどう見るか。偶然?

やっぱり何か問題が有るから、まったく同じところで1年に5回も事故が起きるんでしょう。

どうにかしたいよ。どうにかしようよ。
1

2011/3/19

日本人の基礎  独り言

昨日、卒業式に参列して思ったことがある。

卒業式、2時間10分。じぃーーーっと座って待たなければならない子供たち。主役の卒業生はまだいいが、送る側の在校生代表5年生たち。自分たちが歌う時以外は、ずぅーーーっと2時間以上もじっと座って、喋ることも許されない。

それができるっていう事、これがすごいと思う。これが日本人の基礎なんだと思う。誰もが当然のようにやってしまう。約100名近くの子供たちが、2時間も不動沈黙を保たなければならない、というこの苦行。

他の国で同じような事ができるだろうか?どうなんだろう?ドイツならできそうかな?(と勝手に思ったりして・・・)

だから、被災地で寒い雪の日に、銭湯に入りたいと、1時間も2時間も外に行列を作って並べる人たち。避難所になけなしの毛布や食料が運ばれても、誰も略奪せず、配布される時に並んで待ってきちんともらう。

日ごろから「我慢して規律を守る」という訓練ができているのが日本の教育の素晴らしさなのかもしれないと思った。

被災地で自分も大変なのに、「私よりもっと大変な人がいる。その人たちを優先してあげて下さい。」と心底言える人。すごい。感動する。でも、それが日本人の基礎なのだと思う。

人を信じる気持ちの強さ。まっすぐさ。努力。頑張る精神。そういうのが、小さい頃から家庭で、学校で教育され、それが社会全体を作っている日本。それが日本人の基礎を作っているのだと思う。

既にこの復興の早さ。もちろんまだまだ全然足りない部分があったとしても、皆が力をあわせて頑張っているこの現状。本当に素晴らしいよ!
4

2011/3/18

卒業式  今日の出来事

今日は小学校の卒業式に参列した。最初から泣かされっぱなし。一人一人の卒業証書授与も感動的だね。これから、これだけの人生が開けていくんだなって思うと、すごいよね。そして、ここまで6年間彼らを育ててきた保護者の皆さんたち、本当に並大抵なことではないな、と感じた。

今日は校長先生が2つのいい話しをしてくれた。校長先生が卒業生に贈った言葉。校長先生は紙に書いたものを読むのではなく、自分の言葉でずっと話しをしてくれた。

2点あったけど、一番大切なこと。

「自分のいいところを大切にするんやで。」

これを力を込めて伝えていた。これからどんどん成績中心の世界に入っていき、学校の成績で人としての価値が評価されていくような段階へと入っていく。でも、人ってそうじゃない。本当は、「やさしい」「よく気が利く」「笑顔が素敵」「我慢強い」など、そういう自分のいいところ、そこが人として一番価値のある事で、それが今後の君たちの人生を作っていく、もしくは支えていくことになるだろうって。

もう一つは、

「誰とでも手をつなげる(助け合える)ようになる」

好きな人、気が合う人とだけ仲良くするっていうのではない。今回の地震でも学んだ。差別区別なく、誰とでも力を合わせて助け合う、それが大切だって。

6年生たちの、1年生から6年生までのスライドを見ながら、卒業生の言葉を聞いたり、歌を聴いたり、私は何度も泣かされた。

私が今日、卒業式に参加させて頂いて、卒業生たちに贈りたいと思った言葉は・・・

「小学校の時の友達は一生の友達だよ。友達を大切にしてね。」
2

2011/3/17

ひとついい事  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します昨年5月から、毎朝20分、通学路の交差点に立ち続けた。その成果かな・・・やっと、その交差点に横断歩道が作られることになり、2日前から工事が始まった。

横断歩道というと、ただ道路に白い線を書けばいいだけかと思いきや、色んな規則、制限があるようで、この交差点に横断歩道を書くには、まず2本の木を切り倒し、歩道の角度や高さ、幅などの修正工事が必要とのこと。それで、見た目がすごく大がかりな工事になり、みんな「ここに何ができるの?」と不思議がっている。

1学期にここで車の衝突事故が2度有り、学校にも言って、この交差点の問題点を考えてほしいとお願いし、学校は警察にも取り合ってくれた。2学期に入り、この交差点で、自転車に乗った小学生と車が衝突する、という事故が2度起こった。その時も私はすぐに学校に連絡(事故現場にすぐ駆けつけたので)、学校全体でこの事故を大きく取り上げ、問題視してくれた。

毎日毎日立ち続け・・・こういうの、石の上にも三年、って言うの?(笑)三年もやっていないけど(あはは)、たった一人の力でも、社会が動いてくれたっていう事よね?そうじゃない?なんだか嬉しい。


5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ