2009/9/29

中国茶  中国

クリックすると元のサイズで表示します私は普段は中国茶しか飲まない。夏は自宅で「三年番茶」というのを冷たくして飲むが、教室では熱い鉄観音茶を飲む。冬は家では紅茶を飲み、教室ではやはり鉄観音茶を飲む。

私は日本茶は飲まない。日本茶は身体に合わないからだ。日本茶を飲むと、てきめん胃が痛くなる。

実は、私は高校生の頃からずっと、慢性下痢症に悩まされていた。特に、二十歳頃から非常にひどくて、会社で勤めている頃は、通勤電車の中でも急におなかが痛くなり、途中下車してトイレに駆け込むという事は日常茶飯事。

しかし、これが中国に行ってから無くなった。一つに、精神的に開放されたという事もあったかもしれないが(中国の大らかな社会の雰囲気に癒された?)、もう一つの原因に、中国茶があると思う。

クリックすると元のサイズで表示します中国人は、季節に合わせ、また自分の体調に合わせて飲み物を変える。私も色々教えてもらい、蘇州で勤務中には、同僚の女の子から、茶葉にこれも入れて飲むといいよ、とクコの実を入れてもらったり、茶葉を分けてもらったりしたものだ。

今でも体に合うのは鉄観音茶だ。同じ青茶系でも、烏龍茶は実はあまり体に合わない。

今回上海で通りすがりのお茶屋さんに少し寄った。普段は蘇州の茶葉卸市場に行くのだが、今回は時間が無く、必要なものは、義父母が先に卸市場で購入してくれていた。私はここで、ちょっと花茶を買っただけ。こういうお店の茶葉は、少し高いので・・・。


0

2009/9/28

蘇州の誕生日ケーキ  中国

クリックすると元のサイズで表示します昨日は次男の誕生日。長男も次男も9月が誕生日だ。旧暦で言うと、長男は中秋節生まれ、次男は中秋節の2日後が誕生日になる。・・・ということで、今回蘇州へ行った時に、蘇州の両親が長男と次男の為に、誕生日ケーキを買ってくれた。家族親戚一同集まり外食した時に両親が買ってきてくれた。

正直とってもきれくて大きなケーキに驚いた 蘇州のケーキも、もうこんなにきれくなったのか!! ケーキに6本(長男)と2本(次男)のろうそくを立てて、皆で誕生日の歌を合唱した

写真では分かりにくいが、本当にすごく大きなケーキで、全員に取り分けるよう切るのも結構大変だった。味は・・・?ええ、ええ、それも本当においしかったのだ 中国のケーキも進化している!今回感じたこと


0

2009/9/27

次男の誕生日  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します今日は次男の誕生日。次男はアンパンマン、今日はあの同じケーキ屋さんでアンパンマンケーキを注文 

実は、私はあのポケモンケーキに感動して、あの日、ケーキ屋さんにお礼のメールを送っていた。今日お店に行くと、お店の方が「先日はメールを頂き、ありがとうございました。」とおっしゃった。まぁなんて素敵なケーキ屋さん

今日は喜んでケーキを持って帰ったのだが、食べる前に長男が喜んでケーキをあちこち持ち運んだ為に、箱の中でケーキが崩れてしまった・・・ だから、写真はアンパンマンのクッキーだけを撮影 崩れても味は同じ、おいしかったぁ〜 

おめでとう、2歳の次男、すくすく育っておくれ


0

2009/9/26

餃子よりワンタン  中国

クリックすると元のサイズで表示します蘇州人は餃子よりワンタンをよく食べる。これは、蘇州で二日目の朝、家から歩いて15分くらいのお店に食べに行った時に注文したもの。すっごくおいしかった

ワンタンの皮はとても薄くてツルツルしている。餃子の皮とはまったく違う。以前、神戸の南京街で「ワンタンラーメン」と書いていたのを注文して、餃子の皮で作ったワンタンがラーメンの上にのっていて、すっごくガックリした覚えがある。日本人には分からない、と思って作っているのか、餃子とワンタンの皮の違いを知らずに作っているのか・・・非常に疑問だったが・・・。

普段、私の朝食は食パン一枚。そんな私に、朝食でこのワンタンをどんぶり一杯食べろというのは結構きつかったが 何とか義母にも手伝ってもらい、自分の分は食べきった。ハオチ〜


0

2009/9/25

誰が電話する?  中国

クリックすると元のサイズで表示しますこの写真はどこを撮影したものかお分かりだろうか? 実はこれはマンションの階段の壁。

中国のローカルのマンションは、どこでも廊下、階段の壁に、こうした電話番号の走り書きやハンコがたくさん見られる。大抵は入り口(玄関)のすぐ横あたりの壁 日本人的感覚では、要は”落書き”にあたるようなものだが・・・。

これは、エアコン修理、エアコン洗浄、換気扇洗浄・・・といったサービスをしますよ、という広告なのだ。ここに電話をすれば、そういうサービスが受けられる、というものだ。でも、こういう”落書き”広告の電話番号に電話を掛ける人はいるんだろうか? ちょっと信用できないよなぁ〜


0

2009/9/24

長距離バス乗り場  中国

クリックすると元のサイズで表示します長距離バスは便利で好きだ 中国の鉄道は、以前関口氏がNHKの番組で何千キロも乗車し有名になったが、実は私は電車はあまり好きではない

電車は待合室が不衛生 それに、電車が構内に入ってからアナウンスが入り、アナウンスされた電車の乗客が一斉に改札口になだれ込む。特に自由席の人との格闘があり、改札口を通り過ぎた自由席の乗客が一目散に走り出す。押されたりぶつかったり・・・あれは何度体験しても慣れない

その点バスはすべて座席指定 その上、電車より乗車券が高額な為、出稼ぎ労働者の人はあまりいない(帰省用長距離バスはまた別)。だから治安もいいし、(格闘も無いし)安心して乗車できる

今回は上海南駅から乗車。長距離バス停は上海市内に複数あり、ここは今まで私が見た中で一番大きかった 今回は、バスが大好きな次男が、生まれて初めてバスに乗れて喜んでいた (いつもバスを見ると「バーチュ、バーチュ」と叫んでいる次男


0

2009/9/23

何年ぶりの回転寿司?  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します今朝は、長男の散髪、ピアノレッスン、字の読み書きをして、終わったらそのご褒美に「スシロー」という回転寿司へ行く事にした。え?旦那は? ええ、もちろん別行動 

正直、何年ぶりかの回転寿司だった。多分次男が生まれてから一度も行っていないから3年ぶりくらいかも・・・ 今日も、次男が回転テーブルの方に行かないように、次男を押さえながら食事

なぜ「スシロー」なのかと言うと、ここで「ポケモンコップ」に入ったサンデーが食べられるからで、食べ終わったら、もちろんその「ポケモンコップ」はお持ち帰りできるのだ。保育園のお友達が歯磨き用コップに、スシローのポケモンコップを持っているのを見て、長男がどうしても行きたいと前から言っていたのだ。

一生懸命勉強したご褒美として、そのくらいたまぁ〜の外食、一緒に行ってもいいじゃない?

クリックすると元のサイズで表示しますええ、ええ、皆さんのご想像通り、夫は「またおまえはそんな事言う」という一言。今まで私も、そういう夫の言う事を聞いてきたが、5月の色んな事件(淡路島行けなかった事件、600円の買い物事件など)があってからというもの、最近はそういう夫を無視して、別行動に出るようになってきた。その第一弾が7月の淡路島一泊旅行、第二弾が今回の上海、蘇州帰省の旅。今日も夫抜きで回転寿司に行ってきた。

端から見ると、きっと夫婦仲が悪いとか、悪妻に見えるかもしれない でも最近私はあまり我慢しない事にしたのだ。我慢は精神的に体に悪い 

ある人に聞かれた。
「結婚する前、そういう人だって知らなかったんですか?」
「うぅ〜ん、知ってたかも・・・」
「じゃ、価値観が違うの分かってて、何故結婚したんですか?」

後からよぉ〜く考えてみたら、やっぱり私たちは中国で出会ったから、私も彼を「中国人だから」と思って多くを譲ってきてからだと思う(夫も同じように、譲っていた部分ってあるのかな?)。 正直なぶちあけた話、中国暮らしていた頃、私と夫の収入の差はおよそ10倍。私はやはり夫に合わせなければ・・・と思っていたのだ。私たちの出発点がそういう所だから、最初は「あれできない。あそこに行けない。あれを買えない。あれをつかえない。」というのを全部我慢してきていたのだ。

そういう軌跡を辿ってきた私たち夫婦。人間の思考経路、概念って、社会や生活が変わってもも、そう簡単には変わらないのかも。


1

2009/9/22

障害者にやさしい街に・・・  中国

クリックすると元のサイズで表示します烈士陵のすぐ横に「龍華寺」というお寺があった。このお寺は上海で一番古いお寺だそうだ。蘇州では街中に、このような塔やお寺があるのはめずらしくないが、上海ではめずらしいと思う(上海徐hui区龍華路2853号)。唐の時代からあったお寺のようだが、何度か改修を重ねられている。

昔、上海といえば、小さな漁村。田舎の田舎、超田舎だった。そんな所に建てられたお寺、きっと庶民が信仰していた小さなお寺だったに違いない。

塔にたどり着くまでの道には、文房具屋が軒を連ね、その建物はお寺の風景との融合を考え、昔の瓦屋根の建物にされていた。人通りは少なかった。
クリックすると元のサイズで表示しますこのお寺のすぐ手前で、手の指が全部無く、足も一本膝から下が無い男性が車椅子に乗って物乞いをしていた。正直、見るのも気持ち悪い様相で、指の無い手はぐりぐり動いていて、私は目をそらさずにはいられなかった。一旦通り過ぎたが、なかなか着いてこない長男を振り返りながら、義父が長男の方へ戻り始めた。義父は、道を戻るついでに、その障害者にお金を渡していた。

私はとても、そんな気持ちになれなかった。実は中国には、そんな障害者の人が多くいる。日本に比べれば、中国は障害者に冷たい国だと思う。それでも、前回日本公演をしたような、障害者の芸術団体(舞踊、歌、京劇、楽器演奏など)もあれば、中国でもパラリンピックで頑張る人もいる。
クリックすると元のサイズで表示しますもうそういう、障害者を「かわいそう」と思う時代ではないと思うのだ。ヘレン・ケラーの言葉をそのまま著書の最後に書いていた「五体不満足」の作者も、「障害者は不便だけれど、不幸ではない。」という言葉を私は信じたい。

そういう醜い姿をわざと人目にさらし、同情心を買ってお金を貰おうとする障害者を、私はかわいそうだとは思わない。同情もできない。私は冷たいのだろうか。

もちろん、日本でも障害者が仕事を探すのは大変だし、社会的差別が無いとは言えない。いじめもある所にはあるのだろう。でも、障害者でも努力して生きている人は輝いている。私はそういう人にこそ、心が打たれるのだ。

自分をみじめに思い、自分なんてダメだ・・・と。どんな社会であっても、そんな風に思わないでほしい。中国だって、大分開けてきたと思う。まだ、日本ほど、障害者が社会で活躍できる場というのは少ないかもしれない。でも、人々の意識もこれだけ変わり、障害者でも頑張ったら生きていく手段はあるのではないだろうか?これは私の理想論なのだろうか?
クリックすると元のサイズで表示します何はともあれ、今回どこに行くにも二人の子を連れ、本当に大変だった私たち・・・。義父母は今回だけなので、何とか我慢してくれていたけれど、私は本当に疲れたわぁ〜


1

2009/9/21

上海龍華烈士陵園  中国

クリックすると元のサイズで表示します今回短い滞在期間で唯一上海で見に行けた観光地がここ。上海龍華烈士陵園。上海市内にこんなに大きな陵があったのかと驚いた。

ここは、中国共産党にとっては非常に重要な意味を持つ場所。1985年に上海龍華に烈士陵を建設される事が決定されたが、その際、トウ小平が「その規模は、南京の雨花台と同じでなければならない。」と言ったそうだ。その為、これほど大きな規模の陵が建設されたのだ。

中国歴史上に”四一二政変”と言われるものがある。1927年4月12日に上海で起こった、蒋介石国民党の反共産党事変を言う。この陵は、当時殺害された共産党の優秀な幹部24名を祀る記念地なのである(もちろん他にも多くの共産党員が殺害された)。

クリックすると元のサイズで表示します1950年、今の龍華路2501弄1号の場所から18体の完全、不完全な遺体を発見した事から、現在の龍華西路180号に陵が建設されたようだ。

実は今回なぜここに行ったのかというと、単にホテルから近かったからだ(あはは〜)。私も以前ずっと上海に住んでいながら、まったく知らなかった場所だ。反対に上海にいたからこそ、そんな興味もなかったのかもしれない。

陵の中は8区画に分かれている。記念碑、烈士墓、遺跡、烈士処刑地、石碑の林、青少年教育活動区、幹部遺骨保存区、いこいの広場。私は時間が無かったので全部は見れなかったが、もちろんこの大きなピラミッド型の記念碑はしっかり見てきた。そこには、江沢民の字で「丹心碧血為人民」と書かれていた。「誠実な真心と正義の為の赤い血は人民の為に」という意味だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します夫は相変わらず、「ここを訪れた時間が無駄だった!もっと早く蘇州に行っていれば、あんなにバタバタしなかったのに。」とグチグチ言うのだが。やっぱり夫と一緒に行かなくて正解 今回、このような歴史的に重要な地を訪れる事ができて良かったと思う。

0

2009/9/20

中国の子育て事情  中国

クリックすると元のサイズで表示します中国の子育て事情はよく知られていると思う。若い夫婦は外で仕事、祖父母がその子供の面倒を見るというものだ。

今回も、上海市内である公園に行ってみると、そこには老人たち、孫を連れた祖父母たちが集まっていた。日本では絶対に見られない光景だな・・・。

私たちが今回どこに行っても言われた事は、「え?男の子二人?二人も産んだの?」「何故二人も産んだの?」という事だ。どこに行っても、二人子供がいるという事に驚かれた。そこで毎回、義父母が「日本人なのよ。」と説明しなければならないのだ。

「日本人よ。」と説明した後は、今度は「中国語は分かるのか?」とか、色んな質問が飛んでくるわけで・・・ 

それにしても羨ましい。私なんて親と同居だが、子育ては一切手伝ってもらえない。もちろん、たまに保育園のお迎えに行って貰う事もあるが、それも1ヶ月に1,2回くらいのものだ。中国では、若い夫婦はほとんど子育てには無縁で、子供が小学校に上がっても、その送り迎えを祖父母がするのが常識だ。親代わりに”孫育て”をしない祖父母は、世間から白い目で見られるくらいだ。

もちろん、私もそこまで子育てをやってほしいとは思わないのだが、うちの両親ももう少し手伝ってくれてもいいのに・・・と思うこともしばしば 贅沢な事言ってるとは分かっているんだけど


0

2009/9/19

上海は変わったか?  中国

クリックすると元のサイズで表示します今回上海では、どこに行っても万博のマスコットのモニュメントをよく見た。万博一色というような感じだ。よく「上海はどこもかしこも建設中で、その変化はとても大きい」と言う事を聞くが、私はそうは感じなかった。何故なら、上海の建築ラッシュは今に始まったことではなく、もう10年以上も前からある事だ。もちろん、10年前と比べたら人口が増えた、外国人が増えた、自家用車が増えた・・・などと言う物質的変化は、ずっと続いているわけで。しかし、それはつまり”継続的変化”であり、言い換えれば、常にその状態にある訳で、本来の意味の”変化”ではもうなくなっていると思う。上海市の中心部はこれ以上変わり様が無いし、下の写真のような「弄堂」だってあちこちに残っている。私にとって、そうした物質的変化の有無は、あまり気にならなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回私が驚いたのは、赤信号でちゃんと人が停まって待っている事だった。この”変化”には驚いた。しかも、小さな道で、車も通っていない信号で、ちゃんと多くの人が停まって待っているのだ。赤信号を渡る人の方が少なく、渡ると何だかばつが悪いような、そんな雰囲気さえあるのだ。これはすごい!上海で驚いた”変化”はこの一つくらいかな・・・。

0

2009/9/18

念願の火鍋♪  中国

クリックすると元のサイズで表示します今回中国に行って食べたかったものが火鍋。その中でも私が一番好きな火鍋レストランは「小肥羊火鍋店」という大きなチェーン店だ。私たちが上海に到着する前に義父母がホテル付近を散策、ホテル近辺に何があるか色々探してくれていた。ホテルから歩いて5分くらいの所にちょうど火鍋店があった。しかも、その名前も「小肥羊(xiǎo féi yáng)」を文字った「小尾羊(xiǎo wéi yáng)」(発音もよく似ている!) さすが中国!
クリックすると元のサイズで表示します火鍋店ではまず「出汁」の種類を選ぶ。私たちが注文したのは「鸳鸯(yuān yāng)」という出汁。「オシドリ」という意味だが、オシドリのように仲良く皆で辛い出汁と辛くない出汁を一緒に食べるという意味なのかな? 「鸳鸯(yuān yāng)」の中でも、辛さが一番低いものを選んだ。それでこの色だ。それでも結構辛い・・・ 白い出汁も色んな香辛料が入っていて、スープは濃厚。中に入っているお肉は骨付羊肉。これで出汁を取っているのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
お店の端に、たれを選ぶコーナーがあった。出汁だけでもすごく濃厚な味なのだが、自分でトッピングすることができる。トッピングは自由に選んで一人4元。
クリックすると元のサイズで表示します
これは一人一つずつ配られる袋で、この中にお手拭タオル、お箸、ストロー、手袋が1セットずつ入っている。手袋は、骨付羊肉をしゃぶって食べる時に使うもの。こうして袋に入っていると清潔だし便利 3年半ぶりに中国の火鍋が食べられて感激だった (しかも、「小肥羊」ならぬ「小尾羊」よ〜


0

2009/9/17

長男と私の失敗  中国

クリックすると元のサイズで表示します今回、上海には夜6時40分到着、ホテルに到着したのは8時30分を過ぎていた。途中で3つのホテルに寄って行ったからだ。子供たちはバスの中で寝てしまい、寝ている二人の子供を抱えながら、上海の夜景をバスの中から眺めていた。

「変わってないなぁ・・・」

上海テレビ塔が見えてきた時、「あの近くに住んでいたんだよなぁ。毎晩この夜景を見てたんだよなぁ・・・」とすごく懐かしい気分になった。

ホテルに到着、待ってくれていた義父母が迎えてくれ、起きた子供たちも一緒に火鍋を食べに行った。念願の火鍋、最高

翌日、長男と私が犯してしまった失敗。ホテルのトイレでトイレットペーパーが流れない 長男も私も、「あれ?流れない。やっぱトイレの品質も悪いよなぁ」と思っていると、義母が「トイレットペーパーは流したらダメだよ。」と一言。

あ・・・そうか、思い出した 中国では水道の水圧が低い事、トイレ(便器)の設計や下水管の関係で、トイレットペーパーは便器脇の汚物入れ(ゴミ箱)に入れなければならないのだ。忘れていた・・・すっかり忘れていた 私もすっかり日本人になってしまっていたものだ。失敗、失敗・・・

写真は到着した時の浦東空港。


0

2009/9/16

戻りました!  中国

クリックすると元のサイズで表示します今日夜9時半に日本到着、10時半に帰宅した。荷物はどっさり・・・。全部で預けた荷物が6つ、重量は全部で63キロ。教室の教材、お土産、子供達の服(蘇州のいとこのお下がりや、義母が買ってくれたもの等)。今回は半分帰省、半分出張。教室の教材が色々買えたのが嬉しかった。詳しい報告はまた明日以降に・・・。お楽しみに

2

2009/9/12

行ってきま〜す♪  今日の出来事

明日から上海、蘇州へ行ってきま〜す!
16日夜の便で帰国予定、アップは17日以降になる予定。
色んなおもしろい写真を撮影してきたいと思っています。
皆さん、お楽しみにぃ〜
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ