2008/8/26

雑草刈り  

日本の夏の風物詩と言ってもいいかもしれない。6月頃からシルバーの方たちを中心に、街のあちこちで雑草刈りをしているのを見る。

中国から帰ったばかりの頃、日本の雑草を見て美しいと思った。こんなに美しい緑の草が、これほど元気に伸びるというのは、土壌、空気、気候など、すべてにおいて環境が良いからだろうと思った。

北京や蘇州でいた頃、雑草という雑草をそれほど見たことがなかった。あってもチョロチョロ程度。日本のようにボーボーと生えることは無いから、雑草刈りをする光景も見たことがなかった。美しい緑色を見ることがほとんどなかった為、日本に帰って雑草刈りをしているのを見た時、「あんなに美しい緑色の草を刈るなんて、もったいない。」と思ったほどだった。

今日、教室に行ってみると、教室裏の川べりの雑草を誰かが刈ってくれていた。シルバーや市役所の管轄で刈ると、刈られた後の雑草も処理してくれるが、処理していないので、誰か近所の方がボランティアで刈ってくれたのだと思う。今日はその刈られた後の草を片付けていた。まだ全部できていない。また明日も片付けよう。刈ってくれた人に感謝して。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ