2008/3/16

蘇州の兄  

私には蘇州の兄がいる。もちろん血のつながりは無く、私が蘇州ですごくお世話になった人だ。

彼の息子さんが日本へ留学する時に、ちょっとばかり留学手続を手伝ったことがあるのだが、それを一生の恩として、いつも私に感謝してくれるのだ。今日は、その息子さんが日本で大学を卒業するというので、うちの家にわざわざ蘇州から来て、挨拶をしに来てくれた。

彼はいつも私のことを「妹よ」と呼びかけてくれる。私は「お兄さん」と呼ぶべきなのだが、なかなか呼べない・・・。彼は丑年、私も丑年。今日はお互いに、「私たちは牛のように働くよね。」という話をしていた(私は彼ほど働き虫ではないが・・・)。本当に性格が少し似ているところもあって、いつかの時代には兄弟だったこともあるのでは・・・と思うほどだ。

今日は、教室まで見に来てくれて、「日本に帰ってからここまで、よく頑張ったね。」と涙さえ浮かべてくれた。もう、そろそろ彼のことを「お兄さん」と呼んだ方がいいのだろうか・・・。年齢が私より12歳も上なだけに、そう呼んで失礼にならなければ、これからは「お兄さん」と呼びたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ