2008/3/25

路地が好き  

クリックすると元のサイズで表示します私は和泉市生まれの和泉市育ち、和泉市の道はよく知っている方だと思う。先日夫が義母と長男を連れて車で出掛け、案の定道に迷ってしまった。電話を掛けてきたので、どこかと聞くと「信号に○○と書いていて、こんな建物の前にいる。」と言う。ああ・・・分かった。「こう行って、こう行って、こう行くんだ。」と説明すると、「おまえ、本当に俺が今、どこに立っているのか分かってるのか?」と疑心暗鬼、しかしその通りに行って帰って来れた。

今日私は義母についてきてもらい、次男の予防接種へ行った。その帰り、近道で信号の少ない細い道を行くと、「さすが老板娘だねぇ〜、よく道を知っていること!」と言う。「私はここの地元の人間だからね。」と言い、以前蘇州でも路地をよく通っていた話になった。

蘇州の路地は、日本で有名な北京の胡同とはまた感じが違う。建物と建物の間の石畳の道もあれば、マンションとマンションの間の道や(これは比較的新しい路地)、川沿いの建物との隙間をぬっていくような道(道というか、通り抜けている間に勝手に道のようになっている)とか色々ある。

今では蘇州も開発、開発で、そういった昔懐かしの路地がかなり少なくなってきている。義母が小さかった頃は、蘇州はそういう道ばかりだったと言う。でも、これだけ人口が爆発的に増え、企業もこれだけ進出していれば、そういう路地ばかりでは都市が機能しない、仕方の無いことなのだ・・・、とまぁ、今日はそういう話をしていた。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ