2010/12/31

良い年でありますように・・・  独り言

クリックすると元のサイズで表示します今年一年、皆様お世話になりました。私の徒然なる独り言(わめき言?)にいつもおつきあい下さり、ありがとうございます。

最近、「以前とちょっと(ブログの)内容が変わってきたね。」と言われる事が有ります。長男が小学生になった頃から、色んな荒波に私自身がもまれた事、また教室での責任が以前より重くなってきた事などが影響しているのかもしれません。「言いたいことは何でもストレートに言う」というのが私の性格でしたが、それも改めなければ・・・と考えさせられた2010年でした。もうちょっと思考を通して物事を述べる必要性、重要性を学びました。

まだまだ未熟な私ですが、今後も皆様から色々ご指導頂ければ嬉しく思います。

2011年が皆様にとって素晴らしい年になりますように・・・

写真は、福島へ行く飛行機の中から撮影した富士山。


2

2010/12/30

まだ終わらない仕事  独り言

クリックすると元のサイズで表示します29日から教室はお休みなんだけれど、まだ私の仕事は終わっていない。机の上は書類が山積み・・・。今日は午前中、男共3人の髪の毛を切った後、午後から一人教室にこもって仕事させてもらった。

家にいたんじゃ全然仕事にならない。絶対に色んな邪魔が入る。12時から夜7時までやったが・・・。やっとそれで半分仕事が終わった、という感じ。

もし天気が良ければ子供をどこかに遊びに連れて行ってあげようかと思うが、今日も明日も天気が悪いようだ。多分明日も教室に行かせてもらわないと、ゆったりした気分で新年を迎えられそうにない。
クリックすると元のサイズで表示します写真は、福島の大安場史跡公園。息子たちは、古墳に登って資料館を見た後、ここの公園で思いっきり遊んだ。大人も子供も楽しめる施設、福島へお立ち寄りの際には、是非こちらを訪れてみられては如何でしょうか?


1

2010/12/28

大安場史跡  旅行

クリックすると元のサイズで表示します今回の旅行、福島県って大阪から遠いのと、あまり紹介される事もなくて、印象が薄かったのだけれど・・・ああ、こんなに素敵な所だったとは!

まず、人がやさしい。どこに行っても親切にしてもらった。私の話す言葉で、すぐに「あ、大阪からですか?」なんて聞かれ、「おおーー、バレバレや〜」なんて言うと、「漫才みたい!」なんて言われたりした。

2日目の午前中、「大場安史跡」の古墳を見に行った。ここは大きな公園になっていて、まずはこの古墳に上った。1991年に発掘された、まだ発見されて新しい古墳。こんな風に古墳に登れるって、まずすごいよねーーー
クリックすると元のサイズで表示します登っていくと絶景!郡山市が一望できる。昨日の残雪が少し見えるが、子供たちはまだ少し残っている雪で、雪合戦をしていた。

この古墳は、珍しい方形の古墳、方形古墳の中では、東北で一番大きな古墳らしい。そして、この古墳のすぐ下にあるのが資料館。この資料館がまた素敵 ボランティアの方たちが運営されていて、入館料は無料!おおーーー、なんてすごいの

ボランティアの方が、ずっと横について色々説明をして下さる。そして感動したことに!ここで出土された縄文式土器を、触らせてもらえたのだ!すごいーーー!普通、ガラスケースの中に入っていて、触るなんてできないのに、ここでは触ったり、持ち上げたりすることができた。ちょっと感動よ〜!初体験!思っていたより軽かった。
クリックすると元のサイズで表示しますそして、この中でまた、映像資料を大きなスクリーンで見せてもらった。観客は私たちだけなのに、3人のボランティアの方が、機材をあれこれしながら見せて下さった。

子供にも分かりやすく楽しめる資料で、とても良かった。ここは来る価値があるなぁ、と思った。普段、こういう資料館や博物館に来ると、子供たちはすごく退屈するのだけれど、ここでは二人とも、とても楽しんでいたのが印象的だった。
クリックすると元のサイズで表示します


1

2010/12/27

まさにその大雪の福島  季節

クリックすると元のサイズで表示します福島へ行ったのはこれが初めて。その初めての日に、なんと福島でも22年ぶりという豪雪の日に当たるとは・・・。ここ2,3日の間、全国ネットでニュースや新聞でも報道されている福島県の国道49号線!はい!私はまさにそこにいたのよおおおーーー!

福島空港へ到着したのが25日正午過ぎ。それから昼食を食べて、さぁ、長男が楽しみにしていた猪苗代湖(白鳥の餌付け)と野口英世の生家へ!レッツゴー 長男は、野口英世の伝記も読んで、予習もして楽しみにしていたのだけれど・・・。福島空港では雪なんて全然見られなかったのに、高速道路は雪で封鎖、通行止めとのこと。それで国道から行っていると、どんどん、どんどん雪が深くなってくる。そして・・・途中、トンネルで車が動かなくなってしまった。
クリックすると元のサイズで表示しますトンネルを抜けてすぐ、一緒に行って下さっていた方の判断で(その時点で既に午後3時を過ぎていた)、これ以上行ったら、いつ帰って来られるか分からない、というので、すぐにUターンをして引き返した。

ああ!なんとその判断の正しかったこと!なんと判断の速かったこと!私はそれに感謝しなければ!あのまま行っていたら、今私は大阪に帰って来れなかったに違いない。

その帰路の途中で、ある民芸店に寄って下さった。
クリックすると元のサイズで表示します「デコ屋敷」
三春駒(みはるこま) 彦治民芸

私はこういう日本風のたたずまいが大好き。民芸品が並べられているのを見るのも、とっても大好き。私がお店の中を見ている間、なんと、長男はお店の人が雪かきを始めたのを見て、自分も一緒にやりたい!と、一生懸命雪かきを始めた。こんな大雪は初めての経験だから、もちろん、雪かきも初めて。夢中になって、お店の人と一緒に雪かきをしていた。

4時過ぎ、もう辺りは暗くなってきた。私たちはスムーズに知人宅へ帰ることができた。


3

2010/12/24

怪獣たちを連れて・・・  子育て

男の子二人の子育てって、本当に大変なのだけれど、どんなに大変かってなかなか言葉で表現できなかった。昨日、やっと言葉を思いついて、

「あっ そうよ!野性的なのよ!」

と思い、今日それをある男の子のママさんに言うと、

「そうそう、怪獣でしょー

と言われ!

そーそー!まさしくっ! 怪獣なのよーーー!

と思った私。

その怪獣たちを連れ、私は明日福島へ行く。福島に私の恩人がいる。蘇州にいた時、私が一番孤独だった時に、私の心の支えになって下さった方だ。

中国に5年滞在していた間、私は一度も家族から何かを小包で送ってもらうといった事は無かったのだが、その方は蘇州に出張に来られる度に、いつも私に日本の色んな物を持って来て下さった。当時私にとって、日本とのつながりは、2,3ヶ月に1度蘇州へ出張に来られるその方だけだったと言ってもよかった。

一番苦しくて辛かった時に、一番私にやさしかった人だ。その方が病気を患われている、というので、子供たちを連れて会いに行くのだ。

「明日、電車乗って、バス乗って、飛行機乗るよー!」

と言っただけですごく興奮していた次男。長男は、野口英世の生家を見られるというので楽しみにしている。さぁ、この怪獣たちと一緒の道中、どうなることやら・・・

え? 夫? もちろん一緒に行かない。蘇州にさえ一緒に行かなかった夫。4人一緒の家族旅行、行ける日はくるのだろうか・・・。
1

2010/12/23

イブイブの今日  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します明日はクリスマスイブ。でも私の家では一日早く、今日クリスマスケーキを食べることにした。

ブログである方にアドバイスを頂き、手作りケーキということで、今朝は材料を買いに行き、そして夫も一緒に4人でケーキを作ることに・・・。といっても、子供たち二人は味見専門 結局私と夫の二人で作ったようなもの。

材料を買う時、夫はまたグチグチ言うのだけれど、完全無視で(笑)私の独断で材料を選び(当然!)、そして作る時も私がこーして、あーしてと言う。

今回はフルーツケーキ、中にも(缶詰の)フルーツをたくさん入れて、クリームもたくさん使って、はい!できあがり!ジングルベルの歌を歌ってから、みんなで一緒に食べた。味は最高 やっぱり作って食べるとおいしいね〜

午後は、夫改造講座!(笑)・・・ではないが、昼寝したがる夫のお尻を叩いて、長男をソフトの練習に連れて行ってもらった。夫は午後半日、長男のソフトの練習についていた。そこで一緒に練習したのかどうかは聞いていないけど・・・(笑) ま、練習の時にずっと一緒にいただけでも進歩したとしよう。

夜は、新しい講師の第一回目の授業だったので、授業にはりつき状態。子供は夫に任せておいて。。。祝日くらい、夫に子供をみてもらわないとねーーー


2

2010/12/21

年賀状の準備  今日の出来事

新年まで十日を切った。ああ、早いわぁ〜

これから毎日がカウントダウン。1日、1日、これして、あれして!子供の行事、あれこれ、大人の仕事、あれこれ!ああ、毎日目がまわりそうよ〜

年賀状も印刷だけは終わった。あとはあて先とコメントを書くだけ。早くしなければーーー!

皆さんはもう準備できましたか?
1

2010/12/20

教室3階改造工事  教室

今日は教室の3階を工事してもらう日。1ヶ月前にこの日に決めた。年末の忙しい時期、業者の方もなかなか時間を取ることができず、ギリギリ年末になってしまった。

工事内容は、部屋をパーティションで分ける、電気、エアコンの付け替え、カーテンレール設置、ブラインド設置など・・・。部屋の利用方法を変える為に、これだけの作業が必要になるなんて・・・。私も簡単に考えていたが、今日は2つの業者に入ってもらい、1つの業者は朝8時から夜7時まで作業が掛かった。特に、エアコンの付け替え作業は大変だった。3階部分なので、高所作業になり、足場も組まなければならなかった。

実は今日、次男の体調が悪く、夜は教室に行けなかったので作業を最後まで確認できなかった私。さ、明日からまた、3階の掃除やら備品設置など、色々忙しくなるぞ!年末最後の追い込みだ〜
1

2010/12/19

中国の母の味  教室

今日は毎月開く教室の講師研修会。研修後は、毎回必ず講師全員で昼食を一緒に食べる。

昔、まだ教室が小さかった頃は講師もまだ今ほど多くなかったので、大抵は私が食事を作り、それを教室に持ち寄り、一緒に食べていた。いつ頃からか、人数が多くなってきて、ピザを頼んだりした事もあったが、宅配の食事は中国人の口には合わないようで、段々外食するようになっていった。

今日は何と、S講師が10人分の食事を自宅で作って、わざわざ持って来てくれた。ああ、その味の何とおいしいこと!!!

他の講師たちも、その「お母さんの味」に舌鼓を打ちながら、会話もすごく盛り上がる。こんなに盛り上がった講師昼食会も久しぶりではないだろうか、と思う。やっぱり愛情のこもった手料理はいいなぁ・・・。人の心を感動させるよね。

ああ、S講師、本当にありがとう。本当にありがとう。
2

2010/12/18

忘れられないカローラ  子育て

昨年11月に車を買い換えた。もう1年が過ぎた。

二人の息子たち(7歳と3歳)はまだ以前の車、カローラのことが忘れられない。すごいなぁ、と思う。長男は1ヶ月に1,2回、次男は1週間に1回はカローラの話をする。

今の車を買ったディーラー店が、今年の夏移転になり、もともとあったお店が解体され、そこは平地にされてしまった。次男はそこを通る度、

「カローラもうつぶされてしまったでぇ〜
 トラックがきて、つぶしてしまってーん。」

と言う。長男も時々、

「カローラと写真撮っといて良かったなー。
 ビデオも撮っといたから大丈夫やでー。」

などと言う。長男はいつも、

「カローラの方が良かった・・・」

と今でも言う。そんな二人の言葉を聞きながら、いつも少しせつなくなる私・・・。
3

2010/12/17

クリスマスの準備  今日の出来事

さてさて、もうすぐクリスマス。皆さんに色々アドバイスを頂き、とりあえず、長男には野球盤(昔、子供の頃よく遊んだ!)、次男にはかるた(今、かるたが大好き!もともとカード類が好き)を贈ることにした。

それはそれで、サンタさんからのプレゼント。あと、クリスマスケーキは子供たちとトッピングしながら一緒に作ることに・・・。

プレゼントは全部ネットで注文したのだけれど、やっぱりちゃんと、ラッピングした方がいいのかなぁ・・・?でも、エコの為にも、それに子供はそんな事あまり気にしないと思うので、ラッピングは無しでいいかなぁ・・・と思っている。
1

2010/12/16

おいしい料理  独り言

うちの家では晩御飯は父が作る。父が退職してから、自然にそういう風になっていった。

買出し(買い物)ももちろん父が行く。毎朝スーパー開店の時間に合わせ、毎日3,4軒のスーパーをまわる。本当に”買い物”というより”買出し”といった感じだ。もちろんスーパーのチラシにもちゃ〜んと目を通し、今日はどこで何が安いかをチェックしている。

毎日どこで何を買うかは決めているので、スーパーで無駄な時間は過ごさない。1軒のスーパーで10分以上長居することは無い。

父の料理は最高においしい。正直、職人の域に入っている。家で魚を開いて干し、干物を作る。お漬物も作る。手間ひま掛けて色んな料理を作ってくれる。テレビや本を見て料理の研究もしている。すごい・・・。

父を見ていて思うのは、料理というのは、必ずしも高くて高級で材料そのものがおいしい食材でなくても、手を掛け、時間を掛け、愛情を込めればこんなにおいしくなるんだ、ということ。時間も長く掛ければいい、というものではなく、その料理に適切な置き時間、煮立てる時間がある。下ごしらえも非常に重要だし、必要な道具も有る。

これはどんな事にも通じることじゃないかなぁ・・・と思う。
4

2010/12/15

Let's talk!・・・はやらない、その訳  教室

うちの教室では講師たちに「"Let's talk!"みたいな授業はやらない」ように指導している。色々理由はあるが、

まず第一に、日本人は「はい!討論して下さい。」とか「はい、これについて説明して下さい。」とか、「これについての意見を述べて下さい。」と言われるのが一番苦手だ。考えてみると、それを日本語でして下さい、と言われてもかなり難しいものがあると思う。

何故なら、日本人は学校教育の中で、ずっと授業は受け身で受けるよう教育され続けているからだ。先生から当てられるまでは発言しない。先生に聞かれた事だけを答える。それ以上は答えない。

社会に出ても、なるべく自分の意見は言わないように、という雰囲気がある。そんな日本人が一番苦手なのが、「Let's talk!」と言われる事だ。何を喋ったら良いのか分からない。これは、私自身が高校生の時、英会話スクールに通った時に体験したものだ。

外国人講師は一人で「Oh!」「Yes!」「How!」などと大きな身振りで盛り上がっている。日本人の生徒はシーーーン、という感じ。絵を見せられて、「Please explain!(説明して)」と言われたり、資料を見て、ロールプレーイングしなさい、と言われたり。でも、それを見て何をどう言えばいいのかさえ分からなくて困る。

英語を習う前に、人前で意見を言うとか、考えをまとめて言うとか、討論するとか、そういう根本的なところから教育されなければ無理だと思う。外国語を学ぶ以前の問題。これが解決できないと、英語を使う段階にまでは進めない。

また、大人でそういう訓練を受けた人の場合を考えてみる。自分で考えて自分で外国語を話す、というのは非常に大切な練習だが、それだけでは不十分だと思う。何故なら、「自分で言う」=「自分の能力の範囲内の言葉」であり、その範囲を超えることが困難だから。「自分の能力の範囲内」を超えて表現していくことが上達の鍵であり、「自分で考えた言葉」だけを練習していれば、いつまでたっても今の能力を超えていくことができないだろうと思う。

結論として、だから私は教室では、「Let's talk!」的な会話練習はあまりしないようにしている。楽しみでお喋りする程度は、息抜きとして必要だけれども。
4

2010/12/14

「哀しみのソレアード」  独り言

昨日はめずらしく風邪で頭痛がひどく、咳も有り、正午になる前に帰宅した。運転中も頭痛で運転が困難なほどで・・・。とりあえず昨晩は子供も何もかも放りっぱなしで、とにかく寝ていた。

今日も担当授業が有り、明日はまた法人レッスン。気力で何とか乗り切らなければ!・・・と、今日は担当授業の時だけ教室へ行くことに・・・。

本題に入るが、今回李広宏氏のコンサートでは、こんなに魂に響く感動は無い、というくらいに感動のコンサートだった。李広宏氏は、以前までは「日本の歌を中国語に」、「中国の歌を日本語」にして歌われていたが、最近は世界各国の歌を日本語、中国語、フランス語などで歌われるようになってきた。

今回、ある1つの曲が私の心に深く印象を残した。それが、邦題「哀しみのソレアード」という曲、これを李氏は中国語で歌われた。その歌の何とせつない、何と感動的なことか・・・。中国語が分からない人は、この曲の歌詞が分からなかったと思うが、後からある方に伺って、これは中国語では「母亲 我为你骄傲」と言う曲名であることが分かった。

この曲のことを色々調べてみると、おもしろい事が分かってきた。もともとはイタリアの歌で、「ソレアード(日だまり)」という曲が、色んな国で色んな歌詞に訳されて歌われているらしい。アメリカでは、よくクリスマスソングとして「When a child is born」という曲名で歌われているらしい。

中国語のこの歌は、この英語の歌詞と意味がよく似ていると思う。この中国語の曲名もそうだが、この歌詞にしても、それを日本語に訳そうとすると非常に難しい。例えば、曲名の中にある「骄傲(jiao ao)」という単語も、辞書通りには訳せない。この言葉は中国語独特の単語で、中国人の心や気持ちを表現する時によく使われるが、日本語で言う「自慢」とか「誇り」とかとはちょっと違った意味合いがあると思う。

今、この曲を生徒さんたちにも是非紹介したいと思っているのだけれど、この歌詞をどう日本語に訳せばいいのか・・・そんな簡単に訳せる歌詞ではない。中国語には中国語の味があって、その中国語だからこそ表現できるものもある。難しいなぁ、と思う。

気になる方は、少しだけ教室のブログの方に中文歌詞を紹介していますのでご覧下さい。↓
教室講師ブログ:http://happy.ap.teacup.com/suzhouguan/
0

2010/12/12

母へ  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します12月は母の誕生日月だ。母と一緒に行こうと、半年前に「李広宏」氏のクリスマスコンサートチケットを購入しておいた。

母は体が弱い。当日、一緒に行けるかどうかも確証が無く、私自身も年末の忙しい時に行けるかどうか分からない。それでも、一緒に行けたらどれだけ楽しいだろう、と思い、購入しておいた。

今日は「寒くなる」と言われていた天気予報が外れ、見事に快晴!母も、今日のこの日の為に、2週間前から体調には充分気をつけて過ごしてきた。「今日は行けて良かったね!」といいながら家を出た。

昔、私が学生時代の頃、母とは頻繁に心斎橋などに買い物に行った。私が働き出してからは一緒に行かなくなり、今日母と市内へ出かけたのも二十年ぶりくらいだったかもしれない。体が弱い母は、ここ数年、自宅近辺以外はなかなか出かけなくなってしまった。

そんな母と一緒に聴いた「李広宏クリスマスコンサート」(大阪市中央公会堂にて)、感動の感動の2時間半だった。聴きに来ている人は、ほとんどが60代、70代、80代といった年齢の高い方。杖をつきながら、必死に会場に足を運ばれているご高齢の方たちを見ていると、本当に”命を掛けて李広宏氏の歌を聴きに”来られているように私には見えた。

その感動は、生きる事への感謝、喜びでいっぱいの心。自分を生んでくれた両親への感謝の思い、愛にあふれるコンサートだった。みんな、その”愛”を感じたくて、同じ心を、皆が一人一人、自分の親へ心を向けている、そんな神聖ささえ感じた。

そんなコンサートを母と一緒に見に来られて、本当に本当に良かった。一緒に聴きに行ってくれた母に感謝・・・だな。


6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ