2010/9/9

海外に行ったらファーストフードへ  

クリックすると元のサイズで表示します中国に限らず、海外に行ったら必ず行くのがファーストフード店だ。しかも、マクドナルドやケンタッキーといった、非常にオーソドックスなお店。

同じ会社なのに、当然と言えば当然かもしれないが、国によってメニューが違う。例えば、「てりやきバーガー」というのは日本人の為に開発された味なので、中国に行けば「和式」のハンバーガーという扱いになっていて、いつでもどのお店でも売っているとは限らない。

蘇州や上海の人たちは鶏肉が好きなので、マクドナルドよりケンタッキーの方がお店が多い。ケンタッキーにも、日本には無いメニューがいくつかある。そのうちの一つがこれ、お粥。朝食用として、朝のセットメニューで販売されている。

他にも色々違いはあるが、ポテトを注文すると、必ずケチャップがついている。また、マクドナルドでは、ポテトサラダも販売されているが、これがまたドロドロのクリーム状のもの。私はちょっと食べなれないなぁ・・・中国や東南アジアの人たちには、これが非常に人気ならしいけど。

海外に行くことがあれば、是非、ファーストフード店に入ってみては? 日本に無い珍しいメニューがきっとありますよ〜


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ