2010/8/10

「4」という数字  中国

例えば、人は何かを成し遂げるか、目標にする時、「あと1年」とか「3年」「5年」といった奇数の数字を挙げることが多いのではないだろうか?

「4年」という数字をわざわざ挙げる人はいないと思う。中国でも「四」は「死」と発音が似ている(四声が異なるだけ)ことから、あまり好まれない数字だ。

ところが、私はなぜかこの「4」という数字、特に「4年」という期間がすごく不思議な時間の長さに思えるのだ。何か物事を一つ片付ける、もしくは一区切りをつける時間に「4年」という時間が非常にキリが良い、というか、このリズム(4年単位)に合う人が非常に多い感じがする。

「4」を2倍すれば、中国人の大好きな「8」にもなる。「4」って不思議な数字だなぁ、と感じる今日この頃・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ