2010/9/30

日本人の宗教観  中国

日本人の宗教観は、他の国とは少し違うと思う。一人の同一人物が、いくつもの信仰の対象と関わりを持っているからだ。日本人は、”時と場合(TPO?)”によってその対象を使い分けている。

お寺:お葬式、お墓、お百度参り
教会:結婚式、礼拝、クリスマスのミサなど
神社:初詣、七五三、結婚式、初節句など

クリスマスを祝ったかと思うと、その一週間後には初詣に行く。合格祈願にお寺に行ったり、神社に行ったり・・・。仏様、神様、お釈迦様、イエス様・・・と祈る対象が複数ある。なぜ・・・?

現代の日本人にとって、宗教の教義の内容はそれほど重要ではなくなっているのかもしれない。とにかく、祈願、お願い、助けて・・・と手を合わせられる対象であれば、何でもいいのかもしれない。

ある中国人は、それを、「日本が平和である事の象徴よ。」と言う。私は「近所、友人、家族の間での助け合いの精神が失われつつある日本人が、人ではなく、偶像に対して助けを求めている現象」なんだと思う。

日本人は、人に頼ることを恥とし、例え家族であっても人に頼らず、自立して生きることを美徳とする。でも、実際、人は誰にも頼らず生きていくことなどできはしない。それを、「人に頼るな」と教えられる、または「頼らないで」という社会風土の中で、精神的に追い詰められていく。そうした人々が、宗教に寄りどころを求めていくのではないのだろうか?

もっと気楽に、中国人のようにお互いが助け合える温かい社会風土が日本には必要なのではないだろうか?
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ