2008/7/10

苦丁茶  

今日教室のサロンクラスで「苦丁茶(kǔ dīng chá」というお茶を飲んだ。「苦」というのは日本語でも「苦い」と読むように、中国語でも「苦い」という意味だ。このお茶は苦い。

夏には苦瓜などを食べるのと同じことで、夏にこの苦丁茶を飲むと体に良いと言われる。

中国人でも「苦いから”苦丁茶”と言う」と思っている人が多いと思うが、実はもともと、たまたま”苦丁”という貧しい村があって、そこが原産地となったことから、”苦丁茶”と呼ばれることになった。年に数回植えて摘み取ることができる事から、貧しい地域で良い収入源になるということで、多く栽培されるようになったと言われている。

味は、苦いといっても、さわやかな苦味で後味は甘いと思う。これを飲むと、本当に体の調子が良く、暑さにも耐えられるようになるので私は好んで飲んだりする。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ