2008/3/20

乙醇(yī chún)  

中国ではよくテレビなどでも環境保護のCMを放映したりしている。日本でも、中国の環境汚染についてはよく報道されるが、中国の一般市民もその深刻さには関心を持っている。(ただ、環境より金儲け・・・に走ってしまう人間がかなり多いことも事実だが・・・)

「乙醇(yī chún)」は「エタノール、エチルアルコール」の事を指す。これはトウモロコシや芋類などから作ることができ、新しい燃料として今、中国でも注目されているようだ。ガソリンに数%〜20%程度の「乙醇」を混ぜても走行でき、車の走行性能もほとんど変わらない。

それで、実は中国の9省でもう既に、8-10%の比率でガソリンに「乙醇」が添加されているらしい。今は国内消費量の約20%、これを2010年までに比率を50%に上げる目標だ。これは世界でも先進的な取り組みなのではないだろうか? 

ただ、トウモロコシの輸出国であった中国が、「乙醇」製造の為にトウモロコシが足りず、このままではトウモロコシ輸入国になってしまうのでは、という危惧もあるという(もし、そんな事態になれば、世界のトウモロコシ、穀物価格は今よりもっと値上がりしてしまうだろう)。やはり、環境より食糧問題の方が先に解決しなければならない事なのだろうか、ああ、難しい問題だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ