2010/8/9

虫歯  子育て

この週末、二日間1度も歯磨きをしなかった長男。何度か歯磨きするように促すが、「あとから。」の一言で言うことを聞かない。今朝、「この2日間、一回も歯磨きしていないよ。しっかり歯磨きしなさい!」と言って歯磨きをやっとさせることができた。歯磨きの後、歯をチェックしてやると・・・これ、絶対虫歯だ!

夫が今夏休み中なので、夕方夫に頼み長男を歯医者に連れて行ってもらった。やはり虫歯・・・。

こんな風にならないと、言うことを聞かない。なぜ、歯を磨くという簡単なことができないのか・・・。言わないとやらない、言ってもやらない。全然言うことを聞かない。自分で頭を打たないと分からない(歯磨きに限らないんだけれど)。

これに懲りて、食後毎回ちゃんと歯磨きをしてくれたらいいんだけれど・・・(これに懲りて、何でも言うことを聞いてくれたらどれだけいいか・・・)。
0

2010/8/8

草刈  教室

昨日と今日の夕方、教室裏の花壇スペースの草刈をした。でも、まだ終わっていない。昨日は30分、今日は2時間かけたが、あと1時間くらいは必要なスペースが、まだ刈れずに残っている。

夫は聞く。
「なんで花壇なんか植えるんだ?」

確かに教室とは全然関係無い。花を植えようと、花壇を作ろうと、教室の授業とはまったく関係ない。それに、生徒さんからお花を頂いて、なんとなく植えているだけ、と言われればそれだけかもしれない。

でも、私は教室と直接関係の無いことも大切に思っている。いつも講師たちにも言うのは、教室は「社会の公器」にならなければならない、という事だ。第一にはもちろん、受講生にとっての「公器」である事、更には、その地域にとっての「公器」であることが、教室の使命だとも考えている。

ご近所の方からよく言われる。
「この教室ができて、夜、いつでも電気が点いているから、治安が良くなったわ。」
「いつもお花、きれいに植えていますね。」
「暑いね。お花の手入れ、大変ね。」

ここに教室ができて良かった、ここにこの教室があるお陰で環境が良くなる、とご近所に思ってもらえれば、それは最高に嬉しいことではないだろうか? 

花壇の手入れをすることが、何か少しでも地域に貢献できているなら、それは続けてやった方がいいと思う。こういう考え方、夫にはあまり理解してもらえないんだけれど。
4

2010/8/7

こんな女性にはなれない  独り言

毎朝朝食の時間にNHK朝のドラマ「ゲゲゲの女房」を見ている。昭和の雰囲気も非常に心地よいものがあり、ついついドラマに引き込まれる。

主人公の布美枝さんは、本当に実際、会って(お見合いして)5日目に結婚式を挙げられたそうな。私だったら考えられない。会って5日で結婚、しかも結婚当初から極貧の生活。泥沼のように抜け出せないような貧窮生活の中でも、その夫を信じ、その夫が懸命に働く背中を見ながら、一生懸命家の仕事をし、夫を支える。夫はもちろん家事も子育ても手伝えるはずがなく・・・。

それでも愚痴一つこぼさず、「おとーちゃん」と言って旦那を支える。

昔の日本は、こうした真の強さを持った女性たちに支えられて、成長していったのかもしれないなぁ・・・と思う。私には、とてもそんな女性にはなれそうもない。だからこそ、テレビの中のそんな女性を見て、「いいなぁ」とか「こんな女性が増えれば日本も変わるかも?」なんて思ってしまうんだろう。

もうちょっと我慢強い素敵な女性になれるよう努力が必要だな・・・
1

2010/8/5

”できない”のがイヤ  子育て

相変わらず、学校のプールに行きたがらない長男。昨日も今日も、私が仕事に行く前に、次男を保育園に送って行ってから、長男を学校まで送って行く。昨日はかなりてこずったが、今日は車を降りてから、自分で学校へ行ってくれた。

長男が学校プールに行きたくない理由。
★ クラスが上がって友達が減った。

ところが、この問題は既に解決できているのだ。今のクラスに友達が数人いることは確認済み。本当の理由は・・・。

★ できない事を練習するのがイヤ。

長男は、ピアノでも、できるようになるまで練習させるのにすごく骨を折る。学校の宿題でも、ちょっと分からないと、完全に諦めてやろうとしない。「できない」という事に対して、「できるようになるまで頑張る」という考え方が完全に欠落している。

「できへん!できへん!ぜったいできへんも〜ん!

やっぱり私には似ていないと思う
(私はできない事に挑戦する事の方が好き・・・)
0

2010/8/4

市民プールがなくなる!  子育て

毎年利用していた市民プールが、今年を最後に閉鎖されるらしい。理由は、昭和42年に開設され、老朽化したこと、ろ過機能の低下、財政難の為とのこと。

和泉市の野外プールは、この市民プールだけだ。そのプールをそんなにあっさり閉鎖してしまうなんて!絶対イヤだ〜! どこかの学校施設を利用可能にする、という案もあるらしいが、学校プールには幼児用プールが無い!小学生と幼児の子供をどうやって一緒にプールに連れていけばよいのだ!

さぁ、和泉市民の皆さん、一緒に市民プール閉鎖に反対しましょう!

ああ・・・暑い・・・蘇州は今日の気温39度だそうな。たまりませんなぁ・・・
5

2010/8/3

やっと咲いたひまわり  教室

クリックすると元のサイズで表示します教室裏の空き地にちょっとした花壇を作っている。私が作ろうと思って作ったというより、生徒さんが土と花を持ってきて下さって、段々できていった花壇だ。そこに肥料をまくこともなく、ただ水だけは毎日やって、雑草を抜いたりしているうちに、色んな花が季節ごとに咲くようになった。

そこに、この夏ひまわりの種を6つ植えた。3つ芽が出て、やっと今日1つ目のひまわりが開花した。種から育てて花を咲かせてくれるのはうれしい。ひまわりやあさがおは、芽も出やすく育てやすいのだろう。大した手入れをしなくても、こんなにきれいに開花してくれるのだから。

夏はとにかく雑草抜きが大変。このだけでも結構大変なのよぉ〜


2

2010/8/2

イヤイヤ病  子育て

クリックすると元のサイズで表示しますまたもや長男がイヤイヤ病!

プールのクラスが変わったのがそんなに嫌なのか。私は今日午前中は授業でいっぱい。親に言って、朝9時45分に送り出すようにとお願いしておく。心配になって、授業中だったが生徒さんが電話に出られた隙に、私もさっと自宅に電話してみる。案の定、行っていない!

授業が終わってすぐ自宅に電話する。もうプール開始時間になっている。父親に学校まで送ってくれと頼むが、親は「嫌がっているものを連れていけない。」と言うだけ。

授業と授業の合間に必死で自宅に帰り、長男を引きずってでも学校に連れて行こうと一旦帰宅。

「ともだちおれへんからイヤや〜(号泣)!」

てこでも動かない長男。もう時間はタイムリミット、私は授業に戻らなければならない!

別にいじめられているわけでもないのに、なぜクラスが変わっただけで、こんなに泣いて行きたがらないのか。だらしない!私はこんな性格じゃなかった。これは夫に似ていると思う。

なんで男の子はこんなに手が掛かるのーーー???????

写真は、その長男が描いた絵日記の絵、昨日の花火だそうだ。


0

2010/8/1

往復20キロを自転車で  今日の出来事

今日は、T市で大きな花火大会があり、この近辺では毎年8月1日のこの花火大会はかなりの人出で、T市一帯は大渋滞になる。

私も今までその渋滞が怖くて、かなり離れた所からしか見たことがなかった。昨年、夫が自転車で長男と一緒に見に行ったが、天候が悪く、花火をあげれば煙・・・煙・・・、湿度が高すぎた為か、結局煙で何も見えなかったらしい。

今年は私も自転車に挑戦!兄の家から電動自転車を借り、夫は自分の普通の自転車に長男を乗せ、私はその電動自転車に次男を乗せ、自転車2台で花火を見に行くことにした。

この近辺は、山あり谷あり、急な勾配も多く、坂道ばかり。目的地に到着するのに40分も掛かった。ちょっと疲れ気味ながら、花火は楽しめた。初めてちゃんと見る花火に私もちょっと感激♪

帰りは上り坂が多く、本当に大変・・・。家に到着した頃には足が結構辛い状態で・・・。もし電動自転車じゃなかったら、とっくに倒れて動けなくなってたかも・・・。片道10キロ、往復20キロ。よく頑張ったわ、私、この年で・・・。もっとすごいのは、普通の自転車に長男を乗せて行った夫の方だけれど。後から筋肉痛がこないかちょっと心配だわぁ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ